スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plastic Treeとcali≠gari

30日です。タワレコインの日です。26日発売の「ゲシュタルト崩壊/Plastic Tree」「10/cali≠gari」 を買いにタワレコNU茶町店に行きました。プラはポストカード、カリガリはオリジナルブロマイドが付くので予約してましたが、まだ特典付きは余裕で残ってましたね・・・。


プラは初回DVD付、通常ボーナストラック追加といういつもの売り方です。音源オタとしてはいつも通り通常盤一択ですが、今回はベストということで全部既出曲な上に通常盤のボーナストラックである以下の2曲まで既出曲なのです。

11 メルト (『ウツセミ』収録)
12 ヘイトレッド、ディップイット (『シャンデリア』収録)

しかもアルバムの最後に収録されているわけでもなく途中に2曲追加されてるのです(全15曲収録)。普通は新曲、再録曲、remix、その他Ver.違いなどを収録することによって、全音源を持ってる人にも購入意義を見出させるようにすることが多いのですが、今回はそういった要素が皆無です。せめて、「ヘイトレッド、ディップイット」は『ネガとポジ』の通常盤にのみ収録の「hate red,dip it(loudest sound edition)」で収録すれば、『ネガとポジ』の初回盤しか持ってない人の需要があったかもしれないのに・・・。
ファンはDVD目当て、ボーナストラック目当てで2枚買いが基本となるのに、これでは通常盤買う人はかなり少なくなります。新規向けってことなんでしょうかねぇ・・・?
ジャケットはけっこうかっこよいです。タイトル通り「ゲシュタルトが崩壊」しそうなデザインです。てっきり公式サイトのTOPの英字で様々なフォントで表記されたデザインの方がよかったのですが、なぜ採用されなかったのでしょうか?
歌詞カードは残念ながら冊子ではなく、1枚もので正方形の9つ折り仕様で限りなく見づらいです。こういう仕様は、開けるだけで紙に痛み・折れが発生するのでもうほんとやめてほしいです・・・。
特典のポストカードは店舗別(タワレコと新星堂)かつ初回・通常で異なるデザインだそうです。全て有村さんがデザインとのことですが、これは一体・・・?電球とお化けなんでしょうか?



カリガリのアルバムは待望というかまさかの新作です。活動休止からまさかの活動再開の伝説的?なバンドです。復活ブームが続いていますが、ライブやベストだけでなく新作まで出すのはけっこう珍しいですね。活動停止や再結成の真相なんかは我々が知りうるところではないですが、純粋に喜びたいところです。
cali≠gariはVocalの石井さんとGuitarの桜井さんの強烈な個性・才能が持ち味ですが、それゆえ前作『8』では、2人のソロ作を収録したような統一感に欠けるアルバムでした(その辺が休止に繋がったんでしょうか?)しかし、今作では両者の持ち味を活かしつつ、1枚のアルバムとして統一感があります。各々がソロで培った経験を活かした新作というより、ソロでやりたいことをやったからこそ実現した2009年型のcali≠gariといった感じです。やはり桜井さんが曲を作り、石井さんが歌うのが一番好きですね。
こちらも歌詞カードは冊子ではなく長方形の8つ折り仕様です。「この曲は石井さんだ!この曲は桜井さんかな?」などと、曲作りできる人が2名以上いるバンドの場合、CDを聞きながら、歌詞カードを眺めつつ、作詞・作曲者を想像するのが至福の一時でもあります。
特典のオリジナルブロマイドは店舗別とかではなく1種類のようです。なんとも形容しがたいデザインです・・・。

さて、そのcali≠gariの9月2日のBIGCATですが、私は当日まで行けるかどうか分かりませんのであわよくば当日券程度に考えていたのですが、チケットはSOLD OUTなので、当日券はおそらく出ないでしょう(出ても時間的に間に合わないでしょう)。チケット難民が多数出てるみたいです。期間限定の活動再開とはいってますが、またやってくれることに期待して今回は諦めるしかないですね。


2枚で7,000円、1,000pt消費で1,000円引きしてもらって6,000円。
240ptと6,000円以上購入による200ptボーナスの合計440pt獲得。
タワレコインは2枚獲得。

現在タワレコイン17枚、30枚まであと13枚、金額にして39,000円分です!!
スポンサーサイト

近藤夏子と辻詩音を見に行こう♪

近藤夏子さんをご存知でしょうか?
CUTiE・girl’s style・Zipper・mina・カジカジで活躍するモデルさんで、シンガーソングライターとしても活躍してるそうです(最近、奈津子から夏子に改名したらしいです)。
私はモデルについては詳しくないし、音楽活動もインディーズなので、全然知りませんでした。ところが、タワレコNU茶屋町店で独占販売という触れ込みで「コンドウマニア3」というシングルが大々的に宣伝されており、楽曲もよかったし、インストアイベントもあるので思わず購入したわけです。

インストアイベントが異例の3回もあるのですが、1回目は平日で無理、2回目はサマソニとかぶり無理、最後の3回目の今日やっと見に行けるわけです。ちなみに全部行くとスペシャル特典が貰えるらしく、それが非売品音源なら影武者を送り込んででも・・・ってところですが、1回目に撮影した写真を使ったポストカードらしいのでスルーしました。

15時開始でタワレコに14時着です。まずは洋楽フロアでPLACEBOの不良品交換です。注文した商品だったので在庫はありませんが、輸入国内盤のため、外付歌詞カード以外は輸入盤と同じです。中身の品番が同じ輸入盤を持ってこられたので仕方なくそれで妥協です。レシートの確認もせず交換してたので「レシート見なくていいんですか?」とこっちからいってやりましたが、きちんとしていただきたいです。

邦楽フロアに行くと近藤夏子さんの特設コーナーでおっさん2名が撮影会をしていました。タワレコ店内は撮影禁止だっつーの。店員に報告してやろうかと思いましたが、近くにいなかったので断念。命拾いしましたね。

14:30に開場です。整理番号がない参加券だったのですが、20人くらいだったので大した混乱もありませんでした。最終的には100人超くらい集まってました。地元出身のアーティストとはいえ、すごい人数です。男女比3:7くらいで、雑誌読者と思われる20歳前後の女性が中心です。若手女性アーティストのライブで女性が半数以上ってのはけっこう珍しいです。そこらへんから「かわいー」と聞こえます。スタッフの前説によると、来春メジャーデビューするそうですが、これはブレイク確実ですね。定刻に近藤さん登場です。相当可愛いです。


8/23 タワレコNU茶屋町 SET LIST

01.右ストレート
02.恋する乙女
03.観覧車
04.シンデレラ
05.リハーサル


「右ストレート」は奇抜なタイトルですが、内容はけっこう普通でした。ストレートなのにアッパーな曲です。
「恋する乙女」は弾き語り。
「観覧車」は未音源化曲。カップルの待ち合わせやら初デートやらがテーマの曲で、ありきたり・・・かと思いきや、中盤でドラムが入ってくるあたり、かっこよかったです。
「シンデレラ」という曲名ってハズレがないですね。
「リハーサル」は音源よりかなり速いテンポでした。

キーボードを椅子に座らずに立ったまま前傾姿勢で弾いてるのが印象的でした。MCも内容もしっかりまとめられているし、ステージも慣れてるようでした。モデルとか芸能活動のかたわらアーティストとしても活躍してる人はけっこういますが、そのほとんどが本業ありきやら趣味の域であることかほとんどです。ところが、この近藤さんはどちらも自然体でこなしてる感じですし、すごく才能ある方だと思いました。



さて、これだけでは終わりません。次は辻 詩音さんです。今日は15時から阪急西宮ガーデンで辻 詩音さんのインストアイベントもあったのですが、近藤さんとかぶってますし、特典のサイン色紙は前回のインストアイベントの時にいただいているのでスルーしていました。
ところが、本日19時から京都の新風館でのインストアイベントが急遽決定したのです。20日に告知とか遅すぎます・・・。新風館自体にはCD屋はないので観覧フリーで即売会でのCD購入者にはサイン色紙とスペシャルグッズ(うちわ)がもらえます。急なイベント告知なので、客は西宮帰りのファンがほとんどな気がします。まだCDを買っていない私にとっては朗報ですが、なぜに大阪はスルーされたのでしょうか・・・?京都とはいえ、電車で30分だから近いです。この際行っちゃいましょう♪

JRと地下鉄を乗り継ぎ、18:35に新風館に到着です。新風館はショッピングモールみたいな複合型施設で、吹き抜けのステージを囲むようにお店があります。ステージ前には椅子が30席くらいあり、人はほとんどいませんが、最前列は荷物で占拠されてます。西宮帰りの客でしょうけど、せめて一人くらい留守番役に残せよと・・・。荷物はまだしも椅子にタオルを巻いて席取りしてる人も多かったです・・・。タオルでの席取りはちょっとどうかと思います・・・。19時に辻さん登場です。


8/23 京都 新風館 SET LIST

01.Sky chord
02.M/elody
03.ナミノリ
04.First cut is the deepest(Sheryl Crowのカバー、原曲はCat Stevens)
05.Candy Kicks


全編アコースティックによる弾き語りでした。4曲目は当初のSET LISTを急遽変更したらしく、辻さんはスタッフに謝っていました。とはいえ、粋な計らいです。Sheryl Crowに影響受けてるのは初耳でしたね。

急な告知で客の数は少なかったですが、夜の屋外ステージということで、まったり楽しめました。終演後、投げたピックが近くに落ちたものの「俺のもの的なオーラ」に圧倒され、手が出せませんでした・・・。

しかし、この人数ならジャケットへの直筆サインしてくれてもいいような気がしないでもないです・・・。特にソニーの色紙はデカ過ぎて保管に困るのです・・・。

夏巻を作ろう♪

ひさびさに料理です。
近所のスーパーで食材を買ってる時にふとひらめきました。


春巻を夏に作ったらどうなるんだろう?
それはきっと「夏巻」だ!


春巻といっても、一人暮らしの環境では揚げ物はリスクやデメリットが非常に多いです。それにいくら夏に春巻を作ったって、そりゃ春巻です。そこで、揚げずに焼いてみたらどうでしょう?そうすればきっと夏巻ですっ!!


材料はいつものとおり。

冷凍エビ
ジャガイモ
タマネギ
ニンジン
コーン
春巻の皮 1.ジャガイモ、タマネギ、ニンジンを細かく刻む。
2.1を塩・胡椒・醤油で炒める。
3.冷凍エビを解凍し、半分に切る。
4.春巻の生地に2と3とコーンを乗せる。
5.フライパンで焼く

生地に包む時、水溶き小麦粉を使って生地と生地を固定してやればうまく包み込むことができます。


思い描いたようにスイスイと調理が進みました。春巻のこんがりしたキツネ色は表現できませんので、夏巻なんていいつつも、見た目は棒餃子ですよね。

お味のほうですが・・・ メチャクチャ美味しいです。生地のパリパリ感とエビのプリプリ感が合わさり、パリプリしています。料理を始めて2年以上経ちましたが、最高傑作ですね♪

タワレコで豪遊してきたよ♪

ついにぃ…っ!! この日が来ましたぁっ!!

      2 0 日 !!

ゼロの付く日はタワレコインの日です。8月10日に行きそびれたので7月30日以来20日ぶりのCD購入です。月3回ってのはなかなか厳しいですね。

今年中にタワレコインを30枚集めれば年間Wポイントパスがもらえます。3,000円につき1枚だから総額9万円かかることになります。9万円は大した問題ではありません。重要なのは問題は「ゼロの付く日に買う」ことです。これがけっこう難しいんですよね。
ちなみに今8枚持ってるので残り22枚です。会計時にタワレコインを2枚使えば10%オフになるのですが、30枚を目指す場合、6万円分以上の買い物を一度にしないと損します(6万円の10%=6,000円=タワレコイン2枚分)。前回1万円ちょっとの時に使ったのが悔やまれますね。


さて、タワレコNU茶屋町です。今回は邦楽、洋楽、予約有、予約無、取置、注文やらいろいろ混ざってるので、全部邦楽フロアに運んでもらって一括会計です。

「ギフト・パック/PLACEBO」
「10th アニヴァーサリー・コレクターズ・エディション/PLACEBO」
「LA ROUX/LA ROUX」
「Sweet Vacation/pop saves the world!!」
「猫のテブクロ/筋肉少女帯」
「サーカス団パノラマ島へ帰る/筋肉少女帯」
「月光蟲/筋肉少女帯」

合計7枚、20,380円です。タワレコイン6枚分の18,000円と端数2,380円なので、あと620円でもう1枚タワレコインが貰えます。これは何か買わねばです・・・!!

CDでーた、WHAT's INは安過ぎます・・・。
2冊買えば620円越えますが2冊もいらないです。
じゃあINROCK・・・って600円かよっ!20円足りない・・・。
もう620円くらいくれてやるから1枚くれって感じです。

仕方ない、何か手頃なシングルを・・・

あ、ありました。
サマソニでちょっと好きになったステレオポニーの新譜「スマイライフ」です。しかし私が若手邦楽ガールズバンドのCDを買うとは…。

無事タワレコイン7枚ゲットです。
累計15枚、残り15枚で30枚です♪

筋肉少女帯のこの3枚は本当に念願の再発ですね。
ジャケのデザインも芸術的です。

ところで、PLACEBOの2枚なんですが、「輸入国内盤」とのことです。
そもそも輸入盤しかない仕様なのですが、それに日本製の対訳歌詞カードを外付けして、ビニールで包み、日本の品番を書いたシールを貼って無理矢理国内盤にしているようです。だから基本的にはCD本体は輸入盤と同じというか輸入版そのものです。もちろんディスクへの刻印は輸入盤と同じ品番です。で、さっそく開封すると、やはりというかなんというかジャケットに不良が・・・。紙製のジャケットの糊が剥がれてます・・・orz

輸入盤はこれだから買いたくないのです。
だからあれほど国内盤であるか店員に確かめたのに・・・。
そりゃね、確かにこれは品番上は国内盤なんだけどさぁ・・・。

ベジータ様と現実逃避しよう♪

今日わ、人格を否定されるくらい怒られてしまったので現実逃避です。


べジータ様と18号様です。



間違った遊び方 その1
ベジータ「なっ、なにいっ!!? む、胸元がぴったり閉まってるだと・・・!!! 」


間違った遊び方 その2

ヤムチャ「これはチャオズの分っ!!」
ベジータ「グハッ!!」


正しい遊び方



ローソンでコカコーラ社の500mlペットボトルを買うと貰える「コミックス背表紙フィギュア」の第二弾です♪
18号は早くも品切れの予感です。

タワレコに予約しに行こう♪

月曜日です。今日は18:30に仕事が終わりました。なんか最近、急に仕事が楽になったんですが、まさか、私ってば干されてる・・・!?いや、きっとお盆のせいでしょう・・・。

まぁ、それはさておき、せっかく早く終わったのでタワレコです。NU茶屋町です。タワレコインのせいで予約と取置を駆使しないといけないので手間がかかります…。
先週、残金不足で買えなかった「Sweet Vacation/pop saves the world!!」 の取置期間が19日までなので、タワレコインはもうもらえません。じゃあ予約取り消して新規購入…ってイベント参加券はもう終了とのことです。けっこう売れてるみたいですね。スイバケの購入は後回しにしてまずは・・・

8月26日「10/caligari」
8月26日「ゲシュタルト崩壊/Plastic Tree」
9月*3日「黒密典/Gargoyle」
9月*3日「Don't let you down/Ayuse Kozue」
9月*9日「メリーゴーランド/小島麻由美」
9月*9日「SLIPKNOT 10TH ANNIVERSARY EDITION/SLIPKNOT」

を予約です。続いて・・・

「ギフト・パック/PLACEBO」
「10th アニヴァーサリー・コレクターズ・エディション/PLACEBO」

を注文です。PLACEBOはともに通常盤を持ってるのですけど、最近特殊仕様があることを知りまして・・・。


備え付けの端末で予約票Aをプリントアウトして、サービスカウンターに渡しました(Gargoyleだけ検索できなかったので断念・・・)。予約票Aがそのまま予約票として使えればいいのですが、2枚複写の予約票Bに記入する必要があります。本来は客が予約票Bに記入するのですが、大量予約の場合は予約票Aを渡し、予約票Bの1枚だけに名前と連絡先を書けば、あとは店員が書いてくれるみたいです。多分こんな予約の仕方をする人は私くらいかもしれません。運悪く私の予約を受け付けるハメになった店員は大変でしょうねぇ…。

店員がひたすら予約票を書いてるのを眺めてると、いきなり店員がこれでもかってってほどの笑顔で話しかけてきました。

店「このプラシーボのギフトパックは在庫が有りそうですよ!今確認しますね♪」

と洋楽フロアに電話してます。
ちょ、今日買うとタワレコインが貰えないんすけど・・・

店「ありましたよ~♪今持ってきてもらいますね♪」
私「あ、す、すみません。できれば0の付く日、タワレコインのもらえる日に買いたいので、在庫あるならキャンセルで…」
店「でしたら、取り置きされますか?」
私「取り置きできるんですか?じゃあお願いしますっ」

店頭まで来てるのに取置ができるとは驚きですね。
この店員にならスイバケの取り置きの1日延長をお願いできるかも・・・

私「あのー、すみません、予約してて19日まで取置のアルバムがあるんですけど、20日に買ってタワレコインを貰いたいんですが可能でしょうか…?」
店「はい、大丈夫ですよ。30日までに変更させていただきますね」
私「ありがとうございます。さすがに今日買うとタワレコインはもらえないですよね?」
店「そーうですねぇ、やはり0の付く日になりますね♪」


わぉ、取置の延長がでけたヽ(´ー`)ノ


店員さんありがとー。
いっぱい予約票書かせちゃってごめんなさいです。

クラブ☆デビュー

サマソニ一人参戦を達成したわけですが、もう恐れるものはありません。次はクラブイベント一人参戦です。このほどメジャーデビューしたSAWAさんが出演するとあらば、行くしかないでしょう。

クラブでのライブは何度か見たことありますし、去年club JOULEで行われた「FRESH!」というイベント(昼間に開催)にも参加しましたが、今回のイベントは夜間に行われるので、正真正銘の本格的なクラブイベントです。クラブイベントは、だいたい22~23時に始まり、明け方に終了します。DJさんのプレェとアーティストのライブを交えつつ、朝まで踊り狂うらしいです。
場所は心斎橋のTRIANGLEです。MINAMI WHEELでAyuse KozueさんやMichiさんのライブを見たところですが、メインフロアの3階、吹き抜けの4階、VIPルームの5階の3層構造で、幅が狭く奥行きがあり、かなり狭いです。あそこで朝まで踊り狂うとか酸欠必死ですね・・・。

今夜のイベントは『Jazzin’park 「A DAY IN THE LIFE」×SAWA「I Can Fly」Release Party」』というタイトルで22時スタートです。仕事帰りに行くにはちょうどよい時間ですが、こんな日に限って18時終わり…。お盆だから書類が少ないんですよね。さすがにスーツでクラブはどうかと思うし、ワイシャツをクリーニングに出したかったので、いったん家に帰ったのですが・・・

 ク リ ー ニ ン グ 屋 さ ん 、 お 盆 休 み ・・・

そういえば、世間はお盆なんですね・・・。
週明けに着るワイシャツがないです・・・。

ということで、失意の中、心斎橋はアメ村のど真ん中にあるTRIANGLEに向かいました。


21時に心斎橋に到着です。いつ来ても危険な香りがプンプンする街ですね。22時まで三角公園でボケーッと過ごしました。今時の若者がいっぱいいます。テレビの中の世界でしかなかった大都会の繁華街のど真ん中にいるって不思議なもんです。 22時になりましたが、入口に全然人が集まりません。2、3人階段を登っていく人がいたので私もそれに続きました。2階の受付で当日入場の3,000円(前売りは2,500円、ともにドリンク込)を払い、3階のメインフロアに行きました。

 人 が 全 然 い ま せ ん ・・・

・開場までは場外にいっぱい
・開演まではステージ前にいっぱい
が、私の常識でしたが、さすがはクラブ、私の想像を超えています・・・。

壁にタイムテーブルが張られていました。

22:00~ TIKI
23:00~ KAZUYA MASUI
00:00~ かえる課長
01:00~ SAWA
01:20~ JAZZIN PARK featuring 多和田えみ
03:00~ HIROSHI NAKAMURA

となっています。フライヤーに記載されているメインイベントは00時以降のようです。だから少ないんですねーって、00時廻ってからみんなどうやって来るんでしょうか?その辺で時間潰してるんでしょうか?

 っ て 、 S A W A さ ん 2 0 分 か い っ !!


『タイムテーブル』の…
『01:00~ SAWA
 01:20~ JAZZIN PARK featuring 多和田えみ』
・・・ってよォ~~。

『01:20~ JAZZIN PARK featuring 多和田えみ』ってのは、
わかる・・・スゲーよくわかる。
『Jazzin’park 「A DAY IN THE LIFE」×SAWA「I Can Fly」Release Party」』の前半部分だからな・・・。

だが、『01:00~ SAWA』って部分はどういう事だああ~~~っ!?
『SAWA「I Can Fly」Release Party」』じゃねーのかよーーーーーッ!
ナメやがってこの時間配分、超イラつくぜェ~~~ッ!!
メインイベントとして掲げられているイベントの2つのうちの1つが、6時間あまりのイベント中の20分って1/18じゃねーか!!


まぁ、そんなことをいっても仕方がありません。


『クラブを体験する』
『SAWAさんを見る』
「両方」やるのが、「今夜の目的」ですからね。
覚悟はいいか?オレはできてる。


一人参戦で片身が狭いかと思いきや、けっこう一人が多いです。既に一人でトランス状態な人もいます。これは一人でもというかむしろ一人の方が過ごしやすそうなくらいの雰囲気です。ドリンクカウンターに行き、SKYY BLUEを注文しました。ライブハウスはZIMAが多いのですが、クラブはSKYY BLUEが多いですよね。こんな高級なアルコールはライブの時くらいしか飲めませんよねw
人も徐々に増えてきました。客層は20~30代中心で、男女比は7:3、男性の半数は一人で、女性の多くはカップリングです。スタッフもノリノリでかなり感じがいいです。見た目は怖そうな兄ちゃんや姉ちゃんもいますが「他人に迷惑をかけず楽しむ」っていう当たり前のことが当たり前に実践できてるところに感動しました。サマソニとか最悪でしたもんねぇ・・・。
当初は刺すか刺されるかみたいな場所を想像していましたが、全然余裕です。ただ、屋内なのに喫煙可ってゆーのが、嫌煙家としては辛いですけどね。

DJさんのプレェに適度に体を揺らしながら過ごしていましたが、私的には踊り狂うより、定位置で高速ヘッドバンキングの方が好きですね。しかし、軽快なトークを挟むわけでもなく、3人で3時間のぶっ続けのDJタイムはさすがにきついです…。いまだによく分からないのですが、DJさんの作業ってどの程度、音に反映されるんでしょうか?素人には音量と音程を調整してるだけに見えてしまいます・・・。


時間が押して、01:20にSAWAさん登場です。後ろから客が押し寄せるかと思いましたが、そこまで大変な事態にもなりませんでした。しかし・・・

「ここ行こうぜぇ~(笑)」

と私の前に割り込もうとした二人組がいました。メタル系ライブで鍛えたショルダーディフェンスで阻止しましたが、どこにでもいるんですね。他の人はすごいいい感じなのにこいつらだけには残念でした・・・。イントネーションから関東からの遠征組って感じですが、やれやれです。

SAWAさんは虎柄のTシャツ、ピンクのヒラヒラスカート、ヒールの厚いスニーカーという衣装ですが、いつぞやのAyuseさんとほとんど同じ衣装です。特に虎柄のTシャツは間違いなく同じものです。偶然なのか?TRIANGLEが提供してるのか?来阪アーティストの間で流行ってるのか?謎です・・・。


8/14 大阪TRIANGLE SET LIST

1.Stars
2.I CAN FLY
3.Sing It Back
4.My Sunny Days


って4曲かよっ!!歌ってる間、SAWAさんはクルクル廻っていました。客への煽り方もわきまえてますね。欲を言えば「Blue」も聴きたかったのですか、「Sing It Back」が聴けたので満足ですね。


さて、これからが勝負です。サイン獲得大作戦です。実はね、こういうイベントの場合、アーティストは案外普通にその辺にいるんですよ。しかしTRIANGLEは受付を含めると4階構造なので、どこにいるやらです。とりあえず受付へ・・・っていきなりいました!!何やら限りなく関係者っぽい人とお話ししています。それに割り込むわけにはいきません。取りあえず近くのラックに置かれているフライヤーを見る振りをしていると・・・

SAWA「(多和田さんの)ライブが始まったみたいなので(上に)行きますね」


3階へ登っていきます。決定的チャンスを逃してしまいました・・・。とりあえず3階ホールに行くと・・・いました!!後方のテーブルで関係者とお客さんと談笑しています。それに割り込むわけにはいきません。取りあえず様子を伺っていると・・・

SAWA「ではでは」

4階へ登っていきます。またしても決定的チャンスを逃してしまいました・・・。とりあえず4階ホールに行くと・・・いました!!後方のソファでDJさんとお客さんと談笑しています。それに割り込むわけにはいきません。取りあえず様子を伺っていると・・・

ドリンクカウンターに移動されました!!

これはチャンスです!
注文待ちの時間が私に与えられた唯一にして最大のチャンスでしょう!!

私「SAWAさん!!サインお願いしますっ!!(「I CAN FLY」のジャケとサインペンを差し出すっ!」)」

SAWA「はーい、いいですよ~♪」


ついに念願のSAWAさんの直筆サインキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
ってゆーか、お話しできちゃったー(≧∀≦)

以前Ayuseさんにもらった時は水性ペンという大失態をしてしまいましたが、あれ以来常備してる油性ペンがこれほど頼もしく思えたことはありません・・・。先週のPLACEBOに続き、今週も家宝が増えました♪


続きまして、多和田さんですが、デビュー時の面影が全然なくて驚きました・・・。ものすごくソウフルフルでパワフルです。


さて、宴は明け方まで続き、電車は始発を待つしかありません。そこで初めて漫画喫茶で仮眠をしちゃいました♪クッション、毛布、携帯充電器が無料貸出など素晴らしいサービスです。ただ、横の人のいびきがうるさ」すぎます・・・。とはいえ、さすがの私でもこればっかりは我慢せざる得ないなぁ~と思ったのですが、注意書きに「いびき禁止」って書いてます。禁止といわれても、自らの意思でどうにかなるわけでもないのに、ちょっとひどい気もします。でも、禁止になってるし、私の安眠を妨害されてるのは事実なので、店員に申し出るてみました。すると、隣の客は起こされ、注意されてました。なんか申し訳ないです。これでぐっすり・・・って、他にも叫び声が聞こえます。また、静かな声で交わされる小声での会話とか一番ムカつきます。でも、キリがないですよね・・・。しかしながら、幸いにも身体の疲れもあってか眠りにつくことができました。5時間パックで2,000円くらいでしたのでこれは使えますねぇ~♪


とまぁ、クラブデビューでしたが、確固たる目的があるなら、迷わず行くべきです。何も恐れることはありません。無理して誰かを誘うより一人で行った方が楽しめると思います。普通のライブより客のマナーがよいのでムカつくこともありませんし、何よりアーティストとの距離が限りなく近いってのは普通のライブでは体験できません♪

LA ROUX と書いて ラルー と読む、マヂお奨め。

奇跡的に18:45に仕事が終わりました。これなら19時開演のLIMP BIZKITの大阪公演を見に行け・・・ってちょっと無理ですね。場所は陸の孤島Zepp大阪ですし・・・。なんばHatchなら考えましたが、ZEEP大阪は無理です。それにサマソニ疲れと日ごろの激務で体力的にきついのでスルーしました…。とはいえ、せっかくそれなりに時間があるのでタワレコNU茶屋町に行ってみました。


Lady GAGAが大ブレイクしたわけですが、彼女はMステに出演し、私の母まで知ってるくらいです。昨年末から目を付けていた私としては嬉しいような寂しいような気分です。ちょっと前までは「Lady GAGA聴いてる」なんていえば、最先端って感じでしたが、今はむしろミーハーだと思われかねません。

そんなLady GAGAを猛追するのがLittle Boots。Lady GAGAは奇抜なファッションで魅せる部分もありますが、Little bootsは正統派って感じですよね。どちらも素敵です。現時点では「Lady GAGA聴いてる」より「Little Boots聴いてる」ってゆーのが、オサレな気もしますが、常に最先端の向こう側を抑えておきたいところです。

そこで本題に入りますが、お薦めしたいのが英国生まれで仏国発(←レーベルがフランスなのです)のLA ROUX(ラルー)です。THE TINGS TINGSみたいな男女2人組のユニットですが、業界ではLady GAGAやLittle Bootsに続くエレクトロポップの新星と煽られてます。確かに両者に通ずるものはありますが、なんかね、ロックなんです。髪型が…。いや、髪型とゆーか、雰囲気が…。
タワレコで配布しているbounceという無料冊子の表紙に掲載されていて、気になっていたのですが、国内盤が8月5日出たのです。こいつは来ます。来るといっても、Lady GAGAやLittle Bootsのように万人受けする大ブレイクするんじゃあなく、適度に来そうな予感です。

というわけでNU茶屋町の洋楽フロアに来ましたが、新譜コーナーにないではないですか!それどころかL行にもない!Lady GAGAやLittle Bootsの新譜は特設コーナーに陳列されてます。そこにちょこっと置いてくれててもいいじゃん・・・。同じL行だし・・・。どうしたタワレコバイヤーさん・・・!?

ということで、ダメ元でサービスカウンターで聞いてみました。「ラルー」といっても「はぁ?」といわれかねないので、近くにあったbounce持参です。


私「(bounceの広告を指差しながら)このアルバムの国内盤って入荷してないんですか?」
店「LA ROUXですね、こちらになります。」


さすが、タワレコ店員。たまにハズレもいますが、即答かつ即案内できる店員は尊敬します。で、連れていかれたのはエレクロやらハウスやらテクノやらが置かれてる場所で、そこにはLA ROUXの特設コーナーまでありました。うーん、確かにジャンル的にはそっちだけど、メインのポップ・ロックのところにあってもいいんじゃないかなと・・・。いや、敢えてLady GAGAやLittle Bootsと同列に扱わないってゆー方針なのかもしれません。確かに、私が望む「万人受けではなく知る人ぞ知る路線」ならばそれが正しいかもしれません。
で、肝心のアルバム「LA ROUXIN」ですが、素晴らしいです。特に4曲目の「Bulletproof」が神懸かってます。イントロはピコピコしてますが、そのへんのピコピコとは一線を画してます。そこにまくし立てるようなVocalが絡みあい、一種の恍惚感に浸れますね。ネットで試聴はできますが、こういう風に現物をタワレコで試聴するのが一番ですね。
しかし、残念ながら初回仕様やら特典はありません。だったら20日のタワレコイン配布日まで待ちましょう。EP「FOR THE KILL」の国内盤もありますし、筋肉少女帯の紙ジャケ第2弾と合わせて、タワレコインをがっつりゲットしちゃいましょう♪


とゆーわけで、これからは音楽の話になったら「LA ROUXINとか聴いてる」って答えるのがマジお奨め!きっと誰も話についてこれずに会話終了すること確実です!!で、そこで終了する奴なんかこっちからお断りですわぁ~って感じですよ、全く・・・(涙)

脱皮

何か鼻のあたりに違和感が・・・

触ってみるとペリッって剥がれました・・・

皮が・・・

紫外線から守るためにメラニンが集結した皮膚が・・・

ついに脱皮を始めやがりました・・・


これが学生なら全然問題ないですが、私ってば一応ビシネスマンじゃないですか・・・?100人くらいいるフロアで、一人鼻の頭の皮がベリベリ皮剥けてるんすよ?


 っ て か 、 誰 か 突 っ 込 め よ !


自宅に戻り、おでこと鼻の皮を剥いてみました。むやみに剥くのもよくありませんが、中途半端な醜態を晒すわけにもいきませんし、何より触るだけでポロポロ剥がれるんですもん・・・。いずれ全部剥けるわけだから、早いうちに再生準備に取りかかるべきでしょう。

とはいえ、皮を剥くとやっぱ痛い、ヒリヒリします。
しかもなんか微妙に残っててものすごく中途半端な状態です。

オロナインでも塗って寝ることにしましょう・・・。

お金がないっ!

ってゆータイトルのドラマが昔ありましたが、まさか、私の身にこんなことが起こるとは・・・。

サマソニ焼けで、顔と腕が真っ黒というか真っ赤です。
出張明けでもあるので、


A「えりる君、えらい焼けたなぁー」
B「えりるさん、出張行かずにバカンスですかぁー?(笑)」
私「いやいや、実はサマソニ焼けなんですよ~」
C「サマソニ?」
私「フェスですよー、舞洲で~略」


みたいな展開を期待していたのですが・・・、


 誰 一 人 突 っ 込 ん で く れ ま せ ん ・・・


派遣のおねーさんと別部署のフィッシュタンカー(←BUCK-TICKのファンの呼び名)さんにかろうじて突っ込んで頂けたのが救いです…。


さて、今日も今日とて、21時まで仕事をやっとりました。今日は10日なので、タワレコインの配布日です。取り置きしていたSWEET VACATIONのアルバムを買って、タワレコインを貰いましょう・・・って、


 財 布 に 現 金 が 入 っ て な い      


ことに気付きました。出張→サマソニ参戦と過密スケジュールでお金を下ろす暇がなかったのです。「仕方ない、夜間手数料くらいくれてやりましょう」ってことでセブンイレブンに行きました。


 お 取 り 扱 い で き ま せ ん 


え、もしかして、21時以降は下ろせないの・・・?
続いてローソンに行きました。


 お 取 り 扱 い で き ま せ ん 


いやね、セブンイレブンの時点で気付いてましたよ。
21時以降、取り扱いできないって・・・。

どうしましょう?どうにもなりません・・・。
もがくことすらできない絶望的な状況です。

次のタワレコインの配布日は20日ですが、予約したCDの取置期限が19日までなんですよね・・・。


・スイバケのアルバム(初回特典のポスター付)を買う
・タワレコインも手に入れる

両方やるのは・・・もう無理です。
覚悟はいいか?ええ、諦めます。

SUMMER SONIC 09 大阪3日目

サマソニ3日目です。思った以上に身体へのダメージがあります。日焼け、筋肉痛…。特に歩数は3万歩を越えており、何ヶ所かにはマメが…。しかし、今日も行かねばです。PLACEBOのサインを手に入れなければです。でも・・・

 寝 れ ま せ ん 。

このまま一睡もせず行くのも一つの方法ですが、下手すれば死んでしまう可能性があるので、頑張って眠りました。最後の記憶は5時、時計を見ると8時…

 う ー ん 、 も う 無 理 か も し れ ま せ ん 。

しかし、とりあえず身支度して、時間がもったいないので、朝ご飯を抜き、靴下は止めてサンダルにしました。いざ、出発…って、

 雨 ま で 降 っ て や が り ま す 。

まぁ、暑くなくていいかな・・・って感じです。


会場には9:10着です。雨がきついです。とりあえず、オアシス最奥のサイン会場へ直行しましたが…

ス「Tom Tom Club以外は終了です」

やっぱり無理でしたか…。昨日ほどの絶望感はありませんでしたが、仕方ないです。PARAMOREもPLACEBOもそれだけ人気バンドってことですからね。


日替わりの邦楽アーティストの物販を見に行きました。B'zは物販なし、Kyleeはライブ終了後販売とのことですが、なんでそんなことをするのか意味が分かりません。


ソニックステージ(10:00~)のオープニングアクトのKyleeを見に行きました。インディーズなのにオープニングアクトとはやはり事務所の力なんでしょうか?アメリカ在住で活動は日本ってのはBECCAみたいですね。
雨天のためかかなりの人です。みんな2階で休んでるだけかと思いきや、アリーナにもけっこう人がいます。昨日のステレオポニーより知名度は低いはずなのに、いったいなぜ?

素人カメラマンは2人いましたが、もう注意はやめました。犯罪者ばかりのサマソニでは正しいことが非難されちゃいますからね…。定刻にKyleeさん登場です。

「15歳になりましたー」

って、どんだけ大人っぽいんだよと…。とはいえ、顔にはやはり幼さがありますね。デビュー当時のゴマキみたいな感じでしょうか…。
バックバンドもかっこよかったです。バンマスと思われるベーシストのダイナミックな演奏、エモーショナルなプレイを披露したメガネッシュなギタリスト、短めストラップでテクニカルなアシメヘアのギタリスト、ドラムは…Kyleeさんに隠れてあまり見えませんでした…。
ちょっと声が出てなかった気もしますが、15歳でこのライブパフォーマンスはすごいと思います。末恐ろしいですね…。MCは英語と日本語混ぜてましたが、どっちも流暢でしたね。
ライブ終了後、物販に向かいKyleeさんのステッカーを購入しました。サイン会を少し期待しましたがなかったですね(昨日、少年ナイフが物販ブースでサイン会したらしいです)。
物販では一列に並ぶことになってるのに、私の前に列から外れた位置に立っている二人組がいました。一人は携帯で通話中だし、てっきり順番待ちではないと思い、

私「すみません、並んでるんですか?」
男「(真顔で)な、並んでます!」

私の日本語は通じみたいですが、アナウンスの「一列に並んで下さい」の意味は分からなかったみたいですね。もっと日本語を勉強してほしいと思いました。


オーシャンステージ(11:30~)でHOLLYWOOD UNDEADを見に行きました。オーシャンステージは雨が強くなってきて、合羽が必須な状況でした。
彼等は覆面ミクスチャーロックバンドですが、どう見てもスリッXXXXの二番煎じにしか見えません・・・。しかも衣装は軽装ですし、覆面も非常に簡易なものです。音楽的には、ものすごく分かりやすくいえば、見た目がSlipknot、楽曲がLINPBIZKIT、全体的にLINKINPARKって感じでしょうか。2ボーカル+2ボーカル・ギター+キボード+パーカッションという構成です。敢えて覆面の力を借りずとも十分な実力派バンドだと思うんですけどねぇ・・・。
知名度は低いと思いきや、オーシャンステージは大盛況です。私はタワレコで偶然見かけて知ったのですが、みんなどこで知るんでしょうか?
演奏中、メンバーは次々に覆面を取ってましたが、覆面にそこまで強い意匠が込められているわけではないんですかね?新作では是非覆面を取って挑んでいただきたいです。

素人カメラマンもいっぱいいました。
素敵な画像がいっぱい取れたかな?

ステージでは禁止である傘をさして振りまくる彼氏とステージを一生懸命撮影しているカップルもいました。ロックな彼氏と健気な彼女でとてもお似合いで、ステキなカップルですよね。きっといい思い出になったでしょう。


PLACEBOのサイン会です。昨日と同じくサインは絶望的ですが、一応見に行きました。整理券ある方が並んでます。一応数えてみました。

1、2、3・・・30・・・あれ、まだいる・・・。
34、35、36人・・・。36人もいます。

もしかして奇跡の追加発動かと思いスタッフに確認してみました。

私「36人並んでいますが、整理券なくてもOKなんですか?」
ス「ダメです」
私「整理券は30枚ですよね?なんで36人並んでるんですか?」
ス「整理券は確認します。」
私「じゃあ、勝手に並んでるだけですか?混乱を避けるためにきちんと整理するべきでは?」

スタッフは露骨に嫌な顔をしながらも、チェックを開始し、数人が列から離れていきました。定刻にメンバー登場です。ブライアンさんが美し過ぎます。後方では外国人素人カメラマンが撮影しようとして、スタッフに制止され、「FXXK」を連発してました。珍しくスタッフが仕事してますが、スタッフの裁量がよく分かりません・・・。どういう時なら動いてくれて、どういう時なら見て見ぬ振りなんでしょうか?

定員30名が終わったあと、何やらメンバー、マネージャー、スタッフが話をしています…。まさか、まさか…


 サ イ ン 会 追 加 決 定キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


生きててよかった・・・。

ブライアンにサインを貰って握手
ステファンさんにサインを貰って握手

手が震えてしまいます・・・

新メンバーのスティーブさんに至ってはサインのあと

S「I LOVE YOU!」
私「Yeah、me too!!」

そしてがっちり握手です。

感激です。
私の持ってる「ジャケに直筆系」のサインの中では最高峰かもしれません・・・。


ソニックステージ(13:10~)にLittle Bootsを見に行きました。ちなみに横のダンスステージのthe telephonesには入場規制がかかってました。以前、タワレコ渋谷店のインストアイベントも入場規制がかかってましたし、すごい人気ですね。

で、Little Bootsですが、青色のラメのキラキラしたドレスをまとい、セレブリティって感じでした。なんかマドンナみたいでしたね。同時期にLady GAGAという強力なライバルが登場していますが、いい感じで次世代が育ってますね。

屋内ステージでも、もちろん素人カメラマンは大活躍です。暗い室内に携帯の液晶画面がキラキラ輝き、とてもキレイでした。スタッフにつまみ出される危険を省みず、フロアを盛り上げるために身体を張ってくれる素人カメラマンってすごいですね。スタッフは職務怠…じゃなくて空気読んでくれてるので注意はしないみたいです。


スカイステージ(14:40~)でEGO-WRAPPIN'を見たいところですが、オーシャンステージ(15:05~)のPLACEBOを見るためにEGO-WRAPPIN'は断念です・・・。けっきょくスカイステージとダンスステージは行けなかったですね。
オーシャンステージですが、入場規制がかかりそうなくらいにめちゃくちゃ人がいます。PLACEBOの前のThe All-American Rejectsが演奏していますが、こんなに集客できるはずはないでしょうし、PLACEBOでもこんなに集客はできないだろうと不思議に思っていましたが、Tシャツや聞こえてくる会話からどうやら18:05~からのB'z目当ての客が大半のようです。きっとこの時間から陣取ってないと見えないんでしょうね。

The All-American Rejectsの演奏が終わり、ステージ背後には黒色のゴシック体でPLACEABOとだけ書かれた白い幕が掲げられました。シンプルながらも圧倒的な存在感です。もちろん、数え切れないほどの素人カメラマンが撮影してます・・・。

比較的前方にいたのですが、周囲は中学生やおじさん・おばさんのB'zファンに囲まれてるっぽいです・・・。周囲がB'zファンだろうと、構いません。私は腕を振り上げ、PLACEBOの登場を待ちます・・・。

で、メンバー登場━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

まずは最新Album『BATTLE FOR THE SUN』の1曲目「Kitty Litter」です。妖艶なイントロが小雨のパラつくオーシャンステージに響きます・・・。途中の手拍子の部分は、PLACEBOファンもそれ以外の方も一緒になってパチパチやってたと思います。すごい一体感で感動的でした。
きっと次はAlbumの収録順通り『Cenicero、cenisero』の掛け声とともにAlbumの2曲目「Ashtray Heart」が演奏されるかと思いきや・・・

Vocalのブライアンさんが倒れてしまいました・・・。

あまり状況が掴めず、事態が把握できませんでしたが、ブライアンさんがステージ上で倒れてしまっています。まさかの事態です。客席からは悲鳴に近い声もがあがっています・・・。ブライアンさんはスタッフやメンバーに担がれて、いったんバックステージへ・・・。オーシャンステージには音楽が流され、悲鳴は絶叫に変わり、ちょっと重苦しい空気になってきました。雨も強くなってきました・・・。

ス「ブライアンが頭痛のため、倒れてしまいましたが、回復しだいパフォーマンスを再開させていただきます。」

客席からは安堵のため息が聞こえましたが、頭痛って・・・。
頭痛が原因であると本人が発言できる状況なんでしょうか・・・。

数分後、ドラムのスティーブさんが現れ、客席からは大歓声があがりました。でも、ブライアンさんの姿がありません・・・。これはもしかして・・・。

スティーブンさんが英語でコメントを発表していました。あまりよく聞き取れませんでしたが「NEXT TIME~」といってました。客席は大歓声ですけど、これって・・・。

その後、スタッフから正式なアナウンスがありました。

ス「ブライアンが頭痛のため復帰できず、今回のパフォーマンスはこれで中止となります。しかし、必ずまた日本に来るといっておりました。」※正確ではないと思いますが、内容的にはあってるはずです。

私はスティーブンさんのコメントの時に覚悟がある程度できていたのですが、正式にアナウンスされるとキツイですね・・・。会場からは悲鳴やら絶叫やらが聞こえます・・・。
さっきから本人が喋れる状況なのかどうか分かりませんが、スタッフの言葉を信じるしかないですね・・・。

落胆して会場を後にするPLACEBOファンですが、B'zファンの多くが最前目掛けて突入してくるので、なかなか退場ができません・・・。場所はいくらでも譲りますが、状況が状況だけにもうちょっと配慮して欲しかったです・・・。


さて、残すはオーシャンステージ(18:05~)のB'zと本日のヘッドライナーであるり同じくオーシャンステージ (19:45~)のLINKIN PARKです。
しかし、今の時刻は15:30くらいで、かなり時間が空きます。ソニックステージで休むのも一つの方法ですが、ブライアンさんの件があり、どうも楽しむ余裕がありません。それに明日は仕事です。出張・サマソニで肉体的にも精神的にちょっときついものがあります。それに昨日でさえ、自宅に着くと23:30だったので、昨日のマイケミより開演が10分遅いLINKIN PARKを見ると、最終日の混雑と併せて、ヘタすると帰れない可能性が出てきます。それに演奏中の会場も大変な状態になるでしょう。

そもそもLINKIPARKを見るために・・・
一人参加を決めたサマソニ3日目ですが・・・
ここは・・・


    帰  る


という選択をしました。
LINKINPARKもPLACEBOも単独での来日公演を期待します・・・。


いろんなことがあったサマソニでしたが、どうやら私には合わないですね・・・。いろんなジャンルのアーティストが集まるので、それ以上に多くの人が集まります。極端な例を挙げれば、盗撮が横行する状況で私はライブを楽しむことができません。それを見過ごせるようになれば楽しめるのかもしれませんが、それって変ですよね?でも、どうやら、正しいことは多数決で書き消される世界のようです。

今は黒夢の解散復活ライブの時と同じような気持ちです。
最高でも最悪でもないっていうかうまく言い表すことができません・・・。
そして、私の音楽人生の2つ目のピークになったことは間違いないですね。

SUMMER SONIC 09 大阪2日目

平日と同じ6:45起床です。やればできる子です。速攻で支度してParamoreのサイン会先着30名に並ばねばですが、二度寝やらで7:45出発です。開場9:30なので十分間に合いますが、サイン会の整理券(先着30名)は開場と同時に配布なのです。どんなに早起きしても徹夜組には勝てないですけど、サイン会の参加条件は整理券かつグッズ購入なので、比較的ライト層(←特定のアーティストに固執していない)が多いフェスの参加者の中で、別途金払って(場合によってはCDの重複購入)までしてサインを求めるコアなファンがどれくらいいるでしょう?きっとそんなにいないよね?と希望的観測。これが後に悲劇を招くとは・・・・


サマソニの大阪会場は舞洲(←マイシマってまず読めない)、ユニバーサルシティの次の桜島駅が最寄り駅です。電車の中はサマソニっぽい人達とユニバっぽい家族連れやカップルに大別できますね。ユニバーサルシティ駅を越え、車内にはサマソニ参加者が残りましたが、案外みなさん普通ですね。メタル系なら一目でそれと分かるのですが…。JRではPiTaPaが使えなかったり(ICOCA?)、乗り換えが2回あったり、座ってると家族連れが来たので席を譲ったのに座りやがらなかったりといろいろありましたが、8:55に桜島駅に到着しました。駅を降りてシャトルバスで会場まで移動です。バスを降りて、チケットとリストバンドを交換します。会場まではけっこう歩きます。

会場に到着し、必死に整理券配布場所に向かいましたが、場所が非常に分かりづらく、スタッフに聞くも、たらい回しにされ、整理券配布場所に付いたのは9:30です。開場時刻なのに客が誰もいないとゆーか、とっくに開場してますよね…。

私「整理券ありますか?」
ス「ありますよ」
私「Paramoreなんですが…」
ス「終了ですね」
私「開場は9:30では?」
ス「8:30ですね」
私「どれくらいで終了しました?」
ス「20分くらいですね。」

うーん、チケットやサイトには開場9:30って書いてるのに…。かなりやる気が失せました。もう帰ろうってくらいに…。でも、過去には整理券なしでももらえた例があったらしいし、東京公演では定員の30名を越えた人数にもサインしたらしいので、ちょっとだけ期待してみましょう。


ちょっとテンション下がりましたが、とりあえず、ソニックステージ(10:00~)のステレオポニーを見に行くことにしました。オープニングアクトの扱いなんで、事務所のプッシュなんでしょうか?ちなみに


スカイステージ    オアシス2
------------------------------------------------------
       道 路
------------------------------------------------------     
オーシャンステージ  ダンスステージとソニックステージ
パークステージ ガーデンステージ オアシス1


って感じで、ソニックステージとダンスステージは屋内なので、冷房が効いてるので涼みに行く人も多いのです。
さて、ステレオポニーですが、YUIやらSCANDALやらチャットモンチーやらと比較されることも多いですが、なかなかよい感じですね。ボーカルさんが最初に一礼したのが印象的でした。客はほぼ棒立ちでしたが、いいライブだったと思います。今度見るときは場内を沸かせるバンドに成長していてほしいですね。


次はパークステージ(11:00~)でDAIGOさん率いるBREAKERZです。個人的にはあまり好きではなかったのですが、会場は満員でかなり盛り上がってますし、スーパースターって感じでした。ライブパフォーマンスも氷室さんのステージングを彷彿とさせ、かっこよかったですね。


次はガーデンステージ(11:30~)で こやぶかずとよ さん です。どうやらあの こやぶかずとよ さん みたいです。ガーデンステージの看板には名前がないのですが、リストバンド交換時にもらったタイムテーブルには名前があります。

私「看板に こやぶかずとよ さん の名前がないんですが、出るんですか?」
ス「なければ出ないです。」
私「じゃあこのタイムテーブルが間違ってるんですか?」
ス「お、お待ちください。」

ス「出ます。」

バイトとはいえ、あまりにも適当過ぎますね。

「ビッグポルノ」という下ネタ中心のヒップホップユニットを小藪さん、レイザーラモンHGさん、レイザーラモンRGさんの3人で結成しているんだそうです。しかし、HGさんは怪我のため欠席で、代わりに今別府さんが参加していました。最前で見ることができましたし、会場は盛り上がってましたし、間近で小藪さんが見れて感激でしたが、内容はイマイチでした…。ちょっと下ネタが安易過ぎますね。


次はParamoreのサイン会(12:30~)です。サインしてもらうものは会場購入のもの限定らしいので、その確認方法についてスタッフに聞いてみました。

私「サインしてもらうものは会場購入のものに限るとのことですが、レシートとかがいるんですか?」
ス「う~ん、現実的にそこまでは確認できないので、持ち込みのものでも多分大丈夫ですねぇ…」

なんてずさんな管理でしょう…。とりあえずダメ元で2枚目の「RIOT」を購入してサイン会のブースに向かいました。
整理券持ちの人がどんどん並びます。整理券の存在を知らない人が突入して絶望の表情で帰っていきます…。私と同じくあわよくば…ってのを狙ってる人もけっこいますね。
定刻にメンバーが登場しサイン会が開始されましたが、整理券を持ってない人が暴動を起こしかねない状況でした。結局、整理券持ちの30人限定で終了…。この様子だと、おそらく、もう二度と、少なくともその場で直筆サインを書いてもらうことはないでしょう…。
でも、まぁいつぞやのAVENGED SEVENFOLDの時みたいに僅差で逃したのならともかく、今回はどうやら40分遅れだったようですし、他にも大勢同じ思いをしてる人もいるようなので、諦めるしかありませんね。


サインを得られなかった私は失意の中、パークステージ(13:25~)でリンドバーグ、オーシャンステージ(13:45~)でDragon Ashを見たり各所を回っておりました・・・。

Dragon Ashの次がParamore(15:05~)なので、Dragon Ash終了後の入れ替えの時に、かなり前方に陣取ることができました♪これが後に悲劇を招くとは・・・。


A「(前方から)おーい、こっちこっち(笑)」
私「呼ぶくらいならあなたが下がればどうですか?」
A「…」

B「(後方から)すみませーん」
私「お連れの方に下がってもらっては?」
B「いや、場所取ってもらってるし…」
その後、割り込まれました。

C:携帯で撮影
私「撮影禁止ですよね」
C:やめる
スタッフがいたので
私「この人、撮影してましたよ」
スタッフ:見て見ぬ振り・・・
C「お前さっきからうざい。撮影は謝る。けど画像保存してないやん、何いよんな(←原文ママ「意味:何をいってるんだよ」)、XXX(←放送禁止用語)!!」

D(外国人):カメラで動画撮影
私:指で指摘するも無視られる
私:スタッフに手で『こいつ録画してる』と訴えるも目を背けられる
私:カメラを掴んで指摘
D:ヒステリックにわめき散らす
私:周囲に『こいつ盗撮してますよ』とアピールするも、なんか私に対して『空気読め』みたいな雰囲気です…。

もうライブを楽しめる状況じゃないので、私が退場しました。はぁ…、もう嫌になってしまいます。サマソニに来る人ってこんな人ばっかりなんですか?

その後はオーシャンステージ後方で座って聴いてました。一番楽しみにしていた「crushcrushcrush」を遠くからモニター越しに見ていましたが、頭がcrushしてる人が多過ぎです・・・。もうサマソニなんて二度と来ない…って明日はKyleeとHOLLYWOODUNDEADとPLACEABOとLINKINPARK目当てに来ざるえないわけですけどね…。


サインは貰えないはライブで散々な目に遭うわで、またいろんなところを放浪していました。


オーシャンステージ(17:55~)にNine Inch Nails登場です。これぞインダストリアルロックって感じです。しかしね、やはりここでも撮影してる人がいました。指差し指摘で未遂で終わらせましたが、なんか、ほんとごく普通の人なんですよ・・・。Paramoreを盗撮してた人達は(見た目で判断してはいけませんが)如何にもって感じだったのに…。もう日本人(在住外国人含む)の音楽に対するモラルは崩壊ですね。

・みんなやってる
・海外では普通
・撮影禁止は建前
・暗黙の了解

とかいう人もいるでしょう。しかし、目の前で「やっちゃいけないこと」をされるとライブに集中できないんです・・・。私の楽しみを奪わないで下さい。少なくとも表向きは禁止されてることならば、注意されたらやめて下さい。


オーシャンステージ(19:35~)のトリを飾るのは、本日のヘッドライナー、マイケミことMy Chemical Romanceです。登場と同時にまた私の前で盗撮です。こんなに遭遇するってことはほとんどの人が盗撮してるんでしょうか?何人か指差し指摘で未遂に終わらせましたが、捌ききれません。前方だろうが後方だろうが一緒ですね。もう頼むから私の前で悪いことしないで下さい…。

ヘッドライナーだけあって、オーシャンステージは大盛況です。
小雨が降るなどいい感じです。

かっこいい…

今日の嫌なことを忘れさせるくらい素晴らしいパフォーマンスです。
「トキオー!!」と叫び、すぐに「オ、オオサカ!」といいなおしてましたね。
「BLACK PARADE」の火花の演出が素晴らしかったです…って、早速目の前で撮影大会です…。もうね、台無しです。指差し指摘でなんとか未遂に終わらせましたが、かなりムカつかれたようです。こっちの方がムカついてんだよと…。こいつが視界に入るのがうざいので場所移動しました。
最後、終了と思わせ、ジェラルドさんが客席中央に設けられた通路で歌い出しました。

素敵…

って、帰りかけた客が携帯を撮影モードにして、戻ってきて撮影大会です。もう言葉も出ません。みんな何しに来たんですか?さすがに注意はもうできませんでした…。

で、最後の最後にずっと待ってた・・・

「HELENA」キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

もうね、涙が出ました…

ソォーロォーング~
セィグッナァ~イ

嫌なことが多すぎましたが、これで帳消しにしときましょう…。

SUMMER SONIC 09 大阪1日目

私は明日からサマソニ大阪に参戦するわけですが、どうやら私のサマソニはすでに今日から始まっていたようです・・・。


今朝、私、目を覚ましますと、携帯に新着メールが1通届いておりました。おやおやこんな時間に誰だろう思い、メールをチェックし終えると、これは一大時ということで、お布団の外に飛び出しました(←鳥肌実風に読んで下さい)。


 「 ご め ん 、 明 日 行 け な く な っ た … 」


行けなくなった? 何に?
明日? サマソニ?

そっかー、じゃあまた今度…って、マヂですか!!

さすがに、野外フェスの一人参戦はキツいので『チケ代は私が負担する』という条件で県外のお友達を誘っていたのに…。しかし理由はどうあれ、仕方ありません。しかし、二日目の二人参戦あっての三日目の一人参戦になるはずだったのに、両日とも一人参戦になるとは…。
まぁ、そもそも最初から断られてたら、サマソニをスルーするつもりだったので、ドタキャンされたものの「サマソニ参加」のきっかけを作ってくれたので、むしろ感謝です。


べ、べつに周りの視線とか気にならないんだからねっ!
む、むしろ自由に廻れるから満喫できるし…!


まぁ、仮に突っ込まれても(←誰に?)


べ、別に友達がいないわけぢゃないんだからねっ!
き、急用が入ったみたいでドタキャンされただけなんだからね・・・!

と、言い訳できますしね。


以前、今年の1月末に行われた「黒夢復活解散ライブ」が私の音楽人生における1つの頂点とか書いちゃいましたが、早くも2つ目の頂点になりそうです♪

ちょっとがんばってみた

なんとか徳島出身者全員を探し出し、「徳島出身者の懇親会やろーぜ」と声をかけてみますが、若手が多く「どっちでもいいです」「自分らで適当に飲みますし…」と全体的にノリはよくないです…。はい、君達の気持ちはよく分かります。私だってしたくないです。でも、同じ徳島出身者ですよ?ここはやらなきゃあいけないのです。こうやって私も諸先輩方に教えられてきたのですから…。


というわけで、徳島出身者に頑張って声をかけた結果、私を含め7人中5人の参加が確定しました♪私ってばやればできる子ですね。そして本日19時より徳島出身者による懇親会を近くの居酒屋さんで開くことになりました。

さて、内容ですが、一人ぼっち状態になったり、空のグラスで飲んだ振りをすることはないものの…


 沈 黙 多 過 ぎ


飲み会の沈黙ほど苦しいものはありません…。まぁ、主催者が私ですし、職場も違うので、仕方ないですよね…。とはいえ、盛り上がる部分はありましたし、少しは懇親できたんぢゃないでしょうか?


会計は15,000円弱だったので、割り勘は端数が面倒だし、私がスパーンと全額出してもよかったのですが、持ち合わせが足りなかったので、樋口一葉程度という中途半端な支払いになりました…。あとの1万は人数割りです。

大阪から逃げてきました…

はい、ついに大阪から脱出しました…。昨日仕事でメチャクチャ怒られたので何もかもが嫌になって…







ってのは半分冗談で、金曜日まで東京出張です。来週のことを考えると気が重いのですが、週末はサマソニだし、刹那的に生きてみようと思います。

出張といっても研修会への参加なので、すごく楽です。17時に終わるとかなんか申し訳ないくらいです。

朝9時の新幹線で東京へ向かいました。乗り換えやら移動やらで12:35に到着です。けっこうかかかりますね…。

さて、研修会といえば、見知らぬ人が集まり、ともに学び、酒を交わし、仲良くなったりするわけですが、こういった一期一会的な場はほんと苦手です。お酒も好きだし、喋るのも大好きですし、むしろ語らせてくれって感じですが、私ってば、社交性が限りなくゼロに近いじゃないですか?こういう場では騒げないんですよね…。


で、今回予想されるのは…

1.同じ職場から来てる人達との懇親会
2.徳島出身者達との懇親会

の2つです。

1に関しては、同じ職場とはいえ、部署が違うので、全然知らない人達ばっかです。
1人だけかろうじて知ってる人がいるのですが、「お疲れ様です」と勇気を出して声を掛けたのに無視られました。まぁ聞こえなかっただけなのかもしれませんが…。
横に座った人(←座席指定のため横は必ず同じ職場の人)にこちらから「お疲れ様さまですっ!」、向こうも「あ、お疲れ様です」。その後会話が続きません…。これ以上私にどうしろと???

2に関しては、今回の徳島出身者とはあまり面識がありません。じゃあ懇親会も開かれないだろう…って、なんと私が一番年長者じゃないですか!!こういう時はやはり年長者がなんらかの行動を起こさないといけないですよね?しかし、頑張ったところで、出席率低そうだし、開催されても、1人だけ大阪勤務の私が話についていけないこと必須です!自分の首を絞めるだけの可能性大なのに、変なところで義務感と使命感を燃やし、日程調整真っ最中です。
べ、べつに2が決まれば(むしろ決まらなくても)、それを理由に1を断ることにしようとか思ってるわけぢゃないですからね!?

ラーメン屋と電車内にて

夜ご飯を某ラーメン屋さんに食べに行きました。猫舌の私はラーメンを食べに行くことはほとんどないのですが、夏季限定の「冷やしつけ麺」は食べれますからね。

券売機で食券を購入するのですが、あいにく万札しかありません。店員に両替を頼んだのですが、私の後ろに人が2人並んでしまいました。


1.そのまま居座る
2.プレッシャーに耐えられず、その場を離れる


もちろん、小心者の私は2を選びました。なんか納得いきません・・・。
しかし、先に食券を買った2人は狭いギュウギュウのカウンターに案内され、私は客の誰もいない広いカウンターに案内されました。待った甲斐がありました・・・ってのも束の間、横に次の客が座りました。


l客 空 客 私l ←4人掛けのカウンターです。


2人なのに3つ分の席を広々と使いやがってます。
デカい声で話してるし、これでは食が進みません・・・。

見かねた店員が

店「すみません、お二人でしたら、詰めてお座り願えますか?」
客「んあ?連れがもうひとり来るねんぁー」

今いなきゃ席を占領すんなやヴォケって感じですが、しばらくすると、連れがやってきました。


l客 客 客私l


なんかメチャクチャ圧迫されてるんですけど?

喋り声は我慢しましょう。
ラーメンをすする音も我慢しましょう。
3人連れで騒がれても我慢しましょう。
ビールを飲んでも我慢しましょう。

ですが、私の空間が圧迫されることだけは許せません。

とはいえ、こんなところで争うわけにもいきませんので、店員に事情を説明して他の席に移動しようと思いました。こんな状況では食が進みませんからね。しかし、あいにく満員です・・・。テーブル席が空きましたが、一人でテーブル席に移動するわけにもいきません(普通は止められる)。仕方なく、冷やしつけ麺には箸をつけず、困惑した顔でキョロキョロしていたら・・・


店「もし、よろしかったら、テーブル席に移動されますか?」


 ひ ょ っ と し て 読 心 術 で す か ?


って、くらいに私の心の中を店員さんが読み取ってくれたようです。
おかげで快適につけ麺をいただくことが出来ました♪




って内容で終わればいい日記なんですけど、その後、少々ムカつくことがありました。

電車の中で眼鏡をかけたゲーマー風の男が携帯電話で通話していました。よくある話ですけど、なんか急にムカついてしまいました。だいた電車の中で通話する意味が分かりません。その会話はそこまで大事なものなんでしょうか?もしそれだけ大事なものであるのであれば、私が電車で揺られる数分間も限りなく大事な時間です。それを邪魔することは許されません。みんな一日仕事に疲れてクタクタになって電車に乗ってるのに、こいつだけはゲラゲラ笑いながら調子にのって会話を続けてるわけですよ?そして、きっと「誰も注意なんざしねぇや」っていい気になってるんでしょうね。


 そ れ で は 私 が 一 蹴 し て や り ま し ょ う 。


そいつの肩を叩き、ひさびさにいってやりましたよ。


私「すみません、通話やめていただけますか?」


私は何一つ間違えたことはしていません。正義感を振りかざしてるわけでも、いいことしようとも思ってません。自分にとって、不快なものを排除してるだけですからね。これで発狂した眼鏡が隠し持ってるナイフで刺してこようとも、この程度なら多分勝てます。

で、その眼鏡が謝るのならば、大団円ですが・・・


眼「うん、うん、なんか、『通話するな』とかいわれちゃったよー」


なんだろう、この虚しさは・・・。

結果として、通話を終了させることはできたし、ナイフで刺されることもありませんでしたが、なんか限りなく虚しくなってしまいました。いうだけ無駄なんでしょうか?少しでも悪いと思っているなら、何らかの反応を示すと思うのですが、今回の反応には呆れてしまいました。悪意のない悪行ほど手に負えないものはないですよね。

笑いの学園祭 ~これでいいのか?~

筋肉少女帯の紙ジャケ再発第二弾(8月19日)、第三弾(9月16日)の予約をするために、ついにおそらく初となる三日連続タワレコに行ってきました。来週が出張とはいえ、出張後に予約にいけばいいのですが、8月5日発売の「Sweet Vacation/pop saves the world!!」 と「M/elody/辻詩音」の予約(取置依頼)もする必要がありますからね。
また、出張後の8月8日(土)にサマソニに行くので、moumoonのインストアライブに行けないわけですが、後輩に頼んでみたら代わりにポストカードを貰いに行ってくれるとのことなので、タワレコへの道案内とお礼に夜ご飯でもご馳走してあげようということです。

後輩と梅田で合流し、いざNU茶屋町へ。

今日は→Pia-no-jaC←のインストアライブがあるということで、かなりの人がいます。monobrightの時と同じくらいいますね。200人くらいいるでしょうか?ステージが全然見えませんでした・・・。ピアノとパーカッションによるダイナミックな演奏が斬新です。インストなのにこれだけ多くの人を集められるってすごいですね。サイン会もあるので、思わず購入しそうになりましたが、後輩を待たせるわけにもいかないのでスルーしました。
その後輩ですが、私がサービスカウンターで大量の予約をしている間、何やら手に入れたようです。

後輩「えりるさん!こんなものもらいましたよ!」

→Pia-no-jaC←の名刺?です。透明のプラスティック製で、ロゴとURLが印刷されてます。おぉ、すげぇ、思わぬお宝?を手に入れました♪ こいつ、なかなか使えますね。


その後、HEP FIVEに行ったのですが、HEP HOLLで「笑いの学園祭」という天才バカボンのイベントが開催されているようです。入場無料だし、せっかくなので見に行きました。なかなか面白いイベントですが、去年やってた探偵ナイトスクープ展同様、展示物の内容説明を全て読むくらい満喫するには一人で行かないと無理ですね。
出口では物販がありました。こういう時は記念に何か買うようにしているのですが、店員のノリがよさそうなので、ちょっとお薦め商品を聞いてみました。

私「お薦め商品ありますか?」
店「これなんかどうですー?(イラスト入り靴下)」
私「ハジメちゃんの柄はありますか?」
店「ありますよー。(と、靴下を見せてくれる)」


 ど う 見 て も バ カ ボ ン で す !


私「あ、それ・・・バカボンですよ?」
店「え、これがバカボンですよ?(と、別の靴下を見せてくれる)」


 ど う 見 て も バ カ ボ ン の パ パ で す !


私「これがバカボンで、こっちがバカボンのパパですよ~」
店「え・・・、そ、そうなんですかぁ~!?」

うーん、バカボンとバカボンのパパを混同するというありそうでお目に掛かれないシチュエーションに初めて遭遇しました。これが素人ならまだしも店員さんが知らないとは・・・。これでいいのか?これでいいのだ?さすが、笑いの学園祭、侮れませんね。レベル高いです。

というわけで、ポストカードを2枚購入しました。ウナギ犬の真っ黒なポストカードはその店員のお奨めですが、こういうところは変にマニアックです。さっきのボケはネタなのかもしれませんね(笑)


笑いの学園祭にちなんだ期間限定メニューがレストランフロアで開催されているようです。チラシにはベタなメニューが並んでいますが、「be OFF」とうお店のメニューは「ヤ!バイキング 1,258円(土日祝1,364円)」と紹介されています。バイキングのお店で値段付きの期間限定メニューとかあるのだろうかということで行ってみました。
どうやら別に特別メニューがあるわけでもなく、「ヤ!」を付けたかっただけみたいです。それにしてもバイキングで1,258円(土日祝1,364円)は安過ぎます。ちょっとアッパーなランチ、普通のディナー並の値段じゃないですか!!!
和洋中、デザートとなかなかの内容です。手巻き寿司が作れたり、デザートコーナーには「チョコレートの噴水みたいな意味不明な装置」がありました(チョコの凝固を防ぐため絶えず流動させる必要があるんでしょうか???)。ちょっと店内が狭いのが難点ですが、窓からは梅田が一望できるし、なかなかいいお店ですよ♪


というわけで、珍しく、休日っぽい休日でした。
プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。