スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACKOUT!BLACKOUT!BLACKOUT!

BLACKOUT×ALESANAのライブを見に行きました。場所は心斎橋のDROPです。DROPは去年の10月のCage9以来です。DROPは小さなハコですが、アメ村のど真ん中という立地条件のため、関西の音楽シーンの最先端って感じですね。

開場18時、開演19時です。17時で仕事を終えたかったのに、こんな時に限って電話が鳴り響きまくりで17:45に職場を後にしました。

18時過ぎに心斎橋に着き、BIGCATの前を通ると、異国情緒漂うエモい集団が…!!あれはALESANAの皆さんではないですか!!ただあまりの突然さに何もできず…。ってか話かけれないですわ…。サインもらいたかった・・・。

18時10分くらいにDROPに着きました。入場時には「どちらを見に来ました?」と聞かれました。「BLACKOUTです。」と答えたものの回答で配布物が変わるわけでもなく、集計取ってるだけなんでしょうかね?ちなみにTRIPLE VISIONのサンプラーCDがもらえました。オーストラリアのバンドが収録されてるのですが、THE HOT LIEは収録されていませんでした・・・。オーストラリアのエモコアといえばTHE HOT LIEですよねー。

列はまだ3列くらいですが、ロビーもホールもけっこう人がいます。整理番号は50番台だったし、開演前に並んでも最前は無理でしたでしょうね…。とりあえず定位置の右側前方に陣取りました。

近くのCD屋が持ち込んだCDの即売会はありましたが、物販はTシャツのみでステッカーやらバッジなんかは売ってないようです・・・。

客層は20代前後が中心で、男女比は5:5くらいでしょうか。金髪とかはほとんどいなくて、エモイ人(黒髪、口ピアス、アシメ)ばっかです。LostprophetのTシャツを来てる人が多いですね。私は敢えて(普段はクールビズのため着用しなくていい)ネクタイを締め、黒縁メガネを装着し、スーツ姿です。


浮きまくりですな…。


ほぼ定刻に開始です。

まずはBLACKOUTです。メンバー全員黒T・黒ズボン、黒髪・茶髪と比較的地味な格好です。しかし一人だけブロンドヘアーがいます。これでもかっていうほど左右非対称なアシメヘアー、そして顎まで伸びる右半分の前髪をかきあげるボーカルのSean君(ショ-ン君:敢えて君づけです)です。私が10年若ければ「FXXK ME!!!」と迫ってしまうくらいの美少年です。

BLACKOUTは6人編成でツインボーカルなのですが、二人ともクリーンボイスとスクリーモを担当してます(ショーン君の方がスクリーモ率が高い?)。DROPは天井が低いので、ボーカル2人が天井に設置されているエアコン周辺のハシゴにぶら下がりつつ歌う場面が多かったです。ショーン君がハシゴにぶら下がり客席にせり出した時に見えたおへそに思わず赤面です。文字は確認できませんでしたが、おへその下にtattooがありましたね。2人ともコード付マイクを使ってました。ビニールテープで補修しまくりですがDROPの備品なのでしょうか?AIDENのWILLさんみたいにマイクコードを振り回すパフォーマンスをしまくりです。

ラストから2曲目が名曲「It's High Tide Baby」というバラード曲でした。個人的にはバラードはあまり好きじゃないのですが、エモい曲ばっかりやってる彼等のバラード曲なので、印象深い曲です。CDではロスプロのイアンさんがゲストボーカルとして参加してたので、イアンさんパートをどうするのかと思いきや、なんと客席から2名ステージにあげて、6名+2名での演奏です。サビで「ウォウ~、ウォウ~ー」と客が合唱する場面は素敵でしたね。

BLACKOUTが終わると人がより一層密集してきました。私はALESANAの存在をBLACKOUTの来日公演発表時に初めて知った新参者ですが、演奏順、集客率といいALESANAの方が格上みたいですね。

さて、ALESANAの登場です。メンバーの髪型がアー写と違い過ぎて誰が誰だかよく分かりません…。しかしボーカルのDennisさん、王者の風格を感じます。THE USEDのバートさんのような印象を受けます。

しょっぱなから絶叫しまくりです。客の盛り上がりも壮絶です。あまりのモッシュに耐えかねて壁側に避難しました…。しかし壁側は壁側でスピーカーが近くなり耳が痛いです…。

ホールの真ん中にモッシュピットができて乱闘が起きてます。街中で乱闘をやれば捕まりますが、ハコの中では合法…ってわけでもありませんが、やる方もやられる方も同意してるから成り立つんでしょうね…。まぁ今回は周囲を不快にさせるレベルの「ただ暴れるだけの人」はいなかったので被害を受けることもなく楽しめました。しかし壁側に避難するとメンバーがほとんど見えないんですよね…。

終演後、メンバーがホールに現れることもないようなので、サイン等は諦め、ドリンクカウンターでSKYY BLUEを頼み、会場を出ようとすると、階段の踊場にあの美少年が立っているではないですか!!握手やハグや撮影に応じてます。はるかイギリスのウェールズからやってきて、ライブで疲れてるだろうに、ファンとの交流を図るなんて、なんていい子なんでしょう!!


落ち着け、落ち着け、ショーン君が目の前にいます。

何ができるか、何がしたいか・・・。

そう、サインを貰うのです。

持っててよかったサインペンとCD。

しかし左手のSKYY BLUEが邪魔です。

一気に飲み干し列に並びました。

さて、私の番です。


私「サイン、プリーズ」
ショーン「イェー、サンキュー」


サ、サ、サ、サ、サンキュー!?

私が書いてもらってるというのに、ファンに対してサンキューとか、なんて礼儀正しいんでしょう!!!

ジャケットにもらいたいところですが、歌詞カードにはショーン君の写真があるので、そこに書いてもらいました。


私「サンキュー(心の中で・・・いやぁ、どっちもエモかったですけど、BLACKOUTの方がエモかったですよー。帰国したらDOPAMINEのニール兄さんによろしくお伝えくださいね!)」

といって、握手をしてDROPを後にしました♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。