スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUCK-TICKとmoumoonとKylee

火曜日です。タワレコです。


などといえるのもあと僅かですね。

今日の購入予定は

「独壇場Beauty/BUCK-TICK」
「リフレイン/moumoon」

の2枚で、どちらも邦楽グループの中では、大本命のバンド、ユニットです。


雨が降る中、今日もNU茶屋町にやってきました。
ってか、最近雨大過ぎです。低気圧氏ねって感じです。


まずは「独壇場Beauty/BUCK-TICK」です。
特設コーナーがないとはけしからんです。

・フィギュア付き完全生産限定盤 BVCL73~74 18,900円
・DVD付き初回生産限定盤 BVCL75~76 2,100円
・通常盤 BVCL77 1,223円

完全生産限定盤は18,900円です。通常の10倍以上の価格ですが、フィギュアのせいでとんでもない価格になっています。とはいえ、BUCK-TICKの新譜なら10万くらい出しても惜しくないです。今回のように付加価値が付くならなおさらです。
だったら、とっとと「HURRY UP MODE」のインディーズ盤(約3万円)を買えって感じですよね。状態がいいのがあればすぐにでも買いたいんですけど、年代モノなんで、なかなか美品が見つからないんですよね。
完全生産限定盤はDVDが付かないので初回生産限定盤の上位互換ではありません。私はDVDはいらないので迷わず完全生産限定盤ですが、フィギュアもDVDも欲しい人にきついでしょうね。
私はもちろん予約していましたが、2セットほど店頭在庫がありました。ヤフオクでも定価割れで出品されてますし、在庫余っちゃうでしょうね。


続いて「リフレイン/moumoon」です。
この決算期にミニアルバムとはエイベックスの戦略がよく分かりません。次回作はあのANESSAのCMソングに決定しているそうですが、せっかくの良タイアップなのに限定生産とかますます戦略が意味不明です。
とはいえ、着実にファンを増やしてるのか業界受けがよいのか、新譜コーナーには大量に陳列されており、特設コーナーまでありました。
CDとCD+DVD付の2形態でのリリースですが、こういうのって大抵、CDのみの方がジャケがいいんですよね(CDは顔のアップ、CD+DVDは全身)。私は例によってDVDは見ないのでCDのみを買えばいいのに、やはりCD+DVDを購入です。エイベックスのDVD付は初回限定でもなく永続仕様だし、DVD興味ないなら、CDのみを買えばいいのに、やっぱり高い方を買ってしまうんですよね。まぁジャケ以外は完全上位互換ですからね。

moumoonの特設コーナーに陳列されていた「キミがいるから/Kylee」も買ってしまいました。サマソニでのステージも記憶に新しいアメリカ在住の15歳です。FLiPと同じソニー傘下のデフスターからのメジャーデビューシングルで、映画『誰かが私にキスをした』の主題歌であり、出演もしてる破格の厚遇っぷりです。
インディーズの頃と音楽性も顔も変わっちゃっいました・・・。本来はスルー予定だったのですが、ステッカーが付くので購入です。


BUCK-TICKがあまりにも巨大なので一番大きいビニールバッグに入れてもらいました。雨が振ってるので二重梱包をお願いすると、快く対応してくれました。サービスカウンターのお兄さん、ありがとぉ。



「独壇場Beauty/BUCK-TICK」
輸送用段ボールがカッコいい!!これだけで1,000円くらいの価値があります。
フィギュアの箱の天板の「BUCK-TICK」のゴシック体のロゴがカッコいい!これだけで3,000円くらいの価値があります。
そしてピンナップ(?)のようなものもカッコイイ。2,000円くらいの価値があります。ちなみに裏面は全身像です。
肝心のフィギュアですが・・・、実はあまり好みでなかったり(笑)。1体1,000円で5,000円くらいのもんでしょうか。
あれ、CD入れても定価に届かないっ!?

「独壇場Beauty」はインダストリアルポップロックとでもいいましょうか、ノリノリかつノイジーな曲です。サビが何言ってるか分かりません(ラシドラソ~って聞こえます)。
C/Wの「Voo Doo」もインダストリアルな曲です。「天使」やら「悪魔」やら「狂え」とかお約束の単語が出てきます。

「リフレイン/moumoon」
1st MINI ALBUM『love me?』を彷彿とさせるようなバラエティに富んだ内容です(1stの方がもっとバラエティ豊かでしたが)。 メジャー以降リリースされたシングル曲は、バラードばかりでどうも彼女等の魅力を活かしきれてない気がするのですが、こういったアルバムでは持ち味を出せている気がします。
週末にはNU茶屋町でインストアライブがありますが、これが大阪生活における最後のライブになる予定です。

「キミがいるから/Kylee」
映画タイアップやらメジャーの絡みやらでここまで変化しちゃうものなんでしょうか?決して悪い曲ではないんですが、ありふれた曲です。この路線はKylee的にはどうなんでしょう?過去曲はほとんど英詩だったし、すごく違和感があります。
と、不安になっていましたがC/Wの「On My Own」はノリノリのロック路線ですし、「She Wishes」は一転してミディアムテンポですが、なかなかの良曲です。1曲目と同じアーティストが歌ってるとは思えませんね。
デフスターはKyleeのプロモーションを模索してる段階なんでしょうけど、絶対ロック路線がいいってば!
ちなみにステッカーはしょぼいです・・・。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

moumoonのジャケの色味が独壇場Beautyと若干かぶってますね(笑)

No title

完全生産限定盤は通常盤のジャケットと同じなので、暗黒色ですよー。
プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。