スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えりるの奇妙なDMC(怒)

今日は寄り道せずにまっすぐ帰ろうと思ったのですが、タワレコからメルマガが届きました。

「モバイル会員はポイント3倍」

とのことです。
通常500円で20ptなのが3倍だと60pt
通常3,000円で120ptなのが3倍だと360ptポイント
つまりはアルバム10枚30,000円買えば3,600ポイントもらえるのでCD1枚と交換できちゃいます♪

そんなこんなでウキウキしながらタワレコに向かったわけですが、まさかこんな結末を迎えることになろうとはこの時は知る由もありませんでした…


ポイント3倍は急遽決まったらしく、しかもメルマガのみでの告知だったので、ポイント目当ての客はほとんどいないでしょう。しかも入荷日を明日に控えた月曜日なのでなおさら客は少ないです。
とはいうものの、これといって欲しいものはないです。いや、そりゃいくらでも欲しいものはありますが、自宅に聞くCDがかなり溜まってますからね…。


新譜案内のコーナーではタワレコサマーセールのイメージキャラであるデトロイトメタルシティのリーフレットが置かれていました。実際の漫画が掲載されていて試し読みができるようになってます。
先日の安藤さんのライブで

「DMCの根岸くんがやりたかったはずのスウェディッシュポップな感じの曲です」

とMCされていたりして、『こんなところまでDMCが波及しているのか!!』ということで、ちょっと読んでみました。普段あまり漫画を見ないのでどんな漫画かよく知らなかったのですが、「ごく普通の青年がヘビメタバンドのボーカルとなる」というお話で、すげー面白そうです。5巻まで出てるので大人買いすることにしました♪

レジで携帯サイトでDLできる3倍クーポンを見せて2,650円のお買い上げです。通常なら100ptですが、3倍なので300ptもらえます。

念のため下りのエレベーターでポイントカードやレシートを確認したのですが、どうやら200ptしか加算されていません。6,000円オーバー時における200ptボーナスの時のようにポイント調整用のレシートも封入されていません。

『あ、これは加算忘れだなー、仕方ない、面倒だけどいいに行こう。』

気の弱い私はレジに突っ込めないので、また長蛇の列に並びました。あまりに内容がひどい場合はサービスカウンターに突撃しますけどね…。


私「すいません、今日、携帯会員はポイント3倍ですよね?どうも3倍になってないようなのですが、確認お願いできますか?(レシートを見せる)」
店「レシートは2枚ありませんでしたか?」
私「ありませんでした」
店「確かめさせていただきますね」

といい放ち、DMCの入ったタワレコのショッピングバッグの中身を調べ始めました!!

ほぉー、こいつ私を疑うわけですね?
面白くなってきました♪
もちろんレシートは1枚しかありません。

店「申し訳ございません。」


ポイントの加算履歴は照会できないんでしょうか?
とゆーことは調整用のレシートを捨てればやりたい放題なんですか?
もしそうなら店員の不正利用とかメチャクチャあるんぢゃないですか?


「3倍だから来てね」というメルマガにつられてノコノコやってきたて、まんまとお買い上げしたわけですが、何この糞対応。

どーせ、店員は

「100ptくらいのためにわざわざ戻ってくんなよビンボー人がw m9(^Д^)プギャー」

とか思ってるんでしょうね。

ええ、お望みどおり二度と行きませんよ、Nu茶屋町店には…。

なーんて過去にも何度かいいましたが、今度ばかりはって感じです。
まぁ丸ビル店には行きますけどね。



っつーか、DMCメチャクチャ面白い・・・。
スポンサーサイト

えりるの奇妙な週末 第6部 席取りの鞄

moumoonの帰りにマクドナルドに寄ったのですが、ここにもスイーツ(笑)がいました。

私の順番待ちに携帯で通話しながらそいつは来店したのですが、列に並ばずに客席直行です。その後に順番待ちの列に並んだのですが、荷物(鞄)がなくなってたのでおそらくは場所取りをしたのでしょう。私は事前に客席状況を確認してから並んだのですが、おそらく一番隅っこの良席を確保したと思われます。

注文の品を受け取った私は客席へ向かいました。案の定、けばけばしい鞄がテーブルに置かれてます。ほぼ満員かつ注文待ちの列がある状況でよくこんなことができますよね…。

99%、さっきのスイーツ(笑)のカバンでしょう。隣に空いてる机が1つだけあったので、そこに移動させました。空いてる机がなかったら店員に「忘れ物がありました」っていってやるとこだったんですけどね。

席に座った私は携帯をいじりつつFLYLEAFを爆音で再生しながら待機です。

通話しながらスイーツ(笑)がやってきました。私に食ってかかってくるなら、論破してやるとこですが、大人しく私の横の鞄がのっけられてる席に座ってました。

まぁこんなことがあってもこのスイーツ(笑)は

「そこ私の席なのにー、鞄勝手に動かされてるしー、マヂ感じ悪くない?(笑)」

程度にしか思ってないでしょうね。
やっぱり日本はもうダメですね。


Fin

えりるの奇妙な週末 第5部 moumoonの旋風

日曜日です。
伊丹のイオンで「YUKATA☆MAGIC COLLECTION 08'」というイベントが13時~と16時~の2回あります。雑誌「Soup.」のモデルさんによる浴衣のファッションショーらしいですが、そのイベントのゲストとしてmoumoonが参加されるそうです。客層が全く予想できませんね…。

昨日moumoonのインストアイベントを見たし、今日こそはは引きこもろうかなと思ったのですが、どうやら昨日私は2曲も聞き逃していたことが分かり、その分を取り返さなくてはと無理矢理理由付けして11:45に出かけました。

とりあえず梅田まで来ました。さてJR伊丹駅までの切符を買いましたが、乗り場がよく分かりません。窓口に並んで待ってたら、まるで私が見えてないかの如く割り込んできたスイーツ(笑)がいました。

私「すいません、並んでるんですけど…」
返事がない。
イヤホンでも付けてるのかしらん?
いや、付けてないです。
そもそも付けてたら駅員の回答も聞こえませんよね。

私「すいません!!そこ並んでるんですけど!」
返事がない。
もしかして私はいつの間にか死んじゃってて誰にも見えてないのかしら?
いや、私は生きてます。
毎日をサバイバルしてます。

私「ちょっと!!並んでるんですよ!」
女「あ、すいませぇ~ん(ヘラヘラ笑)」
やっと反応がありましたが、もう日本はダメかもしれません…。

駅員さんから「伊丹は6番乗り場です」と聞き、無事乗車できました。


イオンモール伊丹に12:55着です。
デカいですね。

会場のオープンテラスには50人くらい集まってます。小学生からおばちゃんまで客層は様々です。このイベント目的に集まった人より偶然居合わせた人の方が多そうです。来場者には先着200名まで特製うちわがもらえます。ちゃちいうちわかと思ったら、化学繊維の豪華な作りですね。

最初にKEN THE 390さんの登場です。なかなかのイケメンですが、全然知らないです…。ジャンルはヒップホップでKREVAさんに近いものがありますね。

『エビバデセイ ホ~』

の『ホ~』を客にいわせようと頑張ってました。客層的にかなりやりにくい状況だったとは思いますが、終盤には客の反応もなかなかよくなっていました。明らかにノリノリのKEN THE 390さん目当ての客も数人いたようですね。私の後ろは親子連れだったのですが、肩車された赤ちゃんが特製うちわでバシバシ私の頭を叩いてくるんですよね。まぁそれくらい許容範囲ですが、パパさんは一言くらい謝れよって感じです。


続いて浴衣ファッションショーです。ここでもスイーツ(笑)がいました。私の近くにいたそいつは撮影禁止にも関わらずパシャパシャ撮影しておられました。漢字が読めない方なのでしょうか?いや、司会の方が「撮影は禁止です」と説明されてたので、どうやら「さつえいきんし」という日本語が分からないんでしょうね。よっぽどスタッフにいおうとしましたが、やめときました。どうせスタッフも気付いてるんでしょうが、見て見ぬ振りなんでしょうね。

また撮影許可証をぶら下げてない関係者(後でモデル達と話してたので関係者と推測)もパシャパシャ撮影してました。客に注意喚起する前に関係者への指導をどうにかしろよと…。


ファッションショーはもっとも対象とすべき20代の女性が少ないので、淡々とショーは進んでいきました。その業界ではけっこう有名なモデルさんなんでしょうけど、キャーキャーといった黄色い声援もヴォーという野太い声援もなかったですね。次はmoumoonだというのに客もかなり減っていきました。

さてmoumoonが浴衣姿で登場です♪
YUKAさんもMASAKIさんもよく似合ってます。


01.Do You Remember?
02.lookig for myself
03.Cinderella
04.Tiny STAR


昨日聞き逃した「Cinderella」が聴けました。「しっとした曲」とのことですが、胸にヒシヒシと伝わるものがありますね。
必ずしもファンばかりではないという状況で、しかも開催当初より人数も減ってしまって、KEN THE 390さんよりもやりづらい状況だったでしょうが、MCも浴衣ネタを絡めて饒舌にこなしてました。

最後に出演者全員が登場しましたが、YUKAさんはモデル勢と並んでも全然負けてませんね。

終了後に即売会があり、購入者と対象としたサイン会とステッカー配布がありました。私は個別にサインもらえる可能性に期待して「flowers」を持ってきていたのですが、「購入者限定」かつ「購入したCDにサイン」とのことです。昨日のHMVは「Tiny Star」のみが対象でしたが、今日は旧譜も対象です。旧譜は全部持ってます。「Tiny Star」はTSUTAYA限定盤と通常盤の2枚も持ってます。そりゃジャケ違いのDVD付がまだ残ってますが、TSUTAYA限定盤にもDVDは付いてます。さすがに今回ばかりはスルーしました・・・。


ショッピングセンターのイベントライブということで、イベント開催の宣伝も少なかったし、出演者・来場者に若干ギャップがあった感は否めませんが、イベントのコンセプトは非常によかったと思います。


To Be Continued・・・

えりるの奇妙な週末 第4部 マグカップは砕けない!!

安藤さんの余韻に浸りつつ、実家の姉に頼まれていた「ラストフレンズのマグカップ」を買いに梅田の某雑貨屋に寄りました。私はテレビを見ないのでよく分かりませんが、かなり人気ドラマらしく関連商品もバカ売れらしいです。

21時閉店ですが、まだ20:30なので間に合います。地下で店員Aに聞くと「1階で取り扱っております」とのこと。

1階に行くと山積みでした。が、山を崩して商品を取るのが一苦労です。もう少し買う人の気持ちを考えたらどうでしょうか?

頼まれていた「ルカ」と「タケル」のマグカップをそ~っと山から取り出して、配達ができるか店員Bに確認すると「配達はあちらのレジで扱っております」とのこと。しかし「あちらのレジ」の店員Cはとろそうです…。

私「すいません、これ配達お願いできますか?」
C「…送料別途いただきますが…(ボソッ)」

んなこたぁ分かってるっつーの。
できるかできないか聞いてんだからまずそれに答えろと。
質問を質問で返すなと。

私「構いません」
C「送料込みで3,800円になります」

支払う

C「こちらにご記入下さい・・・配達日・配達時間はいつにされますか?」
私「いつが設定できますか?」
C「明日の日曜はできませんので・・・」

いやだから、いつの発着日で設定できるのかと。
さっさと最短の発着日を教えろと・・・。

私「いや、だから発着日はいつから設定できますか?」
C「火曜です。」
私「じゃあ火曜の16~18時着で」
C「こちらが控えになります」


私「・・・これで完了ですか?」
C「はい」


売る気あるのかと・・・。
そりゃ閉店間際で配達・梱包とかダルいんだろうけどさぁー、あの対応はちょっと如何なものかと・・・。


To Be Continued・・・

えりるの奇妙な週末 第3部 安藤裕子

難波に着きました。いつもと降り口が違ったのでちょっと迷いましたが16時過ぎになんばHatchに到着しました。
安藤裕子さんのNew Album「chronicle.」発売に併せたLive 2008 "Encyclopedia"です。私が今年見に行ったライブの中では今回の安藤裕子さんが知名度や売上的に一番規模の大きいライブです(来月の氷室さんが上回ることになりますが)。 いつもなんばHatchでは最前目指して悪戦苦闘ですが、今回はまったりと2階席なので超余裕です。
2階席は17:30くらいに入場開始です。

Merry Andrew(Album) 2,800円
ラバーチャーム&ステッカー 1,000円
缶バッチ2個セット 500円」
オーガニックコットンタオルセット 2,500円

を購入し、CD2,000円以上かつグッズ3,000円以上購入したので、特典のペンダントトップをゲットです。今回の商法は賛否両論あると思いますが、CD全部持ってる人は重複で買ったのでしょうねぇ・・・?


初めての2階席ですが、超良席です。2列目のほぼ中央なのでステージまで視界を遮るものがありません。1階フロアの客のひしめき具合を見下ろしつつまったり鑑賞できます♪
ヘビメタ系のライブで最前を狙いぶつかり合いながらピックをゲットするのも一興ですが、こうやってまったり鑑賞するのもいいもんですね。
客層は男女比4:6くらいで、20代、30代が中心です。カップル率高ぇです。ヘビメタ系のライブは1階席のみで隙間もけっこう空いてたりしますが、今回は1階も2階もほぼ満席です。


18:05くらいに開演です。基本はNew Album「chronicle.」中心で中盤とアンコールが過去曲でした。安藤さんの声は魂に響きますね。
ステージの背景映像と楽曲がリンクして照明さんがかなりいい仕事してましたし、バンドメンバーのみなさんもとてもいい感じでプレイされています。
安藤さんのマイクはワイヤレスではなかったので、ステージを左右に移動するとき1回だけ機材に引っかかってましたね。

しかし2階席やっぱ遠いですね。
ステージを見渡すことはできても表情までは見えないのが難点です…。


先週のGARGOYLE同様、子ども連れの客がやはりいました。子どもといっても8歳くらいなので、泣き叫んだりはしませんが、やはり長時間のライブなので途中でぐずったりして、目障りかつ耳障りでしたが、まぁ許容範囲でしょう。しかし、二時間のライブは子どもにとっては苦痛でしょうし、親のエゴで連れくるのはやめていただきたいです。例え子どもが望んでも「ぐずったら退出する」というくらいの心構えでいてほしいもんです。
あと私の前にいたパスをぶら下げた関係者っぽい人が時折、柵を掴み体を乗り出すので、私の視界が阻まれることがけっこうありました。「じっとしとけ」といいたいところですが、こればっかりは私が耐えるしかないんですよね…。


アンコール前のMCでは物販の宣伝をしてました。最近はどのアーティストも物販が売れないんでしょうね。今回私はまんまと特典商法に乗って本来は買わなかったであろう「オーガニックコットンタオルセット」を買ったわけですが、そんな特典無しでも買ってもらえるような内容・価格ともに魅力的なグッズを増やしていただきたいですね。

会場でCD買うときはステッカーくらい付けて欲しいですよね。できれば先着でサイン色紙も・・・。


To Be Continued・・・

えりるの奇妙な週末 第2部 moumoon

地下鉄に揺られて20分ほど経ったでしょうか、天王寺に着きました。時間は13:50とちょうどよいです。過去に1度しか来たことないのでHMVの場所がよく分かりませんが、確か近鉄ビルの中にあったはずなのでとりあえず入りました。

人多っ!!おばちゃん多っ!!

なんとかエレベーターまで辿り着いたのですが、14時を過ぎてしまいました。まぁ定時には始まりませんが焦ります。こんな時に限って乗り込んできたおばちゃんで重量オーバーのブザーが…。しかもこいつ降りません…。

そ、素数を数えるんだ!!!
2、3、5…

無駄なトラブルを避け、円滑にHMVに向かうため私が降りました。しかしエスカレーターが見当たらないし、階段はさすがにきつい…。しかたなく次のエレベーターに乗りました。「さて、HMVは何階だっけ…」ってエレベーター内の案内板に書いてない…。そこまで私の到達を阻止したいのかぁぁぁ!!
とりあえず7階で降りましたが、残念、HMVは8階でした。では階段へ…見当たらない。それっぽい階段登ったらなんか屋上に出たし…。

そ、素数を数えるんだ!!!
7、11、13…

エスカレーターを探し出し、なんとか8階へ。しかしなんか人少ないし、イベントスペースが見当たりません。「あれ、イベントやってないぞ…。店舗間違えた?」どうやらインストアではなく、別の建物の「Hoop」の1階で行われてるとのこと…。時間は14:10です。

そ、素数を数えるんだ!!!
17、19、23…

とりあえず参加券のためにCDを買ってHoopへ向かいました。ってかHoopってどこ?って感じです。半分泣きかけです・・・。なんとかそれっぽい場所に着きましたが、1階ではなく2階でそれっぽいイベントをしているようです。雨のため場所変わったならちゃんと掲示しとけと…。

14:15にやっとこさ到着。1曲目が終わってMCの最中でした。ってか会場でもCD売ってますね…。HMVまで行ったのは全くの無駄足でした…。
客層は男女比7:3で以前に比べ女性が増えてました。若者からおっさんまで様々です。参加券持ってる客は30名くらいでしょうか。
私の近くでmoumoonを携帯で違法撮影をしようとしている方がいらっしゃったので優しく見つめてあげました。そしたら携帯を操作をしてる振りをして誤魔化して撮影を断念されてました。プギャ-でございますわm9(^Д^)

ほぼ一年振りの生moumoonですが、vocalのYUKAさんはますますキレイになってます。ショートカットの似合いっぷりは全盛期の広末さんを凌いでますね。

01.flowers
02.Cinderella
03.こころのしずく
04.Tiny Star
05.Do you remember?
06.good night

の5曲。「get real」が聴きたかったなぁー。
当初は4曲の予定だったとのことですが、「good night」を急遽追加したとのことです。前のインストアでも同じように特別に1曲追加してましたし、事前に決まってるものなのかもしれませんが、粋な計らいです。

さて、肝心のサイン会ですが、前の方が粘りやがって、後が積んでしまいました。「私の番なのに何でお前はまだ喋り続けてんだよっ!」って感じです。1人目のサインとトークが完全に終わってから2人目にして欲しいです。 そんなこんなで「明日のイオン見に行きます♪」くらいしかいえませんでした…。

サインだけかと思いきや、ステッカーも貰えましたよ♪

あいにくの雨で集客は悪かったかもしれませんが、足を止めて聞き入っていた通行人もけっこういました。雨雲を吹き飛ばすYUKAさんの歌声が辺りに響き渡っていたことでしょうね。


さて、次は安藤さんのライブを見に行くためになんばHatchへ!!


To Be Continued・・・

えりるの奇妙な週末 第1部 FLYLEAF

今日は土曜日。
一週間で一番ダラダラ過ごせる日ですが、

14時~ HMV阿倍野でmoumoonのインストアイベント
18時~ なんばHatchで安藤裕子さんのライブ

があります。
moumoonの方はHMVでCDを買わないと整理券はもらえずサイン会に参加できませんがライブの観覧はフリーとのことです。私はボーナストラックが収録されているTSUTAYA限定盤を買ったので整理券はありませんが、サインはメジャーデビュー時にジャケにいただいてるので、そこまで渇望するほどではありません。しかし、もう1枚買うかもです…。
しかしですね、12:54から吉本新喜劇があるんですよね。今日はしかも2時間スペシャル…。あまりテレビを見ない私ですがこれだけは欠かさず見てます(あとCDTV)。ちなみに録画環境がないので録画するという選択肢はありません。
現在12時ですが、吉本新喜劇かmoumoonか非常に悩むところです。
そんな時に携帯に着信が!

もしかしたらあの子からかも(゜∀゜)!?
しかしあの子からかもしれないし…(゜Д゜;)

などあれこれ考えましたが、何のことはない、通販の代引の連絡でした。そう、以前探しまくった「FLYLFAF/FLYLFAF」をついに見つけたのですよ!

すごいマニアックな話になりますが、

初回盤(廃盤)「FLYLEAF/FLYLEAF」BVCP-27110 2000円
通常盤(廃盤)「FLYLEAF/FLYLEAF」BVCP-21509 2548円

と2種類あります。
初回盤は単なるリミテッドプライス盤で、どちらも同内容(しいていうなら刻印された品番が違う)です。洋楽では初回はリミテッドプライス、通常が通常価格、その後どちらも廃盤にして廉価盤がリリースという流れが通例ですが、なぜかリリースされません…。

私のブログを見た友人のK氏から

「初回盤持ってるよー、帯無しだけど要る?」

と連絡が入りました。さすが私の友人です。
しかし、しかし、しかし、帯無初回…。これは非常に悩みます。帯はマニアにとってはディスク以上に価値があるといっても過言ではないものです。K君への回答は保留とし、さらに探しまくった結果、某CD屋に通常盤の帯付新品があることを発見し、悩んだ挙げ句、K君の帯無初回盤は気持ちだけもらって、帯付通常盤を注文したのです。

しかし到着が13時とのこと。これまた微妙な時間です。

とりあえず身支度しながら吉本新喜劇を見てると13:05にFLYLFAFが届きました。
帯が巨大サイズでアー写も掲載されてます♪

今からmoumoonに間に合います。
苦渋の思いで吉本新喜劇を諦めHMVに向かうことにしました。

道中、moumoonや安藤さんを聴きたいところですが、やはりFLYLEAFです。ヘヴィでラウドでエモーショナルかつメロディアス。超Coooolです。私の中ではEvanescenceを越えましたね。こんな良盤でも廃盤になってしまうんですねぇ・・・。


それでは、いざHMV阿倍野へ!!


To Be Continued・・・

えりるの奇妙なミネアポリス

仕事帰りにコンビニに寄りましたら、我々の世代(20代後半)の1/4の脳天を直撃するであろうアイテムが入荷してました。

ドラゴンクエスト キャラクター フィギュア コレクション ~天空編 2~

です。
来月にはDSでDQ5がリリースされますし、いいタイミングですね。

先日のジョーやレイのフィギュアに引き続き購入意欲をそそります。しかし、ペットボトルのオマケではないので、中身が分かりません。しかも1個494円となかなかのお値段です。

在庫は1BOXの9個、全8種です。私的にはDQ4の「占い師 ミネア」だけが欲しいのですが、全部買っても必ず手に入る保証はありません。ここは堅実にヤフオクに頼る方法もありますが、それでは面白くありません。こうなったら・・・

ミネアが出るまで買ってやろうじゃないですか!!!

ほんとは1個ずつ買って中身を確認したいところですが、最大9回も繰り返すとなると、さすがに恥ずかしいので2個ずつ買うことにしました。

まだ誰も買ってなくて箱に詰まってる状態です。ランダム封入かつ1BOXで全てが揃うわけではないとは記載されてはいるものの、扱い的にミネアがなぜか2番手なので、前列中央の箱(封入順で言えば2番目に該当)と中列中央の箱の2つをまず購入しました。

1つ目の箱を開けます。紫っぽい頭部が見えました。

あ、こりゃ1発目からミネア?
B'zストラップといい、最近ちょっと運がいいかも?

なーんて、思ったら紫ターバンを巻いたDQ5の主人公でした・・・。
こりゃ長期戦も有り得ます・・・。

1つ目の箱を開けます。また紫っぽい頭部が見えました。

あ、もしかしていきなりDQ5主人公が重複???
と思ったらミネアキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
あまりにあっけない結果に少々物足りなさを感じつつ、コンビニを後にしました。

しかし、あとでパッケージやリーフレットをよく確認すると、DQ5主人公とミネアにはそれぞれレアバージョンがあるとのこと・・・。DQ5主人公のレアバージョンは別に欲しくないですが、ミネアのレバージョンはあの「銀のタロット仕様」じゃないですか・・・!!!

これは欲しい!!!

しかし、さすがにこれ以上の店頭購入はリスクが高いので、こればっかりはヤフオクに頼らざるを得ないかもしれませんねぇ・・・。



全然は話は変わりますが、氷室京介さんの大阪城ホールの先行予約抽選に当選しました(といってもほぼ全当選なんでしょうけど・・・)。BUCK-TICKのCD封入先行予約抽選の時もそうでしたが、CD封入の先行予約ってあんまりいい座席じゃない気がします。まだ座席番号は分かりませんが、チケット届いたら 『絶望ォォォォォォォォォォ!』 しそうです・・・。

えりるの奇妙なThe Ting Tings

今日からタワレコサマーセールです。
とはいえ全品○割引とかになるわけでもなく、期間中にWポイントになるくらいですが・・・。

今日のお目当ては

「WE STARTED NOTHING/The Ting Tings」
「FLYLEAF/FLYLEAF」

の2枚です。

The Ting Tingsは業界では何かと話題の二人組ユニットです。イギリス出身であることや女性ボーカル、男性ドラムというメンバー構成からBlood Red Shoesを彷彿とさせます。メンバーもオサレさんです。当初はそのバンド名から日本向けの企画モノかと思ったのですが、とんでもない誤解でした。2008年期待の新人です。「Great DJ」という曲の「アーアアアーアーアアアアー」という特徴的な歌詞には中毒性がありますね。帯には「エレポップ」と書かれてますがエレクトロ+ポップというジャンルです。小難しい単語ですが、かなり聴きやすいと思います。

FLY LEAFはのアメリカはテキサスのロックバンドです。EVANESCENCE、OTEP、Addiction Crewやらの系統です。お昼ご飯を食べてる時に有線で流れた曲(「ALL AROUND ME」)がめちゃくちゃCoooolでして、わずかに聞き取れた歌詞からあの手この手で探り当てました。二年くらい前にBMGから国内盤が出ていたものの今は既に廃盤です。店頭在庫に期待です…。


さて、タワレコ丸ビル店到着です。ラジオのゲストはマキシマム ザ ホルモンなので木村カエラ並の混雑振りです。相変わらずスタッフが高圧的です。

スタッフ「こちらは通路になりますので・・・(さっさとどけ!)」

いや、私は通路通りたいだけなんですけど?
他の立ち止まり客のせいで通れなくて立ち往生してるんですけど?
ってゆーか同じセリフを繰り返してないでもっと円滑に交通整理したらどうですか?
って感じです。

ちょっと見たかったのですが列に並んでも全く見えそうにないのでスルーです。ってかあんだけいるなら交代制にしろって感じです。


店内も先週のB'z並みの混雑振りです。主な新譜はケツメイシ、絢香、GreeeeNなので、サマーセール効果なのか新譜効果なのかよく分かりません。
The Ting Tingsはそれなりに扱いもよかったですが、特典はサマソニグッズの抽選特典のみです。
FLYLEAFは輸入盤のみしかありません。ダメ元で店員に聞くと

「廃盤ですね」

と一蹴されました。
んなこたぁ分かってるっつーの。
店頭在庫や倉庫にないか聞いてんの。

まぁ仕方ないのでThe Ting Tingsを持ってレジへ…ってレジ待ち長っ!!
B'zのときと同じく店舗内に収まりきらない列が通路にまで続いてます。
「最後尾はこちらです」って遊園地のアトラクションかよ!!

とても待つ気になれないので、買うのは諦めました…。

しかしこのまま帰るのもなんですし、FLYLEAFも探したいので新星堂やSOUND 1stへも行きましたがありません・・・。SOUND 1stまで来たのでタワレコNu茶屋町店にも行きました。丸ビル店ほどは混んでいません。売場面積が広い(確か西日本最大)上に邦楽フロアと洋楽フロアに別れてるので洋楽フロアはレジもほとんど並んでません。ここでもFLYLEAFについて聞いてみました。

「すいません、何年か前には国内盤は発売してたんですけど、廃盤になっております…。」

店頭在庫や倉庫を探したりはしてくれませんでしたが、こういう回答されると気持ちがいいものです。直後に店内BGMでThe Ting Tingの「Great DJ」が流れてきました。爽やかな気持ちになった私は購入意欲もMAXです。やっぱこれは買わねばです。輸入盤のジャケはメンバーの写真があしらわれててかなりCooolなんですが、国内盤のジャケは地味なんですよねぇ・・・。

エモコーナーではTriple VisionのHPでプッシュされていたVIOLENCE TO VEGASのデビューEP「Princess to Poison」が置かれていました。ステッカー付きです♪A7XやB4MVに続くメタルバンドとのことですが、ブレイクするでしょうか?店員の手書きポップには「B4MVを1枚でも持ってる方は是非!」とありました。全部持ってる私はこれも買わねばです。

紆余曲折ありまして、結局FLYLEAFは手に入りませんでしたが、なかなか充実したお買い物ができました♪

えりるの奇妙なSUPER BATTLE GARGOYLE

今日はジャパメタバンドGARGOYLEの「BATTLE GARGOYLE」名義でのライブです。GARGOYLEの楽曲の中でも特に激しい曲のみを演奏する場合はBATTLE GARGOYLEを名乗り、MCやアンコールのないライブになります。場所は江坂MUSEでキャパは200人くらいですが、広過ぎず狭過ぎず適度な広さです。店員の対応が微妙なのと退場時のロビーがタバコの煙だらけなのと、移動手段がエレベーターだけなので非常に混むのが難点ですが…。 開場17:30、開演18:30です。整理番号は16X番だったので、開場とほぼ同時に到着して、すんなり入場できました。整理番号は悪かったのですが、定位置のケンタロウさん側の前方に陣取れました。

客層は30代が中心で男女比は3:7。最前は常連さんがズラリ。後方には20代前半の方や普段あまり見ない男性陣が多かったのですが、宇宙戦隊NOIZとか若手バンドとのイベント等のおかげで新規さんが増えたようですね。会場はほぼ満員といった感じです。

物販やガチャガチャはほとんど変更がないのでスルーです。

18:40くらいに開演です。ステージはアルミホイル?をクシャクシャにしてロープ状にしたものを縦横無尽に張り巡らせ、なかなかかっこよいです。メンバーの衣装はBATTLE GARGOYLE仕様で刺々しくてCooolです。普段の和服チックな衣装よりこっちがいいですね。

1曲目は「Black Hole Harricane」で始まったのですが、いきなり前列中央でモッシュが起こりました。「こりゃ後方に非難かな・・・」と思ったのですが、最前の左右にまでモッシュは及ばないようです。思いっきり暴れたい奴は真ん中、適度に暴れたい方は左右と住み分けができているようです。これは素晴らしいですね。比較的年齢層が高いからわきまえてるのでしょうか?B4MVのライブでところかまわず暴れまくってたド低脳は見習ってほしいもんです。

ステージではエアーショットで銀テープを飛ばすという派手な特殊効果も何回かありました。最前で身を乗り出し前屈みになって頭振ってる人達に直撃しそうでしたが、大丈夫だったんでしょうか・・・。

終盤、KIBAさんが頭飾りを外してたんですが、バンダナ姿と涙目メイクがインディーズ時代の清春さんみたいでした。決しておでこを見せないところも似てますね(笑)

終演後、ケンタロウさんがステージに倒れ込みました。とはいえ、メンバーやスタッフが駆け付けることもなかったので、パフォーマンスかと思ったのですが、他のメンバーが退場してもいっこうに起き上がらないので、客席がどよめきはじめました。どうやらマジで酸欠で倒れていたようで、スタッフが慌てて酸素吸入を行い、かろうじて起き上がり、客席に向かってアピールしたあと退場していきました。見ているだけの客でも汗だくになるようなライブなので、ステージで演奏するのは相当過酷でしょう。しかも休憩なし・・・。まさにバトルガーゴイルでした。

ケンタロウさんが倒れたのが心配ですが、ライブの内容も客のマナーも非常によかったです。

ただ1点だけ気になったのは、前回もいたのですが、赤ちゃん連れの客がいたことです。成人でも耳鳴りが1日は続くのに、赤ちゃんの耳は大丈夫なんでしょうか・・・。



帰りはBOOK OFF江坂店で「EASY LOVE/氷室京介」(100円)、「サヨナラ サヨナラ/竹仲絵里」(300円)を購入。

氷室さんの「EASY LOVE」はC/Wの「BITCH AS WITCH」も含めてAlbumに収録されているものの、別テイクでの収録なので、Singleには音源的価値があります。特に「EASY LOVE」のAlbum Ver.はラップが入ってるため不評なので、Single Ver.の方が人気が高いみたいですw またケースを開くとジャケと裏ジャケが合わさり、全身像となります。服の柄はあれですがCoooolですね♪
竹仲さんはSingleに収録されている「サヨナラ サヨナラ」「gerbera」「dislike you」の3曲全てがAlbum「ペルソナ」に同テイクで収録されています。音源的価値がありませんが、まぁそのあれですよ。

えりるの奇妙なペットボトルフィギュア

コンビニに行くと、

サントリーの「DAKARA」に北斗の拳フィギュア
コカコーラの「GEORGIA」にサンデー×マガジン50周年企画フィギュア

がそれぞれ付いてました。


私も男の子ですから、CDばっか集めてるわけではなく、こういったものに心を奪われる時だってあるんです。



こういった『オマケ商法』は中身が見えない(選べない)ために、ファンが大量購入する(せざる得ない)ことになったり、ヤフオクで高値で取引されたり、袋を手で触って形状や重さで中身を判断するサーチ行為なんかが横行していました。

ところがですね、ちょっと真面目な話になってしまいますが、「景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)」というのがありまして、その中で『(オマケは)懸賞に係る売上予定総額の2%』という取り決めがあり、オマケは本体価格の2%以内の価格で設定しないといけないそうです。具体的にいえば150円のペットボトルのオマケなら3円までということです。

数年前まではこういう法律を無視(というか一般に知られていない?)して、『オマケ商法』がまかりとおっていたわけですが、公正取引委員会から指導があったのでしょうか、現在はどこの業者も「中身が見える(分かる)仕様」で販売しているみたいです。消費者としては非常にありがたいことです。


本題に戻りますが、「北斗の拳フィギュア」は南斗水鳥拳の使い手のレイ、「サンデー×マガジン50周年企画フィギュア」は『明日のジョー』の矢吹ジョーを選びました♪ 中身が選べるとはいえ、任意の中身が入ってるペットボトルを探すのはけっこう大変でしたが・・・。



レイの飛翔白麗をクロスカウンターで撃退するジョー。

えりるの奇妙な「電車に揺られてつかまった手すりがベトつく(ベトつぅく)」

お昼前にケータイのバイブが作動しました。どーせタワレコのメルマガだろうと昼休みになってから確認したら、知らない番号からの着信です。私は基本的にメモリにない番号は取らない主義です。だって受話器から

「殺すぞ、ゴルァ!!」

とかいわれたら嫌じゃないですか。 ましてやかけかえすなんてとんでもありません。
しかし「忘れ物センター」からの連絡かもしれませんし、市外局番とかも特に怪しくなかったので、勇気を出してかけてみました。仮に業者だとしても番号知られたくらいでは実害ないですからね。 無視ればいいだけです。

私「すいません、携帯に着信があったんですが…あ、○○といいます」

着信があった場合のかけかえし時のセリフって難しいですよね。こっちはかけたくてかけたわけぢゃないですし、違う人が出たらますます訳が分かりません。案の定電話に出たおっさんとは会話は噛み合わず、お互いさっぱりな状態でしたが、糞丁寧に事情を説明するとどうやら通じたみたいです。やはり「落とし物センター」からの電話だったらしく、要約すると…

「なんばの忘れ物センターに定期が届いてるので早く取りに来い」

ってことです。
なんか感じ悪いですぅ…。


17時に仕事を終わらせ、いざ、なんばの「忘れ物センター」へ。
なんばに音楽以外の用事で来るのは始めてです。

簡単に到着するかと思いきや見つからない…。地図意味不明だし…。ずっと地上を探してたんですが、どう考えても地図の位置にないので地下に降りると延々と続く長い廊下の果てに「忘れ物センター」がありました。落とし主に届けたいという気持ちがあるならもっとこう場所が何とかならないのでしょうか?いっそのこと私自身が逸失物になって「忘れ物センター」まで連れて行ってほしいくらいです。

私「すいません、定期落とした○○ですが…」
係「照会番号分かりますか?」
私「いや、分かりません。」
係「連絡ありました?」
私「ありました。」
係「おかしいなー、伝えてるはずだけどなー」

うーん、そういえば、昼間におっさんが番号をいってたような気もしますが、メモれとは一言もいってなかったし、いまさらそんなこといわれてもなぁ・・・

けっきょくその照会番号はなくとも、免許証見せたら、定期を渡してくれました♪24時間ぶりの再会です♪

手続き中にも事務所には電話がかかってきてましたが、

係「今日落とされたんでしたら、早くとも明日以降の到着になるので・・・、こちらには明日以降問い合わせて下さい。はい・・・、はい・・・、ですからー、今日は駅の窓口に問い合わせて下さい。」

とマニュアル通りの回答をせざる得ないのは分かりますが、ちょっと冷たいですよねー。落とした方は必死なんですから・・・。

一時はどうなることかと思いましたが、電話代や交通費あわせても1,000円程度の損失で済みましたし、なかなか面白い体験ができましたね。正直なところ金額的な損失より切符や回数券や定期を買う手間が煩わしかったんですよね。


もっと早く「忘れ物センター」が見つかればタワレコ難波店に寄りたかったのですが、そのまま帰りました。


定期を使う関係で梅田でいったん降ります。せっかくなんでタワレコ丸ビル店に行きました。昨日とまったく同じパターンです。昨日と同様B'zのキャンペーンが行われておりますが、さすがに昨日ほどの盛り上がりはありません。火曜入荷ってのが一般的にも知れ渡ってるんでしょうか?

B'zの特大看板を眺めているとスタッフがやってきて「どうぞ!」とB'zサプリをくれました。昨日のチーフっぽいメガネッシュはこちらからいわないとくれなかったのにえらい違いです。気分をよくした私はDVD付を買っちゃいました…ってのは冗談ですが、それくらい対応がよかったです。B'zサプリの内容は「ULTRA SOUL」でした。帰省した際のお友達へのお土産にすることにしましょう♪


いやぁ、電車に揺られてつかまった手すりがベトついた一日でした(´∀`)

えりるの奇妙な「おでかけしましょ」

6月24日からタワレコのサマーセールが始まります。本日は携帯会員のみWポイントということで、先行実施といったところでしょうか。DMCのクラウザーさんがキャンペーンキャラを務めてますが、漫画はあまり見ないのでよく分かりません…。まぁセールといっても安売りするわけでもなく、WポイントやDMCグッズがもらえる程度の内容です。かろうじて定番商品15%OFFとかはあるみたいですが、倉庫に眠ってる特典を引っ張り出してきて旧譜セールとかしろよって感じです。


さて、梅田で降りて改札を通ろうとしたら…

定期がない!!!

いつも定期がある位置にタワレコのポイントカードしか見あたりません。どうやら乗車時の改札で取り忘れたようです…。

2、3、5、7…
落ち着くんだ…「素数」を数えて落ち着くんだ…

とりあえず乗った駅に戻りました。
まだ自動改札に残ってるかもしれませんし、誰かが駅員に届けてくれてるかもしれません。

しかし改札口には残っておらず、駅員さんにも聞きましたが届け出はないそうです…。現金の入った財布ならともかく定期券は「同じ区間を利用することがあってなおかつ定期を持ってない人」くらいにしか使い道がないと思うのですがねぇ…。解約して払い戻すにしても身分証明いるし…。

駅員さんには「見つかったら連絡下さい」といったんですが、

「こちらからは連絡できない」
「落とし物センターから通知が行く」
「急ぎなら直接落とし物センターに問い合わせて下さい」

とのこと…。駅員さんは丁寧に対応してくれましたが、限りなく望みは薄いです。期間は4月~9月で約5万円分の定期券なので、3万円ぐらいの損害でしょうか…。「HURRY UP MODE」のインディーズ盤が買えちゃいますね…。


さて、気を取り直して再び梅田行きの電車に乗り込みました。
すると・・・

「えりるさん、おつかれー、さっき何してたの?」

職場のNさんとMさんではないですか!!
どうやら一部始終を目撃されちゃってます…。
もうこりゃネタとして使わせていただくしかありません。

「ちょっと聞いて下さいよ、さっきですね…(略」

額にして3万円分の笑い話、お楽しみいただけたでしょうか…???
不幸な出来事を不幸なままで抱えていても仕方ありません。こうやって誰かに伝えることで何かを生み出すことができればそれは素敵なことではないでしょうか?


やっとこさタワレコ丸ビル店です。長い道のりでした。今日はWポイントなので客がいっぱい…ではなく、「B'z The Best “ULTRA Pleasure”」目当ての客で埋め尽くされて…と思いきやB'z以外のCDを手に取ってる客も多数いますね。

レジ待ちの列が店舗内では収まらず通路まで続いてます。B'zの大抽選会なんかも行われてますし、「B'zサプリ」という着歌のバーコードと歌詞カードをパッケージしたセットを無料配布(特定地域・店舗限定)してます。全8種類でヤフオクを騒がせそうなアイテムです。1人1個で種類は選ばせてくれない仕様です。私は「いつかのメリークリスマス」が貰えました。

ここまで賑わってるなら買ってみるのも一興です。氷室さん同様にベスト盤の多いB'zですが、私は「love me, I love you」「LOVE PHANTOM」しか持ってないので、絶好のベストアルバムです。さて、ここで迷うのはDVD付4,200円、CDのみ3,200円のどちらを買うかです。お気に入りのアーティストのDVDすらほとんど見ない私です。とはいえ限定仕様ならDVD付をとりあえず買いますが、どちらも永続仕様です。なら収納スペースの関係上、薄い方・・・と思ったのですが、厚さはどちらも同じです。
定期も無くしたことですし、散々迷ってCDのみにしました…。同時購入した「ペルソナ/竹仲絵里」が2,000円です。平時ならDVD付買って6,000円オーバーさせて200ptを獲得しますが、せっかくのWポイントの日にわざわざ6,000円オーバーさせてもボーナスは付きませんしね。

レジを終えて大抽選会に向かいました。マグカップ&タンブラー、スポーツタオル、携帯ストラップ、トートバッグ、クリアファイル、ステッカーが当たります。ハズレはなしですが、ラインナップ的にステッカーが参加賞的な扱いでしょうか。マグカップが目玉商品でしょうか、ちょっと欲しいです。でも保管場所が・・・。タオルもトートバッグも保管場所が・・・。クリアファイルは保管しやすくてよいですね。とはいえ、総合的に判断するとすると携帯ストラップが一番いいような気がします。で、抽選結果ですが、見事にストラップ♪まぁ定期無くしたんだからこれくらい当たってもまぁ当然かなと…。


LOVE PSYCHEDELICOの全米デビューアルバム『This is LOVE PSYCHEDELICO』もひっそり入荷してました。リマスタリングとはいえ既出曲詰め合わせのベストアルバムです。特典があるなら買ってもいいのですが何も付かないのでスルーです。選曲的には前のベスト「Early Times」よりはいい感じですが、オリアル持ってる人には音源的価値はほとんとないですよね…。ってかなんで今回も「I miss you」は入ってないのだ!!!


今B'zを聴いてるわけですが、やっぱすごいですね。
CD持ってなくても、全曲知ってるというポピュラリティ!!!

個人的にはDisc1がいい感じですね。

買った人だけ分かるマニアックな情報ですが、DVD付きにおいてDVD用トレイが添付されている箇所に、CDのみではDVDトレイと同じ厚みのスポンジが貼り付けられていて、その表面にアー写がプリントされています。おそらくこのアー写はCDのみにしかないと思われます!

えりるの奇妙な「通報しますた!(゚Д゜)」

兼ねてより・・・、私のアパートの近所に住む子どもが、昼夜問わずアパートの敷地内(駐車場)でサッカー、野球、バレーなどを繰り返して、非常に騒音がうるさいということは何度かお伝えしたことがあるかもしれませんが、ちょっと今日の騒音は異常でした。明らかにアパートの外壁やフェンスを『攻撃』してやがります。直撃してる部屋の住人は平気なんでしょうか・・・。

いつもは我慢してたんですが、もうこれ以上は耐えられなくなって、警察に通報することにしました。110番なんかは大袈裟なので、近くの交番に連絡しようと電話番号を調べましたが、交番って電話番号を公開してないようです・・・。仕方ないので管轄(と思われる)警察署に電話して最寄の交番の連絡先を聞くことにしました。が、交番の連絡先は教えてくれず、内線で廻されました・・・。


私「アパートの敷地内で子どもサッカーをしてて、非常に迷惑なんですが、なんとかならないでしょうか?」
警「どちらのご住所になりますか?子どもは何人くらいですか?」
私「XXXXです。子どもは小学校3、4年くらいの兄妹です。」
警「お名前と連絡先よろしいでしょうか?」
私「XXXX、XXXXです。来るまでにやめる可能性もありますので、その時は部屋まで来てください。」


初通報です。
これで奴等がおとなしくなるかと思うとルンルンです。

しかし、よくあることですが通報の10分後、奴等は撤収しやがりました・・・。

なんて間が悪いんだ!
交番の連絡先が分かってりゃ、現行犯だったのに・・・。
これでは私がダメな子(誤通報した)みたいじゃないですか・・・。

20分後、静かになったアパートにお巡りさんがやってきました。
玄関口で事情を説明しました。


私「もう帰ったみたいです。いっつもいっつも夜中まで騒いでるんですよ。今回はあまりにもひどかったもので連絡しました」
警「そうですかー、見かけたら注意します」


え、それだけ???
家も分かるんですけど、注意に行ってくれないの???


私「て、定期的な巡回とかはできないんですか?」
警「管轄じゃないんですよー」


え、管轄の人が来たんじゃないの???
ってか、それじゃ見かけることないじゃん???


「ったく、しょうもないことで呼び出しやがって・・・。おまけに子どもいねーじゃねーか。まぁ、いても軽ーく注意するくらしかできないんだってば・・・」

とかお巡りさんに思われてるかもしれません・・・。
180円の通報代がムダになっただけですね・・・。


うーむ、こういう迷惑行為はやったもん勝ちなんですよね・・・。条令等で定められていても立件されて罰せられるケースはごく僅かです。しかも相当な労力が必要ですし、そんなことに手間隙かけるくらいなら我慢した方がよっぽど楽なわけですよ。近所付合とかもありますしね。

まぁ、今回の一件で「通報しても意味がない」ってことが分かったので、「これからは通報してやろうかしらん?」と迷うことなく、「我慢の限界になっても耐えるしかない」という選択肢だけになったのが収穫でしょうか・・・。

えりるの奇妙な竹仲絵里 at Nu茶屋町

誰かのインストアイベントでもあればタワレコにでも行こうかなとタワレコのHPを見てたら、竹仲絵里さんのインストアイベントがあるではないですか!!

昨年末に発売された「真っ白な雪、真っ白な未来」のジャケ写・アー写があまりにも美しすぎて注目してました。先日新譜の「シャリラリラ」が発売され、インストアイベントがあることだけはチェックしてたのですが、どうやらそれが今日みたいです。
音源自体は持ってないのですが、インストアイベントの参加はフリーなので、ライブを見てから購入是非を判断しようかと、タワレコNu茶屋町に向かいました。

15:30くらいにタワレコ到着です。今日はインストアイベントが2つあり、15時からはPhilHarmoUniQue、18:30からが竹仲さんとなっています。ちょうどPhilHarmoUniQueのライブが終わってサイン会をしているところでした。小林武史さんプロデュースの新人バンドで、ミスチルっぽいので、ミスチル好きの方は聴いてみては如何でしょうか?フィルハーモユニークと読むそうですが、読みにくくて、覚えづらいです・・・。

竹仲さんのイベントは参加フリーとはいえ、少しでも前で見るためには整理券がある方が有利です。ポストカードも特典として付くので先に購入。整理番号は90番台です。丸ビル店と難波店でも配布してるので整理券は300枚くらいは出ているかと思われます。インストアイベントとしてはかなりの枚数です。まぁ全員がくるわけではないですが、100人はくるでしょう。

さて邦楽フロアと洋楽フロアを廻りましたがまだ16時です。さすがにあと2時間も時間を潰すのは無理なので、漫画喫茶に向かいました。しかし、レジが混雑し過ぎです。「時間潰し」をするために「待ち時間を要する」とか有り得ません。順番待ちの列を抜けて、その辺をフラフラして17:30にタワレコへ。18時集合ですが、ちょっと早めにいくとリハーサルとかが見えるのです。

イベントスペース前には既に100人近く集まっており、かなりの盛況ぶりです。竹仲さんはリハーサルをされてますが、全然見えません・・・。こういうときに列に並ばずにトイレ行きの通路側から見ようとしてる奴らが毎回いるんですけど、ルール・モラルは守っていただきたいです。スタッフも注意はしてますが、設営場所にも問題有りだと思います。トイレ側は壁で仕切ればいいのに…。

18:00に入場開始です。私は整理番号が90番台なのでかなり後方です。私の後ろには整理券なしの方が10名くらい並びました。客層は男女比8:2、人数は約100名、30代が中心でしょうか。整理券を複数枚持ってるような人はいませんでしたね。近くにいた子ども(3歳くらい)が「シャリラリラ」のサビを延々と歌ってて驚きました。微笑ましい限りです。

18:30に開演です。真っ赤な衣装で竹仲さんが登場です。竹仲さんいわく「ステージが黄色なのでタワレコカラーにしてみました」とのことです。


セットリスト

01.サヨナラ サヨナラ
02.種
03.ファイファイ
04.シャリラリラ
05.黄色い花


竹仲さんがギターで、ピアノは小林建樹さんでした。「シャリラリラ」の演奏後に小林さんが退場して、「黄色い花」は竹仲さんのピアノ弾き語りでした。竹仲さんはギターを弾きながら伸びやかに歌ってますね。

観客が拳を振りあげるようなライブではありませんが、客席から自然に手拍子が起こるなどなごやかな盛り上がりでした。


終演後にサイン入りポスターの手渡しです。混むのが嫌なので、後ろの方で待機してました。で、だいぶ列も短くなってきたので列に並び、いよいよ私の番になりました。7月6日(日)になんばHatchでワンマンライブがあるそうなので「なんばHatch見に行きます!!」と当たり障りのない会話に留めました。サイン入りポスターをいただいて握手してきました。 また、家宝が増えました♪
なんばHatchのチケットの即売会もやってたので買いました。私が買ったのはラスト2枚目だったのですが、最終的には全部捌けたようでしたね。


ちなみに竹仲さんは私と同じ年(生年月日が1980年4月~1981年3月)なんですよね。他には鬼束ちひろさん、島谷ひとみさん、愛内里菜さん、MIYAKEさん(mihimaruGT)、ATSUSHI(EXILE)、Micro(元Def Tech)、Justin Timberlake(元インシンク) なんかが同じ年だったりします。

えりるの奇妙な出張 6/12

研修会は11日だけなので、今日は有給をいただきました。

とはいえ、家でいてもすることないし、「暇ならちょっと新人に教えてやってくれ(笑)」と徳島のカチョーにいわれてたので、ちょっとだけ徳島支社に寄って端末操作とかを新人に教えてました。

今日は別の研修会があるらしく、その講師として普段は別の営業所にいる私の大先輩のY師匠も来ていました。Y師匠は入社後の私の教育係として、公私とも非常に面倒をみていただいた方です。おまけに私のマニアックな音楽ネタやジョジョネタを理解して突っ込みを返せる超Cooooolな先輩です。


ドラゴンボールで例えるならば、私がナッパで、先輩がベジータ。
ジョジョで例えるなら、私が仗助で、先輩が承太郎。


といったところでしょうか。
性格も常に冷静沈着で帽子とコートを着用すればまさに承太郎です。

入社当時の私は22歳、当時の先輩は26歳。
今の私はあの当時の先輩に追いつけているでしょうか?

今回はじっくり話すことは出来ませんでしたが、次回帰省した際には、ゆっくり語りたいもんです。


2泊3日の出張となりましたが、なかなか有意義なものとなりました。
とはいえ、大阪の方がやっぱり落ち着きます。梅田に着くと「帰ってきた」って感じがしますね。


帰りのバスも比較的空いていたのですが、やっぱり私の席の前はペチャクチャしゃべりまくるおばちゃん二人です。他が静かなので余計耳障りです。どうしていつも私の近くの席はこういう奴しかいないのでしょうか?しばらく耐えていましたが、我慢の限界です。他の席に移ろうかとも思いましたが、あまり褒められた行為ではありません。そんな私の困惑振りに気付いた横の客が

「あまりに前の席の態度が悪いようだったら、席移るか注意しなよ」

といってくれました。私への援護射撃かと思いきや、代わりに注意してくれるわけでもなく、その助言内容くらい分かってるわけで、まるで私がダメな子みたいです・・・。とはいえ、注意しやすい状況になったので、

「すいません、もう少し静かにしていただけませんか?」

といってみると、静かになりました。高速バス車内のマナーはなんとかならないのでしょうかねぇ・・・。私が少々過敏すぎるのかもしれませんが、ほんと高速バスは苦痛なのです・・・。小声の会話、音漏れ、ビニール袋の摩擦音とかほんと気が狂いそうになってしまいます・・・。




梅田駅の改札前に氷室さんの特大ポスターが掲示されていました。

Coooooooooooolです。
デイリーチャートは同初のDVDとともに1位とのことです。7月26日(土)、27日(日)には大阪城ホールでライブがあるので、チケット取れたら是非見に行きたいです♪

えりるの奇妙な出張 6/11

研修会に参加するため徳島支社に向かいました。ひさびさの「汽車通」です。
徳島には「電車」がありませんからね・・・・

3ヵ月ぶりの徳島支社です。年度が変わったので、新人が入ったり、退職された方も何人かいました。各部署を廻るわけですけど、

私:○○さん、おひさしぶりです!
X:おー、えりる君、今日は研修会かな?
私:ええ、研修会の講師なんですよー。
X:大阪はどうよ?
私:いやぁ、毎日タワレコですよ(笑)

みたいな会話を繰り広げるわけですが、最初の2、3人はともかく十数人に同じ内容を繰り返すのはさすがに苦痛です…。


~研修会の内容は書いても仕方ないので省略~


研修会終了後、職場の方達と雑談してましたら、新人のNくんが「お先に失礼します」と私の横を通り過ぎていきました。


私「あ、あの眼鏡(新人の男の子)、(私に挨拶なしで)スルーかよ(笑)」
U「まぁまぁ(笑)」


などと冗談混じりに喋ってたら、突然眼鏡くんがやってきて、


N「え、えりるさん、新人のNです!お土産ありがとうございました!」
私「ちょ、もしかしてさっきの聞こえちゃった????」
N「???」


どうやらエレベーター前で他の職員さんに「あそこにいるのがお土産をくれた大阪のえりるさんだから挨拶しておきなさいね」といわれたらしく、それで戻ってきたらしいです・・・。

まぁ、顔も名前も知らないからスルーしちゃうのも当然といえば当然ですよね。
聞こえてないなら余計なこというんじゃなかったです・・・。


夜は、徳島支所の方数名と「キネマン」という居酒屋に飲みに行ったのですが、この居酒屋、MY CHEMICAL ROMANCEやGOD HEADがガンガンにかかってるではないですか!!!誰かにこの感動を伝えたいのですが、その場には私以外に誰も分かる方がいなかったので苦しかったです・・・。

えりるの奇妙な出張 6/10

11日に徳島で研修会があります。私はその研修会に講師として出席するため、17時に仕事を終え、徳島に向かいました(前泊です)。

徳島時代の同期や後輩も参加する研修会なので、ここは一つCDでも手土産にしようとタワレコに寄りました。

3週間前くらいから何のCDを買おうか悩んでたわけですが、自分のためぢゃなく誰かのためにCDを選ぶってもうワクワクします。聴いてもらうことが前提なので相手の趣味に併せつつ、そこに自分のセンスを加味するわけですからね。
まずは同期のUさんです。「ケツメイシ」が好きとのことですが、音楽を熱く語るような「ヘヴィユーザー」ではなく、いわゆる浅く広く聴く「ライトユーザー」です。今日入荷のCDにはライトユーザー向けのCDはありません。そこで候補に上がったのが

「chronicle./安藤裕子」 5/21
「THE BEST COLLABORATIONS /DOUBLE」 5/28
「MINMI BEST 2002-2008/MINMI」 6/4
「mihimarise/mihimaru GT」 5/28
「GAME/Perfume」 4/16

の5枚です。
私の好きな安藤裕子さんを買いたいところですが、「もらって嬉しいかどうか」という観点から考えると微妙なので除外。
DOUBLEやMINMIはオサレでいいかもしれませんが、ライトユーザーには少々きついかなと除外。
Perfumeはネタ的にも知名度的にも面白いですが、初回盤が完売なので断念。
mihimaru GTは絶対曲を知ってるでしょうし、いい意味で無難かつ私らしさも出てます。しかもまだ特典のステッカーが付きます。発売してから2週間と日が経ってるのがネックですが、かぶることはないだろうということで「mihimarise/mihimaru GT」に決定です。自分用も含めて2枚購入です。


次は後輩のYくんです。今日入荷のCDには「JUST MOVIN' ON/氷室京介」 と「房総魂~SONG FOR ROUTE127~/氣志團」の2枚があります。私のスピリットを伝える意味でもヒムロックを選びたいところですが、いかんせん23歳の若者です。もちろん若手に対してヒムロックを聴いてもらうのも一興ですが、知ってる曲が入ってることやカラオケで歌うこともできるだろうということで迷った挙げ句、氣志團にしました。♪もちろんヒムロックは自分用に購入です。

ただ、残念ながらヒムロックも氣志團も特典なしです…。しかしヒムロックは豪華なフライヤーがあったのでいただいてきました♪


全体のお土産としては梅田の地下のドーナツ屋さん「Milk bar & BakeDonut」 で3箱(18個入り)を買いました。


徳島行きの高速バスは平日の夜ということもあって、スカスカですが、よりによって私の後ろの席の奴に限ってヘッドホンの音漏れ野郎です・・・。耐えようと思いましたが、我慢できなかったので、

「すいません、音が漏れてるので少し小さくできませんか?」

とあくまで紳士的にお願いしました。こう頼んだら普通の人は音を下げます。音漏れは案外自分では気づきにくいですからね。この方は幸いにも音を下げてくれたので助かりました。

今のご時世、相手が悪ければ、立腹して刺されてしまうような時代ですが、二時間音漏れに耐えるくらいなら刺される方がマシかもしれません。

えりるの奇妙な6月9日

6月9日・・・。

Yさんの誕生日?Uさんの誕生日?Iさんの誕生日?ムックの日?

確かにそうですが、今日はロックの日です!!
別に何か特別なことがあるわけじゃありませんが、胸の鼓動が8ビートを刻んでしまうそんな月曜日です。

ってか知り合いに6月9日誕生日が3人もいるとは・・・
ちょっとうらやましい・・・。



さて、ロックといえば、明日6月10日は氷室京介さんのベストアルバム「20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST “JUST MOVIN' ON”~ALL THE-S-HIT~」の入荷日です。

1988年*9月*1日 FLOWERS for ALGERNON
1989年*9月27日 NEO FASCIO
1991年*4月*6日 Higher Self
1993年*1月*7日 Memories Of Blue  
1994年*9月26日 SHAKE THE FAKE
1996年*9月30日 MISSING PIECE
1997年12月10日 I・DE・A
2000年*2月23日 MELLOW
2000年10月18日 beat haze odyssey ※ミニアルバム
2003年*8月20日 Follow the wind
2006年12月20日 IN THE MOOD

1992年*4月25日 masterpiece#12
1995年*7月19日 SINGLES
1998年*6月24日 Collective SOULS
2001年*9月27日 Ballad~La Pluie
2003年*3月19日 Case of HIMURO  ※2枚組
2008年*6月11日 JUST MOVIN' ON ※2枚組
 

オリアル10枚+ミニアルバム1枚
ベスト盤 6枚

うーん、ベスト盤がオリアルの半数を超えちゃいましたね・・・。

「masterpiece#12」はミックス違いの企画盤。「JEALOUSY」の歌詞違いが聴けるのはこれだけです!!

「SINGLES」はEMI時代の全シングル+一部のC/Wです。私にとっての氷室初ベストで、「ベストアルバム」という単語を聞くとまずこのアルバムが浮かびます。中2の頃ディスクの樹脂が読み取りのレーザーで溶けてしまうくらい聞きました。個人的にはこれが一番だと思います。C/Wの「SHUFFLE」や「RHAPSODY IN BLUE」が聴けるのこれだけです!!

「Collective SOULS」 はポリドールに移籍後すぐに出たので早過ぎ感が否めません。ポリドールの楽曲をメインにEMI時代の曲や新曲も収録。「炎の化石」「MODERN LOVE」「KISS ME(再録)」「JEALOUSYを眠らせて(再録)」が聴けるのはこれだけです!!

「Ballad」はバラードベスト。「beat haze odyssey」の初回盤の特典Disc収録の「魂を抱いてくれ(nylon guitar version)」が聴けるのはこれだけです!!

「Case of HIMURO」はEMI、ポリドールの楽曲からシングル曲、アルバム曲を万遍なくセレクト。「JULIET」、「TO THE HIGHWAY」、「ANGEL2003」、「CLOUDY HEART」が聴けるのはこれだけかと思いきや・・・

「JUST MOVIN' ON」は全シングル+新曲等を収録。「ANSWER」「Keep the faith」、「Be Yourself」、「「LOVER'S DAY(20th Anniversary Special Arrange Version)」が聴けるのはこれだけです!!「Case of HIMURO」の初回限定収録だった「CLOUDY HEART」も聴けちゃうそうで・・・orz


まぁそれぞれコンセプトが違いますし、それぞれのベストでしか聴けない曲も収録されてますので、ファンは全部買ってるかと思います・・・。ただ、前作「Case of HIMURO」があまりに集大成的な内容だっただけに、今回は今まで以上に「またベストか・・・」と思ってしまいます。ファンは文句いいながらもやっぱ買うんでしょうねー
 

えりるの奇妙なmihimarise

今日のMUSIC COASTERの公開収録のゲストはmihimaruGTです。だいたいゲスト出演は18:30くらいなので18時に仕事を終え、タワレコ丸ビル店に向かいました。


18:30ちょうどに到着しましたが既に始まっていました。木村カエラさんやPerfumeの公開収録となると整理券が配布されたり、階段で並ばされたり、入替制になったりしますが、知名度的には同じかそれ以上であるにも関わらず、ファン層の違い(ライト層が多い?)からかそこまでの混雑ぶりではなかったです。とはいえ観覧スペースはほぼ満員でした。とりあえずデカイ荷物を床に置いて場所を取ってる奴には退場していただきたいです。

私は最後尾の5列目くらいから見てたんですが、hirokoさんも三宅さんもちょっと見づらいです・・・。正直DJのお二人さん、ちょっと邪魔です・・・。


hirokoさんは相変わらず可愛くて、天然気味のトークが…などとありきたりなことは書きません。他の人のレポでも見て下さい。

相方の三宅さんは相変わらず渋いです。常にサングラス着用であまり素顔は知られていませんが、トラックメーカーとしての才能は素晴らしいと思います。何かとhirokoさんばかりが注目されてしまうmihimaruGTですが、 三宅さんの存在が「女性ボーカル+男性」という事実上の女性ソロになってしまいがちなユニットを「mihimaruGT」という確固たる二人組Hip-Popユニットたらしめてるのではないでしょうか?hirokoさんは、ルックスも歌唱力もキャラも素晴らしいものを持っています。ただソロアーティストとしてはちょっと弱い気がします。三宅さんのサポートがあるからこそhirokoさんも安心して自分らしさを出せているのだと思います。

で、この三宅さんですが、私と同じ年齢(27歳)とのことです。同年代でこうやって成功している人は基本的に恨めしく思ってしまうのですが、彼だけは素直に賞賛できますね。


と、まぁここまでベタ褒めしたわけですけど、まだ4th lbum「mihimarise」は買ってません・・・。まだステッカーも付くことですし、公開収録の観覧記念に買おうかなとも思ったのですが、タワレコ丸ビル店でも「SOUNDING THE SEVENTH TRUMPET&WAKING THE FALLEN/Avenged Sevenfold」はないとのこと・・・(Nu茶屋町店と違い、店員はすごく丁寧に探してくれました)。これでは6,000円オーバーさせることができません。来週いっぱい買う予定があるのでその時に一緒に買うことしよう♪

たかが200ptボーナスですけど、15回繰り返せば、アルバム1枚買えますからね♪




新譜案内のカウンターに「ビクター名盤 紙ジャケット・コレクション アンコール・プレス・キャンペーン」と銘打たれた小冊子がありました。2007年に限定再販されたBUCK-TICKの紙ジャケの再販の噂があったので、まさかと思い、中身を見ると・・・
思いっきり、アンコール・プレス対象じゃん!!!
当時、生産限定という言葉に惹かれて全タイトル買ったっつーのに・・・!
まだ店頭在庫があるのに誰がアンコールしたんだよ!




『ビクター』の・・・
『ビクター名盤紙ジャケット・コレクション アンコール・プレス・キャンペーン』……ってよォ~~。

『ビクター名盤紙ジャケット・コレクション』ってのは、わかる……スゲーよくわかる。
当時のLPを聴いてた人には懐かしいだろうし、コレクション目的にもいいからな…。

だが、『アンコール・プレス・キャンペーン』って部分はどういう事だああ~~~っ!?
誰がアンコールしたっつーのよーーーーーッ!
ナメやがってこの言葉ァ、超イラつくぜェ~~~ッ!!
生産限定で再販されたものがアンコール・プレスされたら、限定じゃねーじゃん!
限定目的で買った消費者を裏切るつもりならしてみやがれってんだ!チクショーーッ。

どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!
アンコール・プレスって、どういう事だッ!ナメやがってクソッ!クソッ!



そりゃ、その当時は生産限定だったのでしょうけど、あれから1年ですよ・・・?早過ぎます。
今回はBUCK-TICK特有の特典(ステッカーや収納ケース)がないし、品番も変わるでしょうからからまだしも、かれこれ3度目の再販ってねぇ・・・。誰が買うんでしょ?



これでもし!「アンコール・プレス」にあたって、もし!
卑劣な商法だけどよォー、俺をいつも元気づけてくれる、
特典が付くかと思うと…
BUCK-TICK特有の特典が付くかと思うと・・・

てめー、今度も買っちまうぜ!!
特典目的で『アンコール・プレス』を買ってしまうのは、カッコ悪い事だけどよぉーッ・・・orz



ジョジョのギアッチョネタはともかく噴上裕也ネタ分かる人いますかね・・・???

えりるの奇妙な心斎橋

18:30に仕事を終わらせ、心斎橋は戎橋(通称ひっかけ橋)にやってきました!!昨年末に一度だけ来ましたが相変わらず若者多っ!!仕事帰りのサラリーマンなんて一人もいません。

戎橋では観光で訪れたであろう人達が記念撮影しています。私も撮りました。

さてTSUTAYA戎橋店到着です。moumoonのTSUTAYA限定盤をを手に取りましてレジに向かいました。TSUTAYA限定とは書かれてますがどこにも「サイン入りポスター」とは書かれてないので少々不安になりましたが、会計後にちゃんとくれました。貰えなかったら公式サイトの画面メモを盾に一戦交えるところでしたけどね。その場でくるくる丸めてましたが、傷つきやしないか冷や冷やしました・・・。本音をいえばサイン入ポスターよりサイン入りフライヤーの方が嬉しいんですけどね…。

TSUTAYAの向かいには「かに道楽」があるんですねー。

せっかく心斎橋まで来たのでHMVにも寄りました。PLASTIC LOVEの特設コーナーがあって驚きました。けっこう売れてるんでしょうかねぇ。

帰りは定期の関係でいったん梅田で途中下車をしないといけません。もちろんタワレコ丸ビル店に寄りました。邦楽コーナーはパッとしなかったので洋楽コーナーに行きました。


「LETHAL/Addiction Crew」
ヘヴィロックの試聴コーナーに「LETHAL/Addiction Crew」がありました。イタリア出身のロックバンドです。女性ボーカル+男性3名の構成です。『“Linkin Park”や“Evanescence”を彷彿させるイタリア産本格派バンド』と帯には書かれています。個人的にはちょっと違うかなと。以前買ったOTEPからゴシック要素とインダストリアル要素を除いてメロディアスになった感じです。ポストカードも付くとあれば買わない理由があるでしょうか?

「Perfect Me/BECCA」
別の試聴コーナーに「Perfect Me/BECCA」がありました。INROCK!に掲載されていた広告が超Coooolだったので注目してたんですが、今日入荷のようです。Avril、Krystal Meyers、Skye Sweetnamを彷彿とさせるガールズロックです。目新しさはないですが、可愛いのでOKです。ステッカーも付くとあれば買わない理由があるでしょうか? 3曲目「Kickin' & Screamin'」の2:10~あたりがCooooooool過ぎます。


「CITIZENS ACTIV/Manafest」
出入口付近に「CITIZENS ACTIV/Manafest」の特設コーナーがありました。先週のNu茶屋町のリベンジです。Nu茶屋町より扱いが豪華です。まだバッチは貰えるので買わない理由があるでしょうか?10月22日に心斎橋クアトロで来日公演があるそうです。見に行こうかしらん♪




以上3枚で5,835円。毎回毎回6,000円オーバーさせるのに一苦労です。紙ジャケ用のCDカバー180円を購入して6,015円、200ptゲットです♪

moumoonだけの予定だったのにかなり買ってしまいました。
こんな毎日ですがとても幸せです…ヽ(´ー`)ノ

えりるの奇妙なANGELIC CONVERSATION

「おはようございます。」


「お昼出せてもらいます。」


「お先に失礼します。お疲れ様でした。」


今日職場の人と交わした言葉がこの3つだけでした・・・。
あとはひたすら電話対応と端末入力・・・。


これって、ヤヴァくないですか…???


去年は「前の人」や「横の人」とも雑談できたのですが、今の席の「前の人」と「横の人」とは雑談はおろか仕事の話すらろくにできないんですよね・・・。


こんな状況の中、たまに私に話しかけてくれてる人にはほんと感謝してます・・・。


あと10ヶ月頑張ろう・・・。



と、めっきり欝モードですが、明日は「Tiny Star/moumoon」の入荷日♪
サイン入りポスターのためにTSUTAYA戎橋店まで遠征しちゃうぞぉ~♪

などど、CDのリリースを糧に生きています。
こんな毎日でいいのかしらん・・・。



ちなみに「ANGELIC CONVERSATION」は再録のSingle Ver.よりオリジナルのAlbum Ver.の方が好きです♪

安藤さんとmoumoonとSlipknot

かなりマニアックな内容です。特定の人にとっては役に立つ情報かもしれませんが、興味ない方はスルーして下さい。
こういうネタを私は話したくて仕方ないのですが、職場じゃいえませんし(分かる人がいない!!)、こうやってネット上で吐き出すわけです・・・。



『安藤裕子さん』
安藤裕子さんのLive 2008 "Encyclopedia."が6月7日から始まります。私は6月28日のなんばHatchの公演を見に行く予定です。

超新規ファンなのでCDはSg「パラレル」とAl「chronicle.」の2枚しか持っていませんが、ライブ会場でCDを買えばステッカーやポストカード、あわよくばサイン入りグッズなどの会場特典が付くことがあるので、旧譜はライブ会場で買うつもりです。通常、ライブ会場での購入特典が事前に告知されることはあまりありませんが、安藤さんの公式HPで告知されていました。

「CD/DVD×ツアーグッズ会場販売キャンペーン!」

と題され、「CDもしくはDVDを2,000円以上」+「ツアーグッズ3,000円以上」だと安藤裕子オリジナルペンダントトップが貰えるとのことです。

ペンダントトップ・・・。ポストカードやステッカーの方が嬉しいですが、貰えるなら欲しいです。CDだけで余裕で2,000円は超えるでしょう。しかし、ツアーグッズで3,000円ってけっこうきついかもです・・・。

ラバーチャーム&ステッカー 1,000円
缶バッチ3個セット 500円

私的にはこの2点だけで十分なんですが、1,500円分足りません・・・。他にもグッズがあるとよいのですが、HPで紹介されている小物はこの2点だけで、あとはTシャツやらタオルやら1点で金額条件を満たすような商品ばっかです・・・。う~ん、ペンダントトップは諦めて、10%OFFでポイントも加算されるタワレコで買うほうが利巧かもしれません・・・。

ちなみにタワレコでの「chronicle.」の購入応募抽選特典だったC賞「安藤裕子手作りシュシュ 10名」がその「ペンダントップ 10名」にこっそりと変更されていました。A賞の「シークレットライブ(都内某所) 50名」やB賞「ポスター 50名」は興味ないですし、応募するならC賞と思っていただけに、すごい微妙な展開です。応募はポストカードを半分に切らないといけないので、いっそのこと応募をやめて、合計5,000円購入で手にいれるのが一番確実なんですけど・・・

そこまでして欲しいか、ペンダントトップ・・・



『moumoon』
先日MUSIC JAPANに出演し、Mステーションでもちょこっと紹介されました。6月4日に新曲「Tiny Star」が出るのですが、仕様、店別特典がありまくりです。


仕様
1.CD+DVD ※初回版には特典映像
2.CD 
3.CD(ボーナストラック追加)+DVD ※TSUTAYA限定、初回版には特典映像

音源オタとしてはTSUTAYA限定仕様を買えばOKです。


店別特典
1.WonderGOO オリジナルミラー
2.タワレコ千葉エリア ポストカード1
3.タワレコ新宿店 CD+DVD:ポストカード2
4.タワレコ新宿店 CD:ポストカード3
5.対象店舗A 直筆サイン付ポスター(B2サイズ)
6.対象店舗B ポスター(B2サイズ)

対象店舗はhttp://www.moumoon.com/information/index.html参照。

悩むところですが、直筆サイン付ポスターでしょうか。幸いにも大阪ではTSUTAYA戎橋店が対象店舗Aに該当するようです。


これならTSUTAYA限定仕様を戎橋店で買えばいいだけですが、インストアイベント(ライブ&サイン)も考慮しないといけません。大阪ってゆーか関西ではHMV阿倍野が対象店舗です(ディスクピア日本橋店も対象ですが場所が分からない・・・)。6月28日にあるので安藤さんのライブとかぶってますが、時間的に大丈夫っぽいです。ライブ自体は観覧フリーですし、見に行くだけってのもありですが、ジャケにサインしてもらうにはHMV阿倍野で購入して参加券を貰う必要があります。ジャケへのサインは音源オタとしては至上の幸福・・・。とはいえ、1st mini Albumのジャケにサインはいただいてるんですよね。どうしましょ・・・。



『Slipknot』
猟奇趣味的激烈音楽集団ことSlipknotです。2nd、3rdあたりで解散説も出てましたが、4th Albumが8月20日に出るそうです。LOUD PARK08で来日するそうですが、大阪公演は今年もあるんでしょうか・・・。

それに併せて、旧譜(オリアル3枚とライブ盤1枚)が紙ジャケで再リリースとのことです。かれこれ3回目の再販ですね・・・。


2000年*3月「Slipknot」 2,548円
2001年*8月 「IOWA」 2,548円
2004年*5月 「VOL.3」 2,548円
2004年10月 「Slipknot」「IOWA」をDVD付限定盤として2,600円で再販 
2004年12月 「VOL.3」 2,600円
2005年11月 「9.0:LIVE」 3,000円
2007年*5月 1,980円で再販 ※「9.0:LIVE」のみ2,548円
2008年*8月 2,800円で再販(紙ジャケ) ※「9.0:LIVE」のみ3,200円


今回の再販は微妙なとこですね。再販ペースが速過ぎます。「VOL.3」に至っては7ヶ月ですよ!?私はライブ盤以外のオリアル3枚はリリース時に買ってますので、DVD付限定盤を出された時には失望しましたねぇ・・・。

「9.0: Live」だけは持ってないので、この機会に買おうと思ったのですが、紙ジャケな上に値上がりかよ!!!(まぁ値段は変わる可能性もありますが・・・)
プロフィール

えりる

Author:えりる
○自己紹介
ジョジョの奇妙な冒険が好き♪
ヘヴィメタルと90年代のV系が好き♪

○好きなアーティスト
黒夢、BUCK-TICK、GARGOYLE、筋肉少女帯、BOOWY、氷室京介、ALL THAT REMAINS、Marilyn Manson

○好きな食べ物
エビ、固いモノ(お煎餅)

○嫌いな食べ物(ってゆーか食べれない、食べたことない)
アンコ、栗、枝豆、納豆、小豆、大根、ナスビ、梅、キノコ類、熱いモノ、辛いモノ

○ブログについて
私のセンスが理解できる人だけ楽しんでください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。