スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINAMI WHEEEEEEL 09 に行こう♪

今年もミナホ(MINAMI WHEEL)の季節がやってきました。「今年も」といえるのがなんか嬉しいです。大阪に来て以来、LOUD PARK、TASTE OF CHAOS、SUMMER SONICと洋楽メインのフェスには参加しましたが、ミナホは邦楽でインディーズ中心のフェスです。3日間開催され、ミナミ界隈のライブハウスで同時に複数のライブがいくつも開催されます。300組以上のアーティストが参加するのですが、インディーズということで、知名度は低く、私も10組くらいしか知らないのですが、ダイヤの原石が見つかるかもしれません。
去年はMiChiさんとAYUSE KOZUEさんが目当てだったのですが、今年は星羅さん(去年も出演してたのにノーチェックでした・・・)と昨日タワレコで見つけた情熱マリーとしゃぼん玉ハイスクールが目当てです。というわけで、その2組が出演するミナホの2日目に行ってきました♪

15:00 パス交換/BIG STEP
16:15 情熱マリー/SOMA
19:00 星羅/FANJ twice

けっこうスカスカな予定ですし、早く行き過ぎても仕方ないので15:30に心斎橋着です。BIG STEPでチケットをパスに交換してSOMAに向かいました。以前BECCAさんを見に行ってるので、道順はばっちりです。アーケード街のユニクロと不二家の間の道をひたすら東に進めばSOMAです。相変わらず遠いですねぇ・・・。


16時にSOMAに到着です。首から下げたパスがあればライブハウスに入場できるわけですが、チェックとかされませんでしたね。狭い通路には物販がありました。昨日タワレコで見付けたAlbum「お茶の間ゴールデン」の他にも一般流通していないSigleや生写真なんかもありました。こりゃ全買いですね。
会場内は入替中ということで閑散としているように見えましたが、最前は埋まっていたし、後方にもけっこう人がいて、最終的には8割方埋まっていました。定刻にメンバー登場です。マリーさんは金色のラメスーツ姿、他のメンバーは制服姿?です。
曲は全く知らないのですが非常に楽しめたライブでした。ボーカルのマリ子さんのステージングは圧巻でした。動作の1つ1つがなんかかっこいいのです。左手はマイクを持ってるわけですが、右手の一挙一動がかっこいいんですよね。声質は低音で力強く、そして相当巧いのです。バンドはギター、ベース、ドラムに加え、サックス、キーボードもいるフルバンド形式で、最初から最後までどの部分も楽しめます。とにかく昭和歌謡ちっくなところがたまりませんね。ライブではなくリサイタルと称していますが、むしろショウって感じでした。

情熱マリーとしゃぼん玉ハイスクール
10/31 SOMA SET LIST

01.情熱の赤い花
02.恋のハイヤー
03.モーレツ!!調教ママ
04.めくるめく行為
05.ナイーブなセクシーボーイ
06.寺町別れ歌

さて、肝心の物販です。メンバーが出てくるだろうと待機していたら出てきました。さぁ、大人買いしてやりましょう!!

私「 全 部 く れ 」

スタッフ、メンバー、客からちょっとしたどよめきが起こりました。全部とはいえ、

Album 「お茶の間ゴールデン」 2,000円
Single 「恋のロイヤル・アヴァンセ」 500円
Single 「眠りにつく前に」 300円
生写真 100円×16枚 1,600円

の合計4,400円。そんなどよめく額じゃないと思いますが・・・。マリ子さんにサインも貰いました♪本音をいえば、全部にサインが欲しいところですが、後ろも詰まってるし、自粛しました。でも、生写真1枚でもサインOKっぽいので、なんか損した気分ですが、仕方ないですよね。ってか、今思えば、次回のライブに備えて買えるモノを残しておくべきでしたね。まぁ、全買いの快感はなかなかいいもんでしたけどね♪


次の星羅さんまで2時間ほどあるので、とりあえずBIG STEPに戻りました。4階のBIGCATではちょうどシークレットの時間です。どうやら今年のシークレットはAqua Timezのようです。去年がAcidmanだったので去年以上の大物です。これは規制必須かと思いきや、なんなく入れました。ほぼ満員に見えますが、ところどころ余裕があります。ボーカルのタオル回しに応えている客も10人くらいと客入りの割りには盛り上がりに欠けていたような気がします。しかし、ステージはさすがにかっこよかったというか、一流アーティストのオーラが出てましたね。ミナホの客層に合わなかっただけなんでしょうか?


BIG STEPの1階に行くと、去年は完売だった缶バッジのガチャガチャ(1回 100円)がありました。星羅さんのバッジはそもそもないっぽいので欲しいのは情熱マリーです。今年は「1人3回まで」と書かれているため、みんなルールを守っているのかまだ買えそうです。とりあえず3回やってみました。

・秀吉
・Sucrette
・ircle

う~ん、知らない・・・。
情熱マリー欲しぃ・・・。

こうなったら現地トレードしかありません。200種類以上もあるから目当てのモノを当てるのは至難のワザです。きっと同じような思いの人もいるはずですっ!!
ということで、何人かと交渉の結果、なんとか秀吉を情熱マリーに交換することができました。あとircleをジェネラスに交換することもできました♪


そうこうしている間にもうすぐ19時です。星羅さんを見るためにFANJ twiceに向かいました…って入場規制じゃないですかっ!!星羅さんの前の寺前未来さんという方のライブに客が集まり過ぎたようです。去年もMiChiさんの直前に規制かかってヤバかったですが、今年もかよ・・・。しかし、無事に規制は解除されて入場できました。FANJ twiceは初めてなんですが、ステージは地下にあります。二階席もあるのでステージは実質地下2階とかなり深いです。しかしそのおかげて天井が高く開放的な造りとなっています。広さ的にはBIGCAT>QUATTRO>FANJ twice >SOMA>Drop>TRIANGLEって感じですね。
規制が解除されたとはいえ、ほぼ満員です。ステージには幕が降りていて、数字と恋のリハがシルエット越しに見えました。開始直前にラジオの公開収録が流れていました。

星羅
10/31 FANJ twice SET LIST

01.はじまりは今
02.He’s in love with her.
03.かげぼうし
04.数字と恋
05.心配ばっかもうしなくていいよ
06.Girl's be ambitious
07.わたしが君にできること

「はじまりは今」はギターだけの弾き語りでした。エレファントカシマシさんのカバーですが、ボーカルの宮本さんのラジオの暴言事件と時期が重なってるので、この曲についてはちょっと複雑な心境です。楽曲に罪はないんですけどね。
「He’s in love with her.」以降はパーカッション追加です。星羅さんの代表曲って感じですかね。
「かげぼうし」は比較的アップテンポな明るい曲なので手拍子が発生しました。
「数字と恋」はメジャーデビュー曲です。
「心配ばっかもうしなくていいよ」「Girl's be ambitious」は未音源曲です。「Girl's be ambitious」は星羅さん史上、もっともロックな曲ですね。
「わたしが君にできること」は「数字と恋」のC/W曲です。まったりした曲かと思いきやサビ前で爆発する静と動を兼ね備えた隠れた名曲です。

MCはまだ慣れてない感じですが、初々しくていい感じです。ラジオの公開収録の時に「赤い服は着ません」といったものの、ステージ衣装が赤色でした。これは突っ込むべきかと思っていたら、MCで「さっきラジオで赤色の服は着ないといったのに、赤色ですよね・・・。でも、これはステージ衣装じゃなくて私服・・・って、いや、勝負服の赤です・・・」と自分で突っ込んでいました。
いやぁ、5ヶ月ぶりの星羅さんでしたが、相変わらず儚げに見えて意外と力強いところがいいですよね。未音源曲を早くリリースしてほしいですね。


続いてお隣のDropにthe generousを見に行きました。そう、あの矢沢永吉さんの愛娘YOKOさんのユニットです。客入りは・・・ちょっと少なかったですね。開演するとそこそこ入りましたが、知名度の割りにちょっと集客が少ない気がしました。一部の客は大盛り上がりですが、全体としては普通でしたね。
YOKOさんは茶髪になってて上木亜矢さんみたいでした。歌は巧いし、MCもかなり小慣れていてデビュー1年とは思えない感じです。楽曲に関してはさすがというかなんというかエイベックスが力を注いでるだけの事はあります。サポートメンバーもベテランさんなんでしょう。例えるならば「Lv5の勇者が最強装備をしている」といった感じです。現時点では「矢沢の娘」「七光り」の印象が強く、正しい評価が出せない状況だと思います。真価が問われるのはこれからでしょう。女性ロックボーカリストとして頑張っていただきたいですね。


というわけで、今回は3組しか見えませんでしたが、何かと収穫の多いMINAMI WHEELとなりました。去年と違い、勝手が分かっているのでスムーズに動けましたしね。サマソニはもう行く気がしませんが、こちらは来年も行きたいですね♪ 出演アーティストがけっこうマニアックなだけに、見に来ている人もちゃんと心得ている人が多く、すごくマナーもいいんですよね。ライブ中に不快にならなかったのはひさしぶりかもしれません
スポンサーサイト

20日振りのタワレコ♪

いまだかつて、これほどタワレコに行かなかったことがあるでしょうか?
10月10日以来、実に20日振りのタワレコです。


・新譜リリースがない
・インストアイベントがない
・仕事が忙しい
・タワレコインの配布が10、20、30日のみ


こういった理由でタワレコから遠ざかり気味だったわけですが、特にタワレコインのせいでゼロの付く日以外はタワレコにほとんど行かなくなりましたからね。しかも今回はそのタワレコインの配布日である20日を挟む形で出張があったわけですよ。タワレコインの日を逃すと次は10日後になっちゃいますからねぇ・・・。


というわけでやってきましたタワレコNU茶屋町店。お目当ては「おやすみパラドックス/やくしまるえつこ」です。そうです、あの相対性理論のボーカルさんです。先週の火曜日、つまり20日=タワレコインの日に入荷していたのに出張と重なってたんですよね。でもちゃんと予約取置していました。初回仕様はスキャニメーションスリーブ仕様、タワレコ特典はステッカーです。初回仕様のスキャニメーションスリーブなんですが、マジすごいです。意味不明な図形のジャケと黒のストライプのスリーブケースだと思い気や少しずつ動かしたり角度を変えると・・・あqwせdrftgyふじこlp;
しかし、これだけでは1,200円なので、あと1,800円分何か買わなければです。これじゃタワレコの思うツボですよね。

Paramoreの新譜「brand new eyes」なんかどうでしょう?しかし、サマソニの悪夢が蘇ります・・・。特典としてステッカーがつくものの、DEAD BY SUNRISEBS同様、DVDが付いていないので、DX EDITIONを出す来満々な気がします。スルーです。

FUNERAL FOR A FRIENDのベスト盤「Your History Is Mine」はどうでしょう?こちらはDVD付(PV)で、DX EDITIONは出そうにないですが、特典がありません。しかも輸入盤にはB面集が付いてるらしいので、やはりスルーです。

JASMINEの2nd「No More」はどうでしょう?1st路線を継承した楽曲です。前は髪色がピンクだったわけですが今回は緑です。次は青とかでしょうか?ソニーのごり押しで1stはそこそこ売れたわけですが、3rd、4thでバラードを出して、満を持しての1st AlbumだとMiChiさんと同じパターンですね。ごり押しとはいえ、本人のメディア露出があまりないので、けっこう神秘性を感じちゃいます。まぁ、動画やブログを見る限りは今時のごく普通の子なんでしょうけどね。初回は私の大好きなデジパック仕様でステッカーが付くとあらば買うしかないでしょう!!ジャスミンが1,223円なのであと約600円です。微妙な値段ですね。

そんなとき店内BGMで「ぐーるぐる~」という歌が聞こえてきました。てっきりcali≠gariの「マグロ」のカバーかと思っちゃいましたが、どうやら違うようです。それにしても何このノスタルジックで昭和歌謡ちっくなサウンドは!!これは店員に聞くしかありません。

 情熱マリーとしゃぼん玉ハイスクール

聞いたことあるような、ないような…。とりあえず携帯でググってみました。


結成は2005年の京都のバンド
流通音源は「お茶の間ゴールデン」の1枚


ここで焦って買ってはいけません。もしかしたら初回仕様があるかもしれませんし、タワレコでは特典は付いてませんが、他店では特典が付くかもしれません。しかし、ブログでは申し訳なさそうに「特典とかはないです・・・」と書かれていました。まるで私の心を見透かされているみたいです。その心意気、買うしかないでしょう!って、どうやら明日ミナミで行われるライブイベントのMINAMI WHEELの2日目に出演されるんですって!私は星羅さん目当てに行く予定なんですが、何という偶然でしょう!音楽の神様が与えてくれた4度目のチャンスです!ライブといえば物販、物販といえば特典、そう、もしかしたらなんか貰えるかも?あわよくばサインなんかも・・・?とゆーわけで今回はスルーです。しかし会場はSOMAなんですよね、あそこ遠いんですよねぇ・・・(:´Д`)

というわけで、残りの600円はタワレコ×ドラえもんのコラボタオルを買ってタワレコインをゲットです♪これで29枚貯まりました♪あと1枚でついに30枚ですが、これ1枚が少なくともCD1枚分と考えると、どんだけ買ってるんだよって感じです。そりゃ置き場所がなくなりますよね。


そんなこんなで今日はタワレコで3時間ほど過ごしちゃいました。
金曜日の夜のタワレコは楽しすぎますね。

シャア専用 赤いカレーヌードル

仕事帰りに立ち寄ったローソンでこんなものを見つけました。


「カップヌードル シャア専用ガラスカップ 赤いカレーヌードルリフィル付」1,050円


日清のカップヌードルとガンダムのコラボ企画「CUP NOODLE x GUNDAM PROJECT」の第2弾らしいです(ちなみに第1弾は「miniガンプラパック」)。そういえばちょっと前にネットのニュースで見た気がします。確か限定販売だったはずなので、とりあえず買ってみました。

「ザク(厳密にはシャア専用のザクII)の描かれたガラスカップ」と「リフィル(詰め替え用のカレーヌードル)」のセットです。辛いのダメなんで食べれないんですけどね。

試しにヤフオクで検索してみると既にプレミアが付いているではないですか!!!買っといてよかった・・・。26日に発売したばかりですが、限定販売なのでもう品薄なんでしょうね。


ってか、最近モノを買っても開封すらしなくなってしまいました・・・。

BUCK-TICKを見に行こう♪

アーバンギャルドのインストアイベント終了後、Zepp OsakaにBUCK-TICKのライブを見に行きました。「Tour memento mori -REBIRTH-」ということで、ライブハウスツアーになります。BUCK-TICKのライブとしては5ヶ月振り、Zepp OsakaはDRAGON FORCEとATR以来なので7ヶ月振り、、ZEPP大阪でBUCK-TICKとなると2年4ヶ月振りですね。

地下鉄御堂筋線で本町まで行き、中央線に乗り換えコスモスクエア駅に15:30に到着です。黒服さんがいっぱいいます。開場17時、開演18時なので時間的には余裕ですが、物販の先行販売があるかもしれないので、コンビニで少しだけ時間をつぶして、16時過ぎにZepp Osakaに到着しました。相変わらず僻地ですよねぇ・・・。

なんかものすごい行列が川沿いにできています。入場前におおまかに整理番号順に並ばせているみたいですが、Zepp Osakaにしてはいい仕事していますね。けっきょく物販先行販売はないみたいです。列はけっこう順調に進みました。入口前のテントで物販を購入するみたいです。「会場内にはありませーん」とスタッフが連呼してました。


トレーディングカード 500円
これも毎年恒例です。案の定、サインなしでした。
べ、べつにサインなんか当たると思ってないんだからね!
き、記念に買っただけなんだからね!
で、でも当たったら、しょうがないから家宝にしてあげてもいいけどさ・・・。

ピックセット 1,500円
毎年恒例ですが、よく考えたら実際に使うことはないし、買ったものの開封もせず、どんどんたまってきます。ケースがけっこうかさばるので、ピック単体で売って欲しいくらいです。

スカル携帯ストラップ 500円
星野さんのデザインです。材質がビニール?なのでドクロに凄みがありませんね。

I LOVE リストバンド  1,000円
櫻井さんのデザインです。リストバンドはスルーすることも多いのですが、これはデザインがCoooolなので購入です。毎回付けようと思いきや、クローゼットの中から引っ張り出すのが面倒なので、開封すらできずにたまるだけです・・・。


Zepp Osakaは右側前方の入口から入れば、整理番号が遅くてもけっこう前まで行けるので定位置確保です。客層は30代中心、男女比3:7くらいです。ライブハウスということで黒服が黒Tになっていますが、相変わらず皆さんdarker than darkness -style09-って感じです。

幕は降りておらずステージは開演前から丸見えでした。ライブハウスなので特に凝った舞台装置もないようです。10分遅れで18:10に開演です。


10/24 Zepp 大阪 SET LIST

01.Les Enfants Terribles
02.スズメバチ
03.勝手にしやがれ
04.モンタージュ
05.MOTEL13
06.アンブレラ
07.coyote
08.キラメキの中で...
09.Lullaby-III
10.Memento mori
11.Jonathan Jet-Coaster
12.LIMBO
13.BUSTER
14.天使は誰だ
15.真っ赤な夜

EN1
16.地下室のメロディー
17.REVOLVER

EN2
18.極東より愛を込めて
19.HEAVEN


いつにもまして櫻井さんはセクシーかつワイルドでした。相変わらず眼力が凄まじかったです。何度かモニターの上に登ってましたが、足場が悪いのかフラフラしてすぐ降りちゃってました。
「極東より愛を込めて」はホールだと炎の特効がありましたが、照明器具で炎っぽく演出してました。Marilyn Mansonさん同様、Zeppは火気厳禁なんでしょうかね?
直近2作中心のSET LISTですが、旧曲に頼らずとも観客を沸かせるのはすごいですね。ってか、むしろ旧曲(「キラメキの中で」「地下室のメロディー」とか)のときの客席の反応が思ったより薄かった気がします。

他公演と本編は一緒で、アンコールがだけ違ういつものパターンですが、他公演のアンコールはだいたい5曲なのに今回は4曲と1曲少なかったみたいです・・・。まぁ他公演で演っていた「DIABOLO」や「Alice in Wonder Underground」を2曲を演るより「極東より愛を込めて」を演ってくれる方が個人的には断然嬉しいですけどね♪


後半、ステージ前方で客の1人がスタッフによって運び出されたみたいですが、大丈夫だったんでしょうか?その時、櫻井さんはライブを中断させることなく、歌いながらも手でスタッフを呼び出して救護させていたのが印象的でした。さすがプロですね。

アーバンギャルドを見に行こう♪

アーバンギャルドのインストアライブを見に行きました。場所はタワレコ難波店、集合13:45、開場14時です。

リハーサルも見たかったのですが、13:47着になってしまいました。会場は満員でした。客層は男女比6:4くらいで、20代が中心でしたが、10代の女性もけっこういました。1人で来てる人も多かったのですね。


10/24 タワレコ難波店 SET LIST

01.恋をしに行く
02.ベビーブーム
03.コンクリートガール
04.セーラー服を脱がないで


男性ボーカルの松永天馬さんは無印で買ったコンドーム投げたり、「ヘンゼルとグレーテル」を改変した「タッテルとヌレーテル」を朗読したり、終始踊ってたり、ブっ飛んでましたが、きっと根は真面目な人なんでしょうね。髪型や眼鏡で面白おかしく道化を演じてるって感じですが、阿部寛さん似の男前だと思います。

女性ボーカルの浜崎容子さん(セーラー服着用)は踊り狂う松永さんの横で淡々と歌う姿がクールビューティーって感じで印象的でした。そういうキャラなのかと思いきや、MCとかでは普通に喋って笑顔を見せてくれました。「みなさん、久しぶりにお外に出られたんですかぁ?」というMCが面白かったです。

ギターの瀬々信さんは他の男性メンバーがスーツで決めてる中、一人ロックな衣装でした(一応スーツといえばスーツですが)。ライブ中は松永さんが目立ち過ぎて、あまり見えませんでしたが、かっこいいギタリストさんでした。

キーボードの谷地村啓さんは山本耕史似のイケメンさんでした。演奏中に瀬々さんとよくアイコンタクトしていて微笑ましかったです。


ラストの「セーラー服を脱がないで」ではマスコットキャラであるキューピー人形に着ぐるみも登場してました。私も含め、今回が初アーバンギャルドの人達も多かったみたいで、最初は盛り上がりに欠けましたが、最後は大盛況でしたね。

演奏終了後は握手会(松永さんいわく「我々が握手してもらう逆握手会」)です。イベントでの握手会はちょっとでも長引くと後ろのスタッフから移動を促されることが多いのですが、今回は話すネタがなくなるくらい十分な時間がありました。最後に浜崎さんからメンバー直筆サイン入り「少女都市青写真」を貰いました。また家宝が増えました♪

彼等の音楽は歌詞の内容やライブパフォーマンスから聴く人を選ぶでしょうが、必要な人には本当に必要な音楽ですよね。

Marilyn Mansonを見に行こう♪

いざ、Zepp Tokyoへ・・・ってゆーか、Zepp Tokyoってどこ?って感じです。東京駅の右下の方ってことだけは調べていたのですが、JRではそれっぽい場所には行けないようです。さぁ、大冒険の開始です。今回は黒夢の時の反省点を活かしてマスク着用です。

どうやら山手線で新橋まで行き、そこから「ゆりかもめ」とやらに乗って、青海駅ってところで降りればZepp Tokyoに行けるみたいです。お台場とかがあるとこらしいですね。しかし、Zepp OsakaもZepp Tokyoも僻地にありますよねぇ・・・。

「ゆりかもめ」に揺られて15分くらいで青海駅に着きました。なんか周辺が一大商業施設(←「パレットタウン」というそうです)って感じです。さて、こっからZepp Tokyoまでどう行けば・・・って、すぐ横にありました。会場に14時到着です。なんか想像よりちっちゃいですね。既に物販の列ができているので並びました。


「ひさしぶりー」
「おまたせー」

といいつつ平然と割り込む奴らがいましたが、彼らはBRAINがDECAY…いや、MINUTES OF DECAYなんでしょうね。待つこと2時間強、16:25から物販開始です。

キーリング 500円
LOUD PARK 07の時よりは質がいいです。
デザインもなかなかです。
ちなみに文字は『MARILYN MANSON:WE'RE FROM AMERICA』と書かれています。

缶ホルダー 2,000円
スポンジみたいな材質で缶を包むホルダーです。ホルダーといっても単なるカバーって感じです。見た目はかっこいいですが、用途としては微妙ですし、デスクトップのインテリアにしても値段が高過ぎます。

キャップ 3,500円
まぁ可もなく不可もなく…

Tシャツ各種
デザインはかなりCoooooolですが、かさばるので例によってスルー。

迷ったあげく、キーリングだけにしました。会計時、いきなりキーリングを落とされてしまいました。それをそのまま渡そうとするなら、一戦交えるところですが、別のキーリングを出してきたので、まぁよしとしましょう。ってか、落としたキーリングは在庫袋に戻されていたので、別の方がそれを渡されちゃうんでしょうね。


開場の18時まで時間を潰し、いざ入場です。スタッフの誘導の手際がよかったです。荷物検査もけっこう念入りにされました。どこぞの某Zeppとは大違いですね。ズボンのポケットの財布や携帯を明らかに触ってるのに中身まで確認されませんでしたが、やはりチェックしているという格好だけなんですかね?

会場内での物販はもう何度目になるであろう再販Albumが並んでいました。直近の再販はついにSHM-CD仕様になっています。特典が何か付くなら買ってもいいですが、何も付かないのでスルーです。

ホールに入り、定位置の右側前方に陣取りたいところですが、やはりMansonさんを見たいので、中央付近に陣取りました。完売だけあってキャパ2,700人を誇る日本一のライブハウスが満員です。男女比は4:6くらいです。20代半ばがメインでしょうか。黒服率高過ぎますね。


19:10くらいに開演です。星条旗の左上がMansonマークになった背景をバックに「We're From America」からスタートです。


10/22 SET LIST

01.We're From America
02.Disposable Teens
03.Pretty as a Swastika
04.The Love Song
05.Irresponsible Hate Anthem
06.Devour
07.Dried Up,Tied and Dead to the World
08.Black And White
09.The Dope Show
10.Four Rusted Horses
11.Rock is Dead
12.Sweet Dreams
13.Rock 'n' Roll Nigger
14.Coma White→Black
15.The Beautiful People



新譜『The High End of Low』中心ではなく、ヒット曲、人気曲中心の選曲です。「Devour」は音源通り突然終わってました。「Irresponsible Hate Anthem」、「Rock is Dead」、「Rock 'n' Roll Nigger」、「The Beautiful People」の盛り上がりは凄まじかったです。

WE LOVE HATE!
WE HATE LOVE!

の合唱ももちろんありました♪

「聖書燃やし」はありませんでしたが(消防法を守った?)、代わりに「聖書投げ」があったり、MCも多かったし、Mansonさんのご機嫌がかなりよかったです。何より正面向いて歌ってくれましたしね。曲数こそ少なかったものの充実した内容だったと思います。過激なライブではありますが、SlipknotやB4MVなんかと比べると、比較的安全に見る事が出来ました。

復帰したTwiggyとのFxxc youの掛け合い

M「ファッキュー」
T「・・・ファッキュ」
M「ファッキュウッ!」
T「・・・ファ、ファッキュウ」
M「ファッキュー!」
T「ファッキュー!」

が微笑ましかったですね。

今回も「REFLECTING GOD」と「ASTONISHING PANORAMA THEEND OF TIMES」 は聴けませんでしたが、いつか生で聴きたいものです。

Marilyn Mansonを見に行けるかも?

出張が無事終わりました。今回は飲み会での自虐的な面白エピソードもなく、社会人としてそつなくこなせたと思います。

本来なら本日16時の新幹線で大阪に帰り、金曜は有給休暇でゆっくり過ごし、土曜日のアーバンギャルドとBUCK-TICKに向けて予習をするところですが、チケットさえ手に入れば今夜のMarilyn MansonのZepp Tokyo公演に行けるのです・・・。神様がくれた今年3回目のチャンスです(1回目は黒夢、2回目はmoumoon。moumoonは結局見えませんでしたが・・・)。


Marilyn Manson(まりりん・まんそん)

マリリン・モンローとチャールズ・マンソンから付けられた名前の示す通りスター性とカルト性を備えたロック界のカリスマです。反キリスト的なパフォーマンスや過激なビジュアルが取沙汰されていますが、本人は至って知的な人みたいです。いつの時代もこういう存在は必要なんでしょうね。名前=バンド名となっている彼(彼等)ですが、こんな名前だと、ソロ名義とかバンド名義とかでファンがあれこれ考えるのがバカらしくなってきますよね。
私はLOUD PARK 07の大阪公演で初めてライブを見たのですが、客のノリの悪さに機嫌を損ねたMansonさんは終始後ろ向きで歌ってました。ってか大阪城ホールなのでどちらにせよ肉眼では見えなかったんでしょうけどね。

今回のZepp Tokyoのチケットは完売ですが、熱狂的なファンが多いアーティストの場合、多数エントリーして重複当選し、余ってる人がけっこう多かったりします。また当日相方にドタキャンされた人や急な予定が入る人もいるでしょう。
しかし、それ以上に見に行きたいけど、チケットが確保できなかった人もいます。抽選に外れた人、買いそびれた人、私のように急に行けるようになった人…。


・転売屋からは買わない
・定価以上は出さない

両方やらなくちゃ ならないのが
『Beautiful People』のつらいところだな。
覚悟はいいか? オレはできてる


この二点を大前提にチケット獲得大作戦です。

というわけで、あの手この手を駆使した結果、チケットを余らせた方から無事定価で手に入れることができました♪

いざ、Zepp Tokyoへっ!!

Marilyn Mansonを見に行きたいな♪

明日の10月20日(火)はMarilyn Mansonの大阪公演(Zepp Osaka)です。見に行きたいですが、平日に、しかもZepp Osakaってゆーのは、今の状況じゃ無理です。ってゆーか明日から東京出張なので絶対無理です。


東京出張…いや、待てよ。
Marilyn Mansonの東京公演(Zepp Tokyo)が22日(木)です。
東京出張が20日(火)〜22日(木)の昼までです。

あれ、これは見に行けってこと?
会社が空気読んでくれた?


ということで、23日(金)は有給休暇を取りました。普段取りづらい休みも出張と絡めれば取りやすいですからね。
しかし、Zepp Tokyoのチケットは既に完売してるんですよね(Zepp Osakaは余りまくりみたいですが…)。転売屋が暗躍しまくってますが奴らを儲けさせるわけにはいかないので、奇跡の当日券に掛けてみることにしましょう。チケットが手に入らなくてもZepp Tokyoは行ってみたいですしね。

ってか、この出張が先週にあったならLOUD PARK 09 が見えたのになぁ…。

エビとエビとエビのパスタ

ついに作ってしまいました。

「エビとエビとエビのパスタ」

です。


パスタは「マ・マー」を使いました。ごく普通に茹でました。

エビに関してはエビ(中)、エビ(小)、エビ(極小)の3種類のエビを贅沢に使いました。3つのエビを使うということが前提だったので、極小のエビには干しエビを使ったのですが、これだけプリプリ感がないので微妙だったかもです。今度は思い切ってブラックタイガーをそのまま使ってみようっと♪

ソースは自作です。プチトマトを潰し、マヨネーズとケチャップとバニラエッセンスを混ぜて作ってみました。バニラエッセンスはクリスマス前とホワイトデー前にしか使うことがなくずっと冷蔵庫に残ってるので、戯れに入れてみました。ある種の賭けでしたが、特に可もなく不可もなくといった感じです。プチトマトの皮の食感がなかなかよいですよ♪



お味の方は・・・

至って普通でしたけどね。

Perfumeの大阪城HOOOOLL!!

今日はPerfumeの大阪城ホールでのライブです。二年前くらいはかなりハマっていたのですが、『ブレイクし過ぎ』かつ『2nd「GAME」の完成度高過ぎ』についていけず、しばらく冷めていました。3rd「⊿(トライアングル)」はスルーしようかと思いましたが、友人Y君が

「チケット手に入ったけど行く?」

聞けば、ファンクラブに入ってるY君の友人が、何枚も重複当選したらしいのです。これは行くしかないでしょうっ!!

というわけで、やってきました大阪城公園。19年はLOUD PARK大阪、20年は氷室京介さんを見に来たので、3回目の大阪城ホールになります。年1回のペースですね。

ものすごい人の数です。氷室さんの時よりも多いかもしれません。男性が多いと思いきや、男女比5:5くらいです。客層も様々で、年期の入ったファン、コスプレ、親子連れもいます。コスプレとかをしていないごく普通の女性も多く、2年前と比べるとかなりファン層が変わったんじゃないでしょうか?人気が出過ぎたこと、音楽性の変化、(あと例のスキャンダル?)を理由にファンをやめてしまった人もいるでしょうが、それ以上の新規ファンが「ポリリズム」以降に増えた感じですね。


ツアーグッズはパンフレット(2,000円)、ステッカー(500円)、ステーショナリー(1,000円)、トートバッグ (1,000円) で計4500円です。
さて、いざ、入場と思いきや…

ガチャガチャマスコットチェーン
全9種 500円

こ、これは武道館ライブで限定販売されたガチャガチャの新作ではないですか!!アルバムや楽曲をテーマにしたポーズで3人3種類あります。しかもガチャガチャのくせにガチャガチャマシーンではなく、手掴み販売です。これはやるしかないでしょうっ!!まずは1,500円で3個購入です。

9 あーちゃん
9 あーちゃん
2 かしゆか

のっち が出ないっ!しかもあーちゃんがいきなりダブりました。もう1,500円で3個購入です。自分では選ばず、スタッフに3個選んでもらいました。

1 かしゆか
5 のっち
6 のっち

のっち キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! スタッフは「恨まないで下さいね(笑)」といっていましたが、あなたは神です。スタッフさん、ありがとぉー。


『のっち をコンプリートする』
『いずれかの作品も揃える』

「両方」やんなくっちゃあならないってのが「ファン」のつらいところだな。覚悟はいいか?オレはできてる。


そういえば、大阪城公演の噴水の所でガチャガチャのトレードを募集している人がいました。もしかしたらもしかするかもです。

9 あーちゃん → 4 のっち
のっちコンプリート
1 かしゆか → 3 かしゆか
1~3でNIGHT FLIGHTコンプリート

うーん、あまりにもあっさり目標が達成しちゃいました♪
トレーダーさん、ありがとぉー。


というわけで、満を持しての入場です。ファンクラブチケットなので、アリーナかと思いきや、スタンド席でした・・・。とはいえ、けっこう見やすい位置です。

アリーナに、頭にタオルを巻いた集団がいたのですが、座席に座らず、ステージ間近の柵付近に陣取っていました。アリーナ席では一番やってはいけない行為です。しかも、スタッフの再三の注意にも関わらず、彼等はずっと居座っていました。BRAINがDECAYしているんでしょうか?そのタオルでDECAYしたBRAIN汁の流出を防いでるんでしょうか?ほんとやめてくれって感じです。


16時に開演です。舞台装置やモニター、そしてそのモニターに流れる映像がかなり凝っています。残念ながらこの距離では顔は認識ができないので、モニター頼りになってしまいます。
噂には聞いていましたがMCが長いです。お立台を歩いて客と会話しながら進めるのでものすごく長かったです。まぁ面白いからいいのですが・・・。
客席のノリもすさまじいです。ほとんどの客が踊り狂ってます。10日、11日の2daysですが、2日連続の人も多そうですね。


基本はあーちゃんの独壇場といった感じですが、あーちゃんの客への煽り方がすごく上手かったです。ここ2年でほんと大ブレイクしましたよね。ひっそり「チョコレイトディスコ」を聞いてた頃が懐かしいですね。

かしゆかがジョジョネタを話してくれたのがジョジョオタとしてはすごく嬉しかったです。いつかジョジョ立ちを披露してくれるそうですが、Perfumeの振り付けの制止ポーズのほとんどがけっこうジョジョっぽいんですよね。

のっちは・・・あれ、特に印象にない・・・。なぜ???


10/11 大阪城ホール SET LIST

01.TAKE OFF
02.NIGHT FLIGHT
03.エレクトロ・ワールド
04.Dream Fighter
05.love the world
MC
06.Zero Gravity
07.マカロニ
08.SEVENTH HEAVEN
09.Kiss And Music
10.SPEED OF SOUND
11.edge(⊿-mix)
12.シークレット・シークレット
13.コンピュータシティ
14.I Still Love U
MC
15.ワンルーム・ディスコ
16.セラミック・ガール
17.ジェニーはご機嫌ななめ
18.チョコレイト・ディスコ
19.ポリリズム
20.Puppy Love

EN
21.plastic smile
22.Perfume
23.願い(Album-mix)

間々田優とアーバンギャルド

ゼロの付く日はタワレコインの日です。Dead By Aprilを火曜日に買っちゃったので購入予定の新譜はもうないはずですが、その火曜日に見つけてしまったのです。買わなければないCDを・・・。

  「予感/間々田優」

火曜日にタワレコに行った時、新譜としてコーナーが設けられており、「アイドル」という曲のPVが流されていました。ツインテールな髪型が奇抜でいいなぁーと思っていたら・・・

私は・・・アーティストに見覚えがある・・・
この珍しい苗字のアーティストを知っている。
約1年ぶりに網膜に入ってきたこの名前を!

昨年の「CDでーた 11月号」で間々田さんが特集されており、付録としてCDが付いていたのです。これはゆくゆくレアアイテムになるのでは?しかし、それだけの理由で「CDでーた」を買うのももったいないということでけっきょくスルーしてしまったのです。当時は試聴コーナーがあるわけでもなく、ネット検索等もせず、そのまま忘れてしまっていたのですが、ここに来て改めて試聴するといいではありませんか!!

PVにもなっている「アイドル」は椎名林檎さんを彷彿とさせる曲調ではありますが、他の曲も聞いて見ると、もっと生々しいものが伝わってくるのです。「CDでーた」をあの時買っとけばよかったと後悔です。ヤフオク等で探しても見つかりません。プレミアが付いているわけでもないのですが、需要がないので、出回らず手に入らないという状況です。絶望していたのですが、Amazonのマーケットプレイスで定価で発見!その日にさっそく注文したのはいうまでもありません(で、今朝届いていました♪)。

そんな間々田さんのCDを買いに行ったわけです。11月13日(火・祝)にはインストアイベントもあるらしく、サイン会もあるそうです♪ しかも11月21日(土)には梅田 Shangri-Laでワンマンライブもあります!これも是非見に行かなくてはです。11月21日は廃人芸人の鳥肌実さんのライブに行く予定だったのですが、鳥肌さんは3Daysなので、22日にズラしましょう♪


さて、間々田さんのCDは2,300円です。タワレコインは3,000円買わないと貰えないので、何かないかなーと店内を散策していると、衝撃的なジャケットが目に飛び込んできました。

  「予感/アーバンギャルド」

私は・・・このアーティストに見覚えがある・・・
このアバンギャルドな名前のアーティストを知っている。
約1年ぶりに網膜に入ってきたこの名前を!

アーバンギャルド・・・。去年、Perfumeのブレイクの影響でテクノポップやらサブカルチャーやら多種多様なジャンルの音楽が、メディアに取り上げられるようになりました。その影響で「相対性理論」なんかにも手を出した私ですが、その相対性理論と似て非なる、むしろ真逆、そう裏・相対理論ともいえるのがアーバンギャルドです。エロ・グロ・メンヘルな詞世界をテクノサウンドに載せているサブカルバンドです。筋肉少女帯が同じような内容をメタルサウンドに載せたのと似ている気がします。
ちなみに前作はトレヴァー・ブラウンさんがジャケットを手掛けていたので、てっきり今作もそうかと思ったのですが、今回のジャケットはそうやらメイン・スハッチェさんという方が手掛けているらしいです。作風似てますよね。
どうやら特典でDVDが付くみたいです(見ませんけど・・・)。10月24日(土)にはタワレコ難波店でインストアイベントがあります。サイン会はありませんが、サイン入り写真が貰えるらしいです♪しかし、10月24日って、BUCK-TICKと被ってるじゃないですかっ!!

アーバンギャルド/タワレコ難波店 14:00~
BUCK-TICK/ZEPP大阪 18:00~

陸の孤島、ZEPP大阪とはいえ、この時間配分なら間に合うでしょう♪


というわけで、タワレコインを1枚獲得して、合計28枚になりました♪

30枚まぁでぇ~・・・
 あと少しぃ~・・・
  あと少しぃ~・・・
   あとすこぉぅしぃ~!!!

moumoonが見えなかった・・・♪

今日は大阪産業大学の学園祭にmoumoonが出演します。

開場17時、開演18時

仕事帰りに行くのは到底無理なので諦めていたのですが、


奇 跡 的 に 17:45 に 仕 事 が 終 わ り ま し た !


これはなんとかなるかもしれません。他にtwenty4-7さんも出演されるので、moumoonが後半なら見える可能性があります。表記上はmoumoonの方が先に記載されています。これがmoumoonがメインという意味なら、moumoonは19時頃からになるでしょう。しかし知名度的にはほぼ同じ二組。主催者側がそのへんをどこまで考えてるかにもよりますが、表記が先=メイン=後半という方に掛けてみました。まぁ、前半だとしても1曲でも聞けりゃ十分ですし、何より音楽の神様がくれたであろう2回目の奇跡(1回目は黒夢の復活解散ライブ)です。奇跡は起こそうと試みなきゃ起きませんからねっ!


というわけで、こんなこともあろうかと、交通手段だけは一応調べてました。JR環状線で京橋に行き、そこから学園都市線に乗り、野崎駅で降りればよいのです。京橋といえば新星堂があるので何度か行ってますし、学園都市線はEGO-WRAPPIN'のライブを見に行くとき乗ったことあるので余裕ですね。こーゆー時だけ空間処理能力が異様に上昇します。急いで最寄駅から大阪→京橋→野崎のルートで切符を買おうとすると・・・


「すみません、梅田には…どう行けば…?」


と混雑する券売機前で老夫婦に話しかけられました。『おいおい、ここはJRだぜ?梅田は地下鉄だぜ?』って感じですし、何より私は急がねばなりません。たからいってやりましたよ。


私「梅田は地下鉄ですね。JRなら大阪駅で降りればいいですけど、地下鉄の方が分かりやすいと思いますよ。」

妻「ありがとう。」
夫「ええ人じゃのう~。」


べ、べつに老夫婦のことなんか無視ろうと思ってたんだからねっ!
ちょ、ちょっと口が滑ってつい懇切丁寧に解説しちゃっただけなんだからね。


しかし、地下鉄を薦めたものの、目的地しだいではJRの方がよかったかもしれません。無事辿り着いたでしょうか?って、他人の心配をしている場合じゃありません!


さて、大阪で環状線に乗り換え、京橋で学園都市線に乗り換え野崎で降りて・・・って一つ乗り過ごしてるじゃないですかっ!!慌てて戻り、18:45に野崎駅に到着です。ここから大阪産業大学までは約15分です。前半ならアウト、後半ならなんとか間に合う時間です。ひたすら南に歩き、やって来ました大阪産業大学。入口が立派過ぎて何かのお店かと思うくらいでした。さっそくライブをやっている体育館へ向かいました。


私「ム、moumoonはもう終わりました・・・?」
スタッフ「moumoonさんはもう終わりましたねぇ・・・。」



あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『ライブ会場に着いたと思ったら、既にライブは終わっていた』。
な…何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

4月までに死んでいます

ゼロの付く日はタワレコ…って、10日まで待てません。

ついに本日、スウェーデンのメタルコアバンド「Dead By April」の待望の国内盤が入荷します。物騒なタイトルにしましたが、バンド名の直訳ですからご心配なく。輸入盤を試聴した時から数ヶ月・・・。デスヴォイスとシンフォニックなサウンドに魅了され、何度か輸入盤を買いかけたこともありましたが、我慢した甲斐がありましたね。
先週リリースされたDead By Sunriseと似てて紛らわしいですが、こっちはメタルコアです。本来なら10日にまとめてタワレコインをがっつりいただきたいところですが、しばらく新譜リリースはないし、かといってDead By Aprilだけでは3000円に満たないからタワレコインもらえないし、でもタワレコインもあと3枚で30枚(=年間Wポイントパス)なので今月中には余裕で集まりそうだし、ポイントも3,000ptあることだし、欲しいという衝動には正直でありたいし、何かを手に入れる時間とお金と行動力があるならば行かねばです、タワレコへ…。


土曜日に来たばかりだというのに入荷日を迎えたタワレコは刺激に満ち溢れています。正直、最近は特典等の付加価値のためにCDを買うことが多かったように思います。今回のDead By Aprilのように欲しくて欲しくてたまらなかったCDを買うのは久し振りな気がします。洋楽フロアのレジ前のメタルコーナーにDead By Aprilはありました。前まではUSEDが置いてあった場所ですね。残念ながら特典はありません。それどころかLOUD PARKに出演するのに「TOWER OF BEAST」のキャンペーンの対象商品でもないようです。

それがどうした、今日はそんな付加価値を求めて買いに来たわけじゃないんだよと。CDを手に取り、レジに向かいました。入荷日とはいえ、21時の洋楽フロアなのでレジは全然並んでいません。待たされることなく、カウンターに辿り着きました。2,200円だったので2,000pt使用して実質200円です。特典も付かないのですんなりと会計を終えました。

Paramoreの新譜の輸入盤が入荷していました。サマソニの悪夢が蘇ります。BRAINがDECAYしたファンのせいで、台無しになったライブ…。Paramoreは全然悪くないのにParamoreを見る度に嫌な気分になってしまう。多分新譜はスルーするんだろうなぁ…。どーせ、DX EDITIONが出るでしょうしね。


さっそく「Dead By April」を聴いてみました。ヘヴィなのにメロディアス、メロディアスなのにヘヴィとでもいいましょうか。もっとメタメタしいアルバムかと思ったのですが、かなり聴きやすい・・・と、油断したところにデスヴォイスがきたりしますのでメリハリが効いてるんですよね。曲順とかバランスがよく考えられていて、完成度高いです。
北欧メタルだけあって、Keybordの音が単調になりがちなサウンドのアクセントとしていい味出してます。時には美しく、時にはスリリングに、そしてデスヴォイスとあわさる事ことで、ドラマテッィクな展開を生み出しています。


さて、そのDead By Aprilですが、前述したようにLOUD PARKの10月18日(土)に出演するわけですよ。土曜日なら行ったのに・・・。けど、大阪のLOUD PARKなんてもう開催されそうにないし、行っちゃおうかなぁ・・・。でも、年内にジャパンツアーがあるとかないとか・・・。うーん、ともあれ、また1つ生きていく糧ができました♪

ジャケがかなりCoooooolです。
それ以上にインナージャケ(CDを取り出した下の部分)がCoooooooooooolです♪

BARに行ってきた♪

金曜日の仕事帰りに、職場の後輩と飲みに行きました。

1件目は普通の居酒屋だったのですが、2件目はSUNTORYのOLD BARに入ってみました。実は前から行きたくて行きたくて仕方なかったのですが、なんか敷居が高そうで、いつも断念していたのです。今回はお酒の影響もあって、ついに入店できました。


うーん、これがBARか・・・。


もっとこうドラマに出てきそうな暗くて冷たそうな店内を想像したのですが、けっこう庶民的な感じです。とはいえ、さすがBARといった感じで、紳士・淑女が集(つど)ってます。私もそろそろこういう店に通わなきゃいけないですよね。


で、店員にいってやりました。


私「今日のお奨めのカクテルは?」

店「し、少々お待ち下さい」


だいたいこの手の質問に対してはメニューにあるお奨めメニューを紹介されて終わることが多いのですが、いったんカウンターに下がりました。これは期待できます。しばらくしてベテランっぽいバーテンダーがやってきました。


バ「どのようなものをお持ちしましょうか?」


えっ!?そっちから聞いてくるのかよっ!
し、質問を質問で返すなあーっ!!
って感じですが、いってやりましたよ。


私「あ、甘いやつを・・・」

バ「ほ、他に何かご希望は?」


え、ま、まさかの追い打ち?
こ、こいつには、聞くと言ったら聞く・・・『スゴ味』があるッ!
って感じですが、いってやりましたよ。


私「じ、情熱的なやつを・・・」

バ「か、かしこまりました。」



ふぅ、オーダー終了、やれやれです。

メニューには「お好みでカクテルお作りします」とは書かれていますが、きっと誰も頼まないんでしょうね。とはいえ、バーテンダーとしては作りくて仕方ないはず・・・。滅多に来ないオリジナルカクテルの注文に対して、そりゃやる気も出るってもんでしょう。


で、運ばれてきたのがこの赤いカクテル。


私「なんていう名前ですか?」

店「えー、あ、その、『ふわふわなんちゃら』ってゆってました」


(゚Д゚;)!?


 ふ わ ふ わ な ん ち ゃ ら ってなんだよっ!!


お味の方は・・・

ンまぁーーーーいッ!! 味に目醒めたァーっ

ってわけでもなく、普通でした・・・。
そもそも甘くなかったし・・・。

はっ!?もしかして、この甘くないという感想・・・
それはつまり、私が「甘い」ということっ!?
あのバーテンダーは私にそれを気付かせるために敢えてっ!?
だとすれば奥が深すぎるぜ、カクテルっ!!!


これはまた来ないといけませんね。
その時には「いつものやつ」って注文してみようっと♪
プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。