スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒†夢を視界ノ前にへばりつけよう♪3

初めての武道館、感想は「意外に小さい」です。北側2階席のほぼ最後尾なので、ステージを斜後から見下ろす形になります。距離的には南側の二階とかよりも断然近いですが、メンバーの背中というか後頭部から背中にかけてがかろうじて見えるって感じです。巨大モニターが3ヶ所に設置されているので、正面や表情は確認できます。

人数は約1万2000人、客層は男女比4:6、年代は30歳前後が中心です。予想に反してコスプレや金髪の人が少なかったです。10年経ってみんな変わったのでしょうか?

あいかわらず、携帯で撮影しまくりの方が大勢います。パシャパシャパシャパシャうるさいったらありゃしません。なんで禁止行為をするんでしょうか?アタマがプラスチックなんでしょうか?首生掴みスタッフに突き出してやりたいところですが、スタッフが全然いません…。そういえばカメラチェックとかも口頭だけでしたし、ちゃんと仕事しろよと…。

開演までは「MEDLEY」を聴いて過ごしました。「MARIA」が公開された時は興奮しましたが、全部聴いてみると、全体的にねちっこいアレンジですねぇ…。


2009年のkuroyumeのメンバーは

Vo:清春
Ba:人時
Gu:K-A-Z 
Dr:GO

です。ギターとドラムはサポートです。
ギターはDETROX(元SHAMSHADEの栄喜さんとのバンド)のK-A-Zさんです。THE MAD CAPSULE MARKETSのサポートもやっていたそうです。ずっとOblivion DustやVANMPSのK・A・Zさんだと勘違いしていました。通りでパンフレットの顔が違うはずです・・・。
ドラムはSUNSOWLのGOさんです。B'zのサポートもされていたそうです。


18時15分くらいに開演です。

1/29 日本武道館
SET LIST

01.FAKE STAR
02.SPOON&CAFFEINE
03.BARTER
04.MIND BREAKER
05.CAN'T SEE YARD
06.BAD SPEED PLAY
07.CANDY(歌詞間違い)→CANDY(やり直し)
08.Bass Solo→Session
09.MASTURBATING SMILE
10.FASTER BEAT
11.HELLO,CP ISOLATION
12.YA-YA-YA!
13.ROCK'N'ROLL
14.C.Y.HEAD
15.Suck me!
16.後遺症-after effect-
17.LAST PLEASIRE
EN1
18.HATE(Sads)
19.See A Pink Thin Cellophane(Sads)
EN2
20.S.O.S
21.カマキリ
22.Sick
EN3
23.LIKE @ ANGEL


あまりにも予想通りの「FAKE STAR」からスタート。人時のベースソロでモニターも人時を映すのにライトがなかなか当たらない…。

「SPOON&CAFFEINE」~「BAD SPEED PLAY」は曲間が異様に長くてテンポが悪かったです。「CAN'T SEE YARD」では人時のコーラスが聴けて一安心。「BAD SPEED PLAY」は歌い出しがグダグダでした…。

元々歌詞間違いや歌詞飛ばしが多い清春さんですが、「CANDY」はあまりに間違え過ぎたのでやり直し…。間違えたにも関わらずドラムのGOさんがうまくまとめてたのはすごかったです。ちなみにステージには歌詞と曲名が表示されるモニターが清春さんの足元に設置されているようでした。

続いてまさかの「Bass Solo」です。表情を変えず淡々と演奏する人時さんは相変わらずですね。清春さんの見た目が激変しているのに対し、人時さんは全然変わってません。Bass Soloのあとは、GuitarのK-A-Zさん、DrumのGOさんとセッションです。清春さんは休憩&お着替えタイムですね。

ちょっとグダグダだった前半ですが、「MASTURBATING SMILE」から持ち直した気がします。
「YA-YA-YA!」の最後に「ゲホゲホ」と咳払いをするパフォーマンスがあるのですが(CDにも収録済)、その後に同じく「ゲホゲホ」という咳払いから始まる、そして私のような「思い出組」が切望している「親愛なるDEATHMASK」を演るのでは…と期待しちゃいましたが、やっぱり演りませんでしたね…。

本編最後は「LAST PLEASIRE」でした。


続いてアンコールです。
feminism以前の曲や定番曲はここで演るだろうと思ったら…

清春「時間があまりないけど…カバーやります」

カバー…!?まさかAUTO-MODの「DEATHTOPIA」?hideさんの「BEAUTY&STUPID」?いや、これらは清春さん名義だし、やはりTHE DAMNEDの「NEW ROSE」だろうと観客の誰もが思ったでしょう。しかし流れてきたのは「HATE」、「See A Pink Thin Cellophane」と黒夢活動停止後のバンドSadsの曲です。確かにカバーといえばカバーですが…。「今の清春さんのファン」で埋め尽くされたアリーナは盛り上がっていたようですが、あくまで黒夢を見に来た2階席の「思い出組」は、固まってました。この2曲の代わりに「○○○○」と「○○○○」を…と誰もが思ったでしょう。清春さんらしいといえばらしい演出ですが、どんな意図があったんでしょうか?いつまでも黒夢に縛られている人達への皮肉なんでしょうか…。

二回目のアンコールは「S.O.S」「カマキリ」「Sick」と王道です。

三回目のアンコールかつ最後の曲はあまりに誰もが予想できるので、別の曲にしたりするかと思いましたが、やはり「LIKE @ ANGEL」でした。サビで照明が点灯しました。よかれと思っての演出でしょうが、モニターが明かるくなり過ぎて見えなくなったっつーの…。

あの曲やこの曲は?って感じですが、もうこれで終わりです…。


やっぱり『feminism』以前の曲は全然演りませんでしたね。

「黒夢」
「中絶」
「under...」
「十字架との戯れ」
「JESUS」
「親愛なるDEATHMASK」
「for dear」
「棘」
「neo nude」
「ICE MY LIFE」
「S・A・D」
「CHANDLER」
「gossip」
「解凍実験」
「feminism」
「LOVE SONG」
が聴きたかった・・・。
そんな私は完璧に「思い出組」なんでしょうね。

『FAKE STAR』以降では
「walk'n on the edge」
「Drug People」
「NEEDLESS」
「DEAR BLUE」
が聴きたかった…。「CORKSCREW A GO GO! FINAL」ならSads2曲は削ってでもこの辺は演ってくれてもよいのになぁ・・・。


全体的に『あっけなかった』というのが正直な感想です。集大成的なライブを期待していましたが、あくまで「CORKSCREW A GO GO! FINAL」でした。雑誌等各種メディアでの発言を覆すようなことが起きるかと思いましたが、発言どおりでしたね。当初は涙が出るとか、思わず叫んじゃうとか、アマタ飛ばしまくっちゃうかと思いましたけど、けっこう冷静に見れました。Sads曲だけは驚きましたけどね。10年経って、清春さんも人時さんも、そして何より私も変わっちゃったんでしょうかね?

清春さんは『チケット代10,000円分の内容はやる』とはいってましたが、「10年振り」、「復活&解散」という付加価値を除くと、正直値段分の内容ではなかったと思います…。歌詞間違え過ぎだし、歌詞飛ばし過ぎです・・・。途中で清春さんがステージを放棄しちゃうのではと思っちゃう場面もありました・・・。


『最高のライブでした。泣きました。黒夢万歳!!』


とはいえませんが、不満な点も含め、見に来てよかったと思いますし、私の人生の中で1つの頂点になったことは確かです。

見に来た人はそれぞれ黒夢への思い入れが違いますので、いろんな感想があって当然です。「最高のライブでした」って意見の方が多いと思いますが、これが私の正直な感想です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。