スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆チョコを作ろう♪

コンビニのお菓子売り場に「逆チョコを送ろう」なる看板がありました。ネットのニュースでも「逆チョコ」なる言葉をよくみかけますが、バレンタインに男性から女性にチョコレートを送ろうという趣旨らしいです。女性→男性っていう形に固執してるのは日本だけらしく、多くの女性はバレンタインにチョコを貰いたいんですって。

しかし、逆チョコを実践した場合、ホワイトデーのお返しがややこしくなりそうですよね。


というわけで(ってどういうわけだ?)、逆チョコを送ったりする予定はありませんが、作るだけならば・・・ということで挑戦してみました。


過去にクッキーやケーキを作った私にとって、
チョコ作りなどたやすいでしょう。

小学生が甲子園に挑戦したのが、クッキー作り
小学生がプロ野球に挑戦したのが、ケーキ作り

だとしたら

小学生が少年野球に挑戦するのが、チョコ作り

でしょうか。
まぁ、溶かして固めるだけですからね。



1.板チョコ2枚を包丁で刻み、ボールに入れます。
2.鍋にボウルAを入れて溶かします(湯せん)。
3.チョコが溶けるとボウルAごと氷水を入れたボウルBに入れる
4.再びボウルAを鍋に入れる(湯せん)。
5.型に入れる。



ボウルAを鍋から取り出すのが難し過ぎるんですが、きっと湯せんの仕方を間違えてるんでしょうね。ボウルのサイズとか・・・。
4の作業が不要な気がするのですが、「テンパリング」とかいう作業らしいです。細かい温度調整が必要ですが、我が家には料理用の温度計がないので適当です。この「適当」が私の料理のモットーでございます。


しかし、これでは何の捻りもありません。
それを如何にしてそれっぽくするかが腕の見せどころです。
ケーキ作りの時に余ったチョコクランチをのせてみました。

冷凍庫に1時間ほど冷やして出来上がりです。
チョコは思ったよりすぐ溶けるしすぐ固ります。
それが利点であり欠点でもありますね。


まぁ味は普通に美味しい・・・って、
そりゃ既製品を溶かして固めただけですからね。

とはいえ、チョコクランチがなかなかいい味出してます。
もっとトッピングや型にこだわれば、溶かして固めるだけのチョコ作りでもなかなかいいモノができそうですね。


うーん、逆チョコ送っちゃおうかしらん♪♪♪



料理名:手作りチョコ  調理人:えりる

美味しさ B
調理速度 B
万人受け B
賞味期限 A
難易度  D
創意工夫 D

A-超スゴイ B-スゴイ C-フツウ D-ヒクイ E-超ヒクイ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。