スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わけがわからないよ

ムシャクシャして買った
Asahiの ワンダ モーニングショット か ワンダ 特製カフェオレならどちらでもよかった
今は契約している
20110927221755.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

RedでHotでChili Pepperなお店へ

私は熱いものと辛い物ものが苦手です。
しかしこれでは食べるものや行ける店が限られてしまいます…


俺は行ける店に限界があるなぁ
俺が短い人生で学んだことは…………
苦手だからといって避ければ避けるほど行ける店が少なくなるってことだ!
熱さと辛さを超えなければな……

俺は「熱いの苦手」と「辛いの苦手」をやめるぞ――ッ!!
アカカラ、この店でだァーッ!!
20110923210552.jpg
そう、新規開拓ということで、熱さと辛さを併せ持つ鍋料理に挑戦するため、徳島市は山城西にある「名古屋赤味噌 赤から」にやってきました。

「赤」 と 「から」

これだけで、熱さと辛さが伝わってきます。


初心者向けの「お試しセット」を注文しました。
20110923221034.jpg
辛さのレベルが10段階あるのですが、普通の辛さという3を選びました。


まずは焼肉です。トウガラシが散りばめられています。
20110923212139.jpg
うーん、辛い。
しかし、私が「辛い」と普通にコメントできるレベルだから普通の人にとっては辛いうちに入らないレベルなんでしょう。


そして鍋です。赤いです。
20110923214039.jpg
鍋に具材を突っ込んで、下から熱を、鍋の中がグツグツのシチュー状態です。


見るからに辛そうです。
20110923214208.jpg
熱い、辛い、でも、美味しい…!?
これが熱さと辛さと向こう側…なのでしょうか???
熱さと辛さが旨味を引き出し、その旨味が熱さと辛さを和らげているといった感じです…。


玉子焼きを追加注文しました。なんか赤いのが入ってますね。
20110923215435.jpg
これも辛さが旨味を引き出してる感じで美味しいです。


締めは4つから選べます。

そこで問題だ!4つの締めからどれを選ぶか?

4択―ひとつだけ選びなさい

答え1 チーズリゾット
答え2 雑炊
答え3 ラーメン
答え4 きしめん


答え1 チーズリゾット

ついに…オレ…は…克服…した。
熱さと辛さの向こう側を…味の正体を…最後に見せてくれ。
20110923221008.jpg


熱さ、辛さにチーズのコク、それらがご飯に絡み、繰り広げられる味の饗宴…
20110923221655.jpg
うーん、奥が深いです。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Back Room -BONNIE PINK Remakes-

BONNIE PINKさんのセルフリメイクアルバム「Back Room -BONNIE PINK Remakes-」がリリースされました。
ファンにとっては既出音源詰め合わせのベストよりも、再録アルバムの方が嬉しいものです。

20110920211141.jpg

01.Heavens' Kitchen
PONY CANYON時代の代表曲です。
アコースティックアレンジですが、原曲と劇的な違いあるわけではないですね。


02.Ring A Bell
元々レア音源として英語Ver.が出回っていましたが、こちらはその英語Ver.のアコースティックアレンジです。
英詩なうえにアコースティックなので、初めは何の曲か戸惑いますが、この曲のサビのもつ力強さといったものはどんなアレンジになろうと、どこの国の言葉で歌われようともひしひしと伝わってきますね。

大切なのはアレンジでも歌詞でもなく「意思」だと思う。
伝えようとする意思があれば、いつかは伝わるだろう?
伝えようとしているわけだからな。……違うかい?


03.A Perfect Sky
2006年の夏の話題をかっさらった太陽系最強ソングのアコースティックアレンジです。
原曲を真夏のビーチとするなら、サンセットビーチといった感じですね。


04.Burning Inside
まさかのレゲエ調。もともとリズミカルな曲なのでこういったアレンジも意外にマッチしていますね。
しかしこのタイトルってメタルっぽいですよね。だって「内側から燃えている」んですよ?

BONNIE PINK おまえが…レゲエ調にアレンジするとはよぉ~っ
まさか… 「まさか」って感じだがグッときたぜ!!


05.Paradiddle-free
ボーカル+コーラス+ウッドベースのシンプルすぎるアレンジです。
元々不思議な雰囲気の曲でしたが、より一層不思議な曲になってます。


06.Present
ラテン調のアレンジです。イントロからのフラメンコギターが切なく激しくかっこいいです。
音数は減ってるはずなのに、この圧倒的な存在感っ…!!

フラメンコギターで情熱的アプローチ!
セクシーボイスで官能的アプローチ!
そのふたつのアプローチの間に生じるセルフリメイクの圧倒的アレンジはまさに歯車的ボニーの小宇宙!!


07.Last Kiss
寂しいはずなのにどこか暖かい…。
原曲のサビの盛り上がりも捨てがたいですが、このアレンジの暖かさも素晴らしいです。
そしてCメロのファルセットも健在…、いや、それどころか時を経てますます艶や~か~に~色づいたBONNIEの声ぇ~!!
コタツに入ってみかんを食べながら聴きたいですね。


08.Look Me In The Eyes
90年代の冬のトレンディドラマの主題歌っぽい新曲です。
裏サビがかっこいいですね。


『セルフリメイクアルバム』に…
『新曲収録』……ってよォ~~。

『セルフリメイクアルバム』ってのは、わかる……スゲーよくわかる。
アレンジを変えて再録音することによって原曲持ってる人も欲しくなるからな…。

だが、「新曲収録」って部分はどういう事だああ~~~っ!?
新曲がセルフリメイクできるかっつーのよーーーーーッ!
ナメやがってこの収録ゥ、超イラつくぜェ~~~ッ!!
新曲収録したらアルバムの中で浮いちまうじゃじゃあねーか!
セルフリメイクできるもんならセルフリメイクしてみやがれってんだ!チクショーーッ。

どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!
新曲収録って、どういう事だッ!ナメやがってクソッ!クソッ!


いや、ほんと新曲はなかなかのもんですよ。でもね、これセルフリメイクアルバムなわけですよ。
そりゃね、新曲でも収録しないと売り上げに響くってのはあると思いますよ。
実際、新曲収録されるから買うって人も多いでしょうし、新曲なくても買うって人は少数かもしれません。
いや、そもそもCD買う人自体が激減してる現実…。うーん、由々しき問題です。


09.Tonight, the Night
ボサノヴァ調ですね。
元々オサレな曲ですが、さらにオサレ度に磨きがかかり、土曜日の午後に聞きたい1曲です。


10.Do You Crash?
シンプルなピアノの伴奏に重なるオーバーダビング…
ここまでかっこいいい波紋複製(オーバーダビング)は始めててです。



プラケース…まさか Crashはしていないよな?
20110920211752.jpg

I DO! I DO! I DO! Crashしている! Crashしている!
20110920211733.jpg

あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
『おれは「Do You Crash?」を聴き終えたと思ったらプラケースが破損していた』
な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのか分からなかった…
頭がどうにかなりそうだった… Do You Crash?だとかDo you Understand?だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

BUCK-TICK~since1985-2011~―史上最強のROCK BAND

TSUTAYAの音楽雑誌コーナーに「BUCK-TICK~since1985-2011~―史上最強のROCK BAND」という本がありましたので、欲しいと思った時には既に購入していました。

20110917150759.jpg20110917150838.jpg
こういうジャケ写を全面にあしらったデザインは痺れて憧れてしまいますよね。

過去にBOOWY、X JAPAN、GLAY、L'Arc〜en〜Cielなんかの有名どころもこういったムック本が出版されていますが、ついにというかとうとうというかなんでこの時期にって感じですが、我らがBUCK-TICKのムック本も出版されました。この手のムック本では宝島社の「音楽誌が書かないJ-POP批評シリーズ」が有名ですが、

20110917151038.jpg

これはアイビーコーポレションというところが発行されています。写真とか過去のインタビュー掲載があるのですが、事務所やレコ社の名前はどこにもありませんでした。こういうのって著作権的にはどういう扱いなんでしょうかね?


バイオグラフィー、インタビュー、ディスコグラフィーといった構成です。
バイオグラフィーはライブ履歴とか来歴が分かりやすくまとめられていましたが、使われているアー写の年度がめちゃくちゃですね…。
インタビューは過去の雑誌掲載のものを流用しているので、2002年にシンコーミュージックさんから出版された「WORDS BY BUCK-TICK」と重複する部分が多かったです。
ディスコグラフィーは解説付なので、読んでて面白かったです。この解説だけは編集者さんが書き下ろしたんですかね?

定価1,200円の価値があるかどうかは難しいところですが、私としては非常に嬉しい1冊ですね。

テーマ : ヴィジュアル
ジャンル : 音楽

プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。