スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4半世紀/筋肉少女帯

筋肉少女帯のメジャーデビュー25周年記念のベストアルバムが発売されました。

いったい何枚目のベストだよって感じですが、
今回は初のセルフカバーベスト、つまりは再録です。
それに加えて新曲も収録ということで、全音源持ってても買う価値があるわけです。
まぁ、再録ベストに新曲収録ってのは賛否両論あるところですけどね。

ってか、いつの間にか徳間ジャパンに移籍していたんですね・・・。
BUCK-TICKも徳間ジャパンに移籍したし、今徳間ジャパンが熱いです。
Purfumeが移籍した穴をこのベテランバンド2組で埋めていっていただきたいです。
今後、イベントでの共演とかがあるといいですね。


初回はスリーブ仕様
IMG01208-1.jpg
紙製スリーブはきつくて取出しにくいったらありゃしないです・・・。
三方背BOX仕様も取出しにくい・・・。
デジパックで歌詞カードが接着されてなくて仕様が一番ですよね。

ジャケット
IMG01212-1.jpg
紙スリーブと同じデザインです。
ちょっとシンプル過ぎやしないでしょうか・・・

裏ジャケの最新アー写
IMG01210.jpg
結成25周年を感じさせない若々しさ・・・

といいたいところですが、
さすがに歌詞カード内の個人写真とか年齢を感じさせます。
そんな中、内田さんが一番若く見えます。

タワレコ特典のDVD
IMG01207-1.jpg
「中2病の神ドロシー ~筋肉少女帯メジャーデビュー25th記念曲」のPV収録です。
発売前はショートVer.が公開され、現在ではフルVer.が公開されているので、
映像としての価値はほとんどないのですが、通販では発売前に終了、
店頭特典も予約でほぼ終了というけっこうなレアアイテムのようです。


収録曲
IMG01216.jpg
新曲2曲と活動再開前における歴代の名曲が収録されています。
5th『月光蟲』、7th『エリーゼのために」、12th『最後の聖戦』からは収録されてないみたいですね。



01. 中2病の神ドロシー ~筋肉少女帯メジャーデビュー25th記念曲
いきなり新曲です。
いったいどこまでがタイトルなんでしょうか・・・?

彼らが昔よく歌っていた「ロックバンドに傾倒する少女」の今を歌っている・・・って解釈でいいんでしょうか?
現代ならではの単語(「中2病」や「Wikipedia」)などが使われていて、
現在進行形の彼らを感じることができます。
曲調としては「ツアーファイナル」のような王道のナンバーです。


02. 妖精対弓道部 ~「妖精対弓道部」主題歌
主題歌といっても大槻さんの小説のタイトルで、主題歌というかそれを歌にしたような・・・
8曲目に収録されている「再殺部隊」みたいな感じですかね。
タイトル通り妖精さんと弓道部が対決する内容です。


03. 日本印度化計画
原曲は89年の3rd『猫のテブクロ』に収録されています。
タイトルだけなら知ってる人も多いであろう彼らの初期の代表曲です。
ボーカルがオリジナルより低くなってますね。


04. 踊るダメ人間
原曲は91年の6th『断罪!断罪!また断罪!!』に収録されています。
これも彼らの代表曲ですね。
こちらもボーカルが少し低めのアレンジになってます。
楽器は新調できてもボーカルはそうはいかないので、この辺はしかたないところですね。


05. 釈迦
原曲は88年の1st『仏陀L』に収録されています。
過去のベストアルバム『筋少の大車輪』にも「大釈迦」というタイトルで再録されています。
「大釈迦」ではギターソロで歴代のギタリストが共演するというにくい演出がありますが、
今回の再録はあくまで普通の再録になっています。


06. 香菜、頭をよくしてあげよう
原曲は94年の9th『レティクル座妄想』に収録されています。
後期筋肉少女帯を象徴するかのようなポップなのにサブカルで文学的な内容の曲です。
ボーカルの語尾の伸ばし方とかが原曲と少し変わっています。


07. 機械
原曲は96年の11th『キラキラと輝くもの』に収録されています。
幻想的で哲学的な詩世界を描いたロックナンバーで、ギターリフが印象的です。
ボーカルがちょっとおとなしめのアレンジになっていてますが、
ギターはよりアグレッシヴになっています。


08. 再殺部隊
原曲は96年の10th『ステーシーの美術』に収録されています。
大槻さんの小説「ステーシー」に登場する再殺部隊を題材にした曲です。
ホラー漫画家の長田ノオトさんによるコミカライズもされていますので、活字が苦手な人はどうぞ。
ちなみに再殺部隊というのは「蘇った少女のゾンビを再殺するために結成された部隊」のことで、
猟奇的な歌詞とスラッシュメタルとの相性が抜群です。

原曲では淡々としていた中盤の語り部分が若干感情的になっていて、
バックで流れていた女性コーラスがなくなっていますね。


09. 蜘蛛の糸
原曲は94年の9th『レティクル座妄想』に収録されています。
メロディラインがオリジナルとはけっこう変わってるので、
原曲聴き慣れてる人にはちょっと違和感かもです。
原曲の勢いとか狂気が若干薄まってますね。

少年の屈折した感情を歌った曲ですが、当時これが進研ゼミのCMソングだったとは・・・


10. キノコパワー
原曲は88年の2nd『SISTER STRAWBERRY』に収録されています。
初期筋肉少女帯を象徴するかのような意味不明なプログレッシブな曲です。


11. パノラマ島へ帰る
原曲は90年の4th『サーカス団パノラマ島へ帰る』に収録されています。
江戸川乱歩の小説のタイトルを引用している中期筋肉少女帯を象徴するような曲です。
再録にあたり、大胆なジャズテイストなアレンジがされており、
イントロだけ聴くと新曲かと思ってしまいますね。


12. くるくる少女
原曲は93年の8th『UFOと恋人』に収録されています。
原曲と比べると非常にヘヴィーなアレンジに変わっています。


13. 孤島の鬼
原曲は88年の1st『仏陀L』に収録されています。
こちらも「パノラマ島に帰る」同様、江戸川乱歩からの引用です。
イントロ部分が大幅にアレンジされていますね。
関連記事

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。

うちへのアクセス履歴から、こちらを知って、
こちらに伺ってみましたが、望外の喜びが。

大好きな音楽の記事があって感激でした!

Gargoyle、BUCK-TICK、筋肉少女帯は私も大好きなので、
思わずときめきました。人生の半分以上聴き続けているバンドです。

そう言いながらも、うちの現在のメインは漫画の感想ですけれど(笑)。

音楽では趣味が合いそうなので、嬉しく思いました。

最近の音源については感想が書けてないのがもどかしいですが
(勿論買って聴いてはいますし、書く予定はあります)、
宜しければ、またいらしてくださいませ。

Re: はじめまして。

> Gargoyle、BUCK-TICK、筋肉少女帯は私も大好きなので、
> 思わずときめきました。人生の半分以上聴き続けているバンドです。


おお、音楽性一致してますね!
これにBOOWYと黒夢があれば「お前は俺か!?」状態ですわー。



> そう言いながらも、うちの現在のメインは漫画の感想ですけれど(笑)。

漫画はあまり見ないのでよく分かりません・・・
プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。